東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
23
 
Minami-Ōsawa Suburb

歩道橋からみた多摩ニュータウン。
もしここに住んでいて、酔っぱらって終電で帰ってきたら、
ここで立ち止まって、夜の町を眺めるだろうな。

以下、ここまでのまとめめいたこと。

白々しい、つくりものっぽい、借り物、地域らしさの欠如。
いわゆる郊外とかニュータウンに関する通俗的な批判として必ず登場するフレーズ。
南欧風味を揶揄する批判も、こうしたフレーズの上にのっかってることが多い。
歩く前、こういった批判はどうでもよかった。
どうでもいいの意味は、賛成か反対かそのどちらでもなく、どうでもいいくらい無関心ということ。

実際、歩いてみてどうだったかというと、やっぱり南欧風味はどうでもよいままなのだけど、
その「どうでもよさ」加減の内実が微妙に変化してきた。
南欧とかボストンとかシンガポールとか、そこは俺にとって「白々しさ・つくりもの」の本質ではなくて、
外壁の素材が「白々しさ・つくりもの」なのだという気分。
煉瓦を擬態するとか。
たぶん気になってるのは擬態それ事態にあるのではなく、
擬態の結果、異様にライフサイクルの長い、劣化しにくい物体が表面を被っていることが重要なのだ。
---
(1)ピカピカの擬態が白々しさの理由だ

擬態される煉瓦なりなんなりの持つ本来のテクスチャとかけ離れているのだけど、
そのかけ離れ具合が、尋常なくて、
すでに人間のライフサイクルを越えたところに来ているように思える。

ベルコリーヌを歩いている間に感じてたのは、
絶えず何かが降り注いでいて、町中の全てがビニール製のベールに被われている、
そんな感覚。
その感覚の大部分は劣化を擬態し忘れた擬態テクスチャーに由来していると思う。

いつ見ても町はピカピカだし、
人間が劣化しても町だけはピカピカだ。

(2)東京中をビニール製のベールが被う

多摩ニュータウンを歩こうと思ったきっかけは、
葛飾を縦断して旧中川を渡って亀戸に着いたら、
そこの郊外っぽいショッピングセンターがとても「良い場所」に思えたからだ。
それまでの俺は、そんなものに関心もつタイプではなかったから、
郊外っぽいショッピングセンターのある郊外を歩いてみようと思ったのだ。
今から、そのショッピングセンターへ足を運ぶのだけど、その前にひとつ。

葛飾の町も、「町中の全てがビニール製のベールに被われ」たようになってきたと思う。
前にも書いた、木造三階建ての煉瓦風サイディングがそれだ。
木造のライフサイクルより長く、住人の劣化、町の劣化(変化)よりも長くとどまり続ける。
歩いている時は気づかなかったのだけど、俺を郊外へ向かわせたのはそんな風景だったと、今にして思う。

だから、郊外批判とは別のタイプの批判に属するのではないか。
少なくとも「郊外」批判では、南欧とかアメリカとかのノイズが混じってややこしくなる。
いや素直に「郊外化する葛飾」と捉えればいいだけかもしれないが、
それでも、ことは旧来の郊外とかニュータウンの問題ではないのだ。
六本木もまた郊外化しているのだという言説があって、興味深い。
もしかして東京自体が郊外だけの都市?になりつつあるのか。

(3)地域らしさコンプレックス

いや君ねえ地域らしさって言葉知ってる?
壁がどうのこうのなんて些末なんで、コミュニティの崩壊とか言わないでどうすんの?
みたいな反論があるかもしれない(きっとある)。

それについては、過度の地域らしさ強調路線のまちづくりは嫌いです、というのが前提としてある。
海に面していれば「青い海、白い雲の◯◯」、
東京の東に属していれば「下町情緒、人情味あふれる◯◯」みたいなのって、
地域らしさ強迫観念めいていて少々うざいし、何のことはない南欧風味と寸分の違いはないじゃない。
俺としては、現実の「もの」として地域らしさを体現してるベルコリーヌの方に潔さを感じる。

