東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
22
 
sakura

写真は2007年春のもの。

王子は、台地と平地と川がつくる起伏が面白く、江戸からベトナム戦争まで見どころが揃っていて、だから(という言い方も変だけど)、あまり深く考えずにぶらりと歩けた。
朝のうちに平澤かまぼこで一杯やって、適当に町をふらついて、日が暮れるとさくら新道の店を当てずっぽうに入って、そんなのが、ひとりまちあるきの定番コースになっていた。

だから、結構きついのだけど、
表題のごとく、
ということにしておこう。
スポンサーサイト
Tag : さくら新道 
    03:25 | Top
 
28
 
07 さくら新道 01.ここはどこだ?07 さくら新道 01b.ここはどこだ?
 さくら新道への案内看板を見てると都区内JR駅徒歩3分の風景とは想像しにくい。夜間はちかちかするのかという案内看板、その背景の深い緑、ここは山間部かと勘違いさせる斜面によく整備された広い道路。地方都市の街道沿いのアイテムに満ち満ちてる。王子駅側から近付いていったとき最初に目に入る風景も、原っぱと、その向こうの倉庫か納戸か何かの作業場かと思わせる仮設っぽい建物、建物を覆う巨大ベランダ。とまあ、こんなかんじだし。
07 さくら新道 02.聖徳院07 さくら新道 02b.聖徳院
 巨大ベランダの正面に廻ってみる。凹の字に配置されたベランダの中心には何やら不思議な石の構造物。仏教とイスラミックとヒンドゥーが混合したかのようなアジア式の構造物が、通行人に何かを訴えかけてくる。しかし、その訴えかけに応える通行人の関心を拒絶する外壁のネット。鎖で閉ざされた出入り口、周到なトタン板。そしてさらに近寄る...。西洋ラテン風の彫像。四枚の「犬」シール。手持ち式シグナル?。駅前のあまりに哲学的な問いかけである。GoogleMapで検索すると、寺院の卍マークが示されているのだから、ここは寺院なのだ。聖徳院という立派な名前も持っている。
07 さくら新道 03.棟割りの飲屋街07 さくら新道 03b.棟割りの飲屋街
 さくら新道にあるスナックの外壁。木造にモルタル塗ってるのだけど、縦一本に組まれた軽量ブロックの過剰な装飾はライトの住宅風でもある。意匠なのか機能があるのか不明の縦桟がつくる陰影がなかなか印象的。SAMURAI BLUEを応援するのれんが掛けているお店があって、その脇には、しっかり東京ベルディ1969のペナントも掲げられてる。棟の間には共同で使っている水道だろうか、水回りは清潔に保たれている。第一印象と違って、怪しくない普通の飲屋街なのだなぁということ。
07 さくら新道 04.谷底感覚07 さくら新道 04b.谷底感覚
 さくら新道の全景を見る。棟割りの飲み屋街。1階がセットバックしてるのは横浜元町と似てる。こう書くと、どちらのファンからも怒られそう。でも、建物のテクスチャーを抜きにしてイメージすると似てる。そういえば、元町も山の手に隣接してたように、ここは飛鳥山に隣接してる。
 こういう飲屋街自体は珍しいわけではない。都区内の駅前ならありふれているし、市川にも松戸にも川口にも溝口にも川崎にもある(あった)。もっと郊外や地方の都市にもある。
(1)雑然とした昭和っぽさ
(2)鉄道線路敷きの隣接地
(3)山のふもとの入り組んだ路地
 1と2の組み合わせ、1と3の組み合わせというのはありえるが、1から3までストレートフラッシュしているのは珍しいのではないか。
 山のふもとだけなら谷底感は感じない。それはあくまでふもとであり、谷ではない。鉄道敷きに隣接した飲み屋というのも、文学的な比喩としての谷底感であって体感とは違うように思う。山(緑と土)と線路(鉄とコンクリ)に挟まれた行き止まり感、これが独特なのだと思う。考えてみれば、昭和というものは、鉄とコンクリと緑と土が混然となっていた時代なのだ。

《後日談》
 この日は通りを歩くだけで終わったけど、後日、さくら新道を訪れる機会があった。偶然にも前回写真を撮ったSamurai Blueのお店。店のマスターはここの前は三件茶屋で店を出してたというから、そっちも通っていた可能性はある。サポの常連さんも来てなかったということもあり、普通に飲んで普通に酔っぱらった。一見さんのくせして馴染みの店に来たみたいで気持ちよかった。気持ちよすぎて帰りの電車、終点まで乗り過ごしてしまった。

《まちあるきの参考にしたWEBSITE》

 飲み屋にいったよというレポートと聖徳院の怪しげな光景について書かれたものが多い。あと、まちあるきの断片として紹介されてる。一番面白かったのは、わが町第三回・抜けられます“桜新道”の巻はかつて常連だった人の追憶のレポート。

 この一角の特色は、看板に「抜けられます」という文言が、ついこの間まで、でかでかと掲げられていたことだ。道行く人々は、その文言を見て、ある人は顔を少し赤らめ、またある人は不思議そうに眺めた。


 レポートの最後にはあの聖徳院も登場する。

二十数年前でも、もう廃墟同然で、打ち捨てられているだけで、訪れる人もなかった。道路より一段低い、地下のようなところに建っていて、夜中にここに至ると、その異様な佇まいに、酔いも醒め、何度も肝を冷やした。


 二十年前も今の姿のままだったのだぁ。
 |ザ|大|衆|食|は、バーりーべの紹介。

そして、このマスターとママも、とにかく古くていいのだ。マスターはおれより1年先輩。30年ほど前に、この店の常連サラリーマンだったのが、ナント、従業員になってしまった。
しかも、かれは、某官庁酒系研究所に勤めていたのだ。それはもう、酒の燗をつけてもらえば、納得できる。この燗には、うなってしまいますね。
そのかれを従業員にしてしまったママは、大正14年生まれだが、いや達者なこと。こんな2人は面白いに決まっている。


 こっちは同じサイト、blog版。ザ大衆食つまみぐい

福助のママ婆も、もう70半ばをこえて、背中が曲って、のれんをかけられなくなったといいながら、とにかくビールが好きで、いくらでも飲めるし。リーベのママ婆ときたら、どうなっているのだ、確か大正生まれのはずだが、背筋ピッとのばして着物姿も艶やか。


 こういうのを読んでると、一見さんでなく常連として行ったほうが断然心地よいお店なのだなと、当たり前のことに気づかされるな。
 一方、まちあるきの流れからレポートしてるのが、Kai-Wai 散策

行ってみると、この日は日曜日だったため、ほとんどのお店が営業していませんでした。


 わたしの場合、偶然、土曜日に行ったので店が開いてたんだね。ここのコメント欄読むと、電車の窓からここを眺めて気になっていたという人が多いのだなぁ、みんな同じだぁと、妙に納得する。それからWEBについてはみんな同じソース読んでるのねとこれまた妙に納得。同じく、まちあるき系の都市徘徊blog

建物は、2階部分が道路側と線路側に張り出している。木製の斜材で張り出し部分を支え、庇を作るように覆い被さる様がなかなかかっこいい。


 二階の張り出し、通りが落ちついて確かにいいかんじです。
 以下、東京を描くー水彩画と写真による東京点描漂泊のブロガー2古書上々堂ノスタルジア他数知れず、店に立ち寄った人、途中で引き返した人、様々な人が書いてる。つまるところ、気になってしようがない場所であるんだな。
Tag : さくら新道 
    00:00 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