その前提の上で、人間関係の希薄さをニュータウン批判とする言説については、
これはもうそんなステロタイプ、ほっぽいといていいんじゃね、つうのが今日の実感。
そんなの、はるか上の世代のノスタルジーまみれの言説でしかないよ。
上でも書いたように、人の劣化の内実が見えにくい風景だから錯覚しがちだけど、
網の目をぬうように関係性みたいな風景はとっくに芽生えてる。

そのためのインフラだってたくさんあったよ。
という風に思いを巡らせていくと、これも郊外に限った話じゃなく、
全ての東京の問題じゃないか。
---
さて、冒頭の写真の風景。
半透明の強固なベールが一瞬この場所で裂けていると思うのだよ。
だから、きっと夜になったら見上げてしまうのだと思う。
スポンサーサイト
Tag : 南大沢 
    14:13 | Top
 
14
 
Main Street of Minami-Ōsawa

駅北口、アウトレットモール手前の緑道。
まっすぐ進めば、ベルコリーヌ南大沢はすぐそこ。
週末ということを差し引いても、とにかく行き交う人、多し。
15年前だか20年前だかに通ったときは、人影はまばらだったのに。
ただ、当時から両脇の並木は今と同じ大きくて、今と同じように歩行者道をおおっていたっけ。

暑い暑い一日なので、
何度も休憩を取りつつ、ベルコリーヌ南大沢に向けて歩いてみる。

Back Street of Minami-Ōsawa

南大沢の駅から橋本方面を眺めたところ。
緩やかな弧を描く線路。
コンクリートで補強された法面。
線路づたいの細く人っ気のない道路。
位置的には、多摩ニュータウン通りの裏道になる。
さっきの緑道は多摩ニュータウン通りのすぐ隣りの高台だから、
都合三本の道路ということになる。

それで、なぜかここからの風景が気に入ってしまったのだな。
欄干に手をかけて、ペットボトルの水飲みながら、ぼんやりずっと、こんな風景眺めてた。

たぶん、緑道のほうが気持ちいい(のかもしれない)。
緑いっぱいだし、風は吹き抜けるし、車のことなど気にせずに歩ける。
それに、なんてったって絵になる。
テレビドラマの1シーンみたいな気になれる。

それに比べてこちらときたら、近景の法面の緑は雑草だし、
道路はアスファルトだし、
駅舎の付属建築物は人に見られることなどまったく顧みられてない意匠だし、
立体駐輪場のネズミ色の外壁はチープに太陽光線を照り返しまくってる。

そういうのをぼんやり眺めていたのだな。

俺がこの町の住人だったら、どうだろう?
どちらを歩くだろうかと考えると、そりゃやっぱり緑道のほうだ。
第一、こっちの道は不便きわまりない。
だから、最初から話は決まりきってる。

じゃあ、そのときの俺は緑いっぱいの歩行者専用道で何をしているのだろうか、
それを考えると、実は何も浮かばない。

歩く。
それは想像できる。

立ち止まる。
これが想像できない。

木陰のベンチで本を読む。
想像できない。
テイクアウトのカフェラテを飲む。
全然想像できない。

不思議なことに、
緑いっぱいの環境に優れた小径の中にいる想像上の俺は一度も佇まないのだ。
これはどういうことなのだろう。

風景とか環境とか、そういうことを考える上で、このことは非常に重要なことだと思う。
それは東京の東半分を歩いていたときの感触と同じ感触だからだ。

ノスタルジーとか昭和趣味とか、そういうのではない。
ノスタルジーとかいっても、
そもそもこんなふうに緑と丘が見える町に暮らしたことなど一度もない。
古ぼけた呑み屋は大好きだけど、決して昭和レトロ趣味者ではない。

答えはもってるわけではない。
東東京で感じた違和感を引きずって、多摩ニュータウンを歩いてますよ。俺。
Tag : 南大沢 
    10:21 | Top
 
13
 
Minami Osawa Rinbu Overpass 04

輪舞橋の上からは、ベルコリーヌ南大沢を背景に送電線の鉄塔が見えました。
これ、最初はベルコリーヌを撮るつもりで、それには鉄塔が邪魔だなあと思ってたんだけどさ、
実際、撮った写真眺めてたら、俺的にはこれが一番、心に残ってた。
だから、「ベルコリーヌを背景にした鉄塔」。