あらかわ遊園 亀久橋 金田 サンロード中の橋 勝ちどき橋 コツ通り 戸ケ崎 浜前水門 荒川 江戸東京博物館 水元香取神社 平久橋 醸造試験所跡地公園 高砂駅 押上 静勝寺 尾久 御茶ノ水駅 音無川親水公園 カフェこぐま ミツワ 柳橋 浅草寺・浅草神社・二天門 荒とよ 豫園飯店 九段会館(旧軍人会館) 亀戸 南大沢輪舞歩道橋 三河島朝鮮マーケット 雑司ヶ谷弦巻通り 伊勢屋・中江 青砥駅 稲荷公園 竜泉 サンスクエア 新小岩ポンプ場跡 宝幢院前道しるべ 南大沢 音無もみじ緑地 十条富士見銀座 東立石緑地公園 辰巳新道 竪川河川敷公園 荒川車庫 品川富士 隅田川 都電 一葉記念館 船方神社 東向島駅 東陽 扇屋 浅草 荒川放水路 たつみ橋 江戸川 森下 サンストリート亀戸 清澄長屋 水元公園 東墨田 同潤会三ノ輪アパート 十条仲原 カド 待乳山聖天 大島百貨店 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 社会文化会館 水道橋駅 富岡八幡宮 浄閑寺(投げ込み寺) 三ノ輪 熊野神社(新宿) 千住回向院 パラティカインドネパールキッチン 両国橋 三ノ輪橋 廿世紀浴場 鷲神社 キラキラ橘商店街 千束稲荷神社 雑司ヶ谷 新宿(葛飾区) 新金線 天王洲アイル 雑司ヶ谷電停 首都高 東立石水神社 21 吉原弁財天・吉原観音像 荒川ロックゲート 日の丸酒場 王子 呑んべ横丁 両国駅 天王洲水門 上平井水門 聖橋 さくら新道 小沢理容店 もみじ橋 ハト屋(コッペパン) 品川浦 大塚坂下町公園 福田稲荷神社 雑司ヶ谷案内処 大島 勝ちどきマリーナ 葛飾区 三河島 真生寺坂 平久川 奥戸街道 御茶の水 神田川出入口 東大島駅鉄橋 十条駅 品川宿 神田神保町 谷中 二毛作 赤羽台トンネル 新宿地下通路 福富川公園 向島 立石熊野神社 和楽 ベルコリーヌ南大沢 京島 鬼子母神通り商店街 浅草橋 吉原 両国JCT 亀戸餃子 八広 ルーサイト・ギャラリー 砂町銀座 赤羽緑道公園 丸健水産 熊野商店街 東金町運動公園 王子神社 金町関所 今戸橋 東京駅 まるます屋 水道橋 日本橋浜町 三井アウトレットパーク多摩南大沢 雑司ヶ谷鬼子母神 東用水せせらぎ通り 諏訪台通り 旧米軍王子野戦病院 京成本線 細田橋 東立石 立石(旧赤線) 寛(雑司ヶ谷) あっぷるロード 神田川 平澤かまぼこ店 多摩センター 青戸 稲付公園 京成本線 京成日暮里駅 玉の井(墨田3丁目) 東堀切 中華そばターキー T.Y.HARBOR_BREWERY 亀戸中央公園 直居アパート 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) ボンドストリート 仲之橋(神田川) 新大橋 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 味とめ 日本堤大林 旧玉の井(東向島5丁目) 西ヶ原一里塚 パルテノン多摩 南砂 門前仲町 白髭橋 飛鳥山公園 伝法院通り ベネッセコーポレーション東京ビル 同潤会 赤羽台団地 玉姫公園 古隅田川 尾久の原公園 隅田川神社 東京スカイツリー 東金町 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 三ノ輪アパート 両国回向院 水元 青龍神社 満願稲荷 千本桜(神奈川県大和市) 鐘ケ淵駅前商店街 奥戸天祖神社 しちりん半 清水坂公園 江戸橋JCT 鳩の街通り商店街 萬年橋・新小名木川水門 神田川水神社 大塚坂下通り 芭蕉庵 白鬚防災団地 俎橋 赤坂プリンスホテル新館 番所橋 深川神明宮 三河島仲町商店街 證願寺 橋場 西井掘 四季の路公園(京王堀之内) 東京都慰霊堂 斉藤酒場 小松川神社 町屋 平賀源内墓 南橋大橋(ちんちん山) 愛知屋 谷中初音小路 逆井庚申塚通り 八幡堀水路跡 清澄庭園 鳳生寺 新宿中央公園 赤羽 平井 西井掘せせらぎ公園 元町公園(文京区) 八潮 カフェ下ノ谷 吹上稲荷神社 竪川水門 東日暮里 立石仲見世 新小岩 宮田ボクシングジム 鶴見(神奈川県横浜市) 細田 立石様 赤羽八幡神社 小菅神社 洲崎緑道公園 千登利 両国 コリナス長池(京王堀之内) 堀切 三郷 水元さくら堤(桜土手) 上下之割用水 都電もなか明美 中川 昭和館 上川口屋 旧安田庭園 中央卸売市場築地市場 ふくろ 高砂 逆井橋 三菱製紙金町工場跡 日本橋川 荒川自然公園(三河島水再生センター) いこい 雑司が谷旧宣教師館 王子の森集合住宅 玉の井(墨田3丁目) 王子装束稲荷 浜町公園 普門院 奥戸 山谷 小菅 品川インターシティ 護国寺 白山堀公園 タカラトミー 日暮里 赤羽一番街 倉井ストア のらくろーど 今戸 虹の大橋 サトリ珈琲店 浅草松屋 小菅水再生センター 隅田キリスト教会 音無さくら緑地 深川不動堂 三平坂 鎌倉 隅田湯 九段下ビル 玉の井いろは通り 来集軒 旧小松川閘門 赤羽西 吉原神社 法真寺(赤羽) 日本堤 小名木川 赤羽香取神社 新小岩公園 名主の滝公園 サンリオピューロランド 鳥房 博多 国技館 立石 西日暮里 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 木場 柴又 日光御成街道 隅田川駅 多摩中央公園 小松川テクノタウン 金町 高砂諏訪橋 十条銀座商店街 梶原商店街 いろは会 リバーシティ 中川番所跡 土手通り 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。