この鉄塔、実に艶かしくていいかんじ。
で、西洋風味なら、いっそのこと、この鉄塔、
バルセロナみたいにすればかっこよかったのに残念。

Temple Expiatori de la Sagrada Família
 ↓


と考えてみたけど、どうもイメージ違う...
俺は聖家族教会のてっぺんにクレーン置かれてる姿がほれぼれするくらい好きなんだけど、
これ、ちょっと違う。

で、輪舞歩道橋の上でしばし考えた。
結論として脳裏に浮かんできたのはこれ。
 ↓
Coconut Monk Temple
Coconut Monk Temple

フーン島にある遊園地のような建物がヤシ教団の寺。ヤシ教団とはその昔ヤシの実だけを食べて生活していた教団で、1920から30年頃、フランスに留学していたダオズアが、帰国後教祖となり、仏教やキリスト教、イスラム教、カオダイ教、ホアハオ教などを融合した新しいヤシ教を設立。ここに小さな生活共同体を作った。(ヤシ教団の寺


フーン島は、ベトナムはサイゴン(ホーチミン市)の郊外の町、ミトーにあります。
メコンデルタのど真ん中の島。
もう10年以上も前、ここ、行った。
鉄の曲がり具合がすんごくエロかった。
これ、ほんといいでっせ。必見。

南大沢に南欧があり、北京があり、ボストンがあるなら、ベトナムもあってええじゃないか。
おわり。

《備考》
こういう性向だから、
住むならやっぱり東京東半分になってしまうのであろう。
Tag : 南大沢 
    08:56 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

九段会館(旧軍人会館) 三ノ輪 小菅 十条仲原 倉井ストア 千本桜(神奈川県大和市) 東金町運動公園 荒川ロックゲート 宝幢院前道しるべ 伝法院通り 三郷 同潤会 東京駅 しちりん半 隅田川 丸健水産 番所橋 大島 三菱製紙金町工場跡 小菅神社 ボンドストリート 新大橋 亀戸 尾久 竪川水門 南大沢輪舞歩道橋 水元公園 旧玉の井(東向島5丁目) 神田川 大塚坂下通り 愛知屋 浄閑寺(投げ込み寺) 両国JCT カフェ下ノ谷 八幡堀水路跡 江戸橋JCT 東墨田 コツ通り 王子神社 東金町 カド 立石 雑司ヶ谷 旧安田庭園 旧小松川閘門 荒とよ 三平坂 深川神明宮 寛(雑司ヶ谷) 南砂 あらかわ遊園 鷲神社 金田 今戸 直居アパート 江戸川 玉の井(墨田3丁目) 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 鶴見(神奈川県横浜市) 小菅水再生センター 21 都電もなか明美 西日暮里 多摩中央公園 竪川河川敷公園 真生寺坂 サンストリート亀戸 砂町銀座 日本橋浜町 両国駅 王子 上下之割用水 たつみ橋 鎌倉 浅草 玉の井いろは通り 奥戸天祖神社 醸造試験所跡地公園 堀切 水道橋駅 サンリオピューロランド 鳳生寺 尾久の原公園 新小岩公園 京成本線 首都高 清澄庭園 福富川公園 隅田湯 隅田キリスト教会 いこい 浅草橋 王子の森集合住宅 両国回向院 日暮里 玉姫公園 梶原商店街 江戸東京博物館 西井掘せせらぎ公園 高砂 東立石 多摩センター T.Y.HARBOR_BREWERY 水道橋 隅田川神社 宮田ボクシングジム 名主の滝公園 洲崎緑道公園 聖橋 白髭橋 二毛作 音無もみじ緑地 豫園飯店 平井 稲付公園 廿世紀浴場 東立石緑地公園 立石(旧赤線) 王子装束稲荷 同潤会三ノ輪アパート 扇屋 斉藤酒場 新小岩ポンプ場跡 門前仲町 水元 千登利 荒川車庫 千住回向院 カフェこぐま 亀戸中央公園 あっぷるロード 両国 青砥駅 西ヶ原一里塚 三井アウトレットパーク多摩南大沢 元町公園(文京区) 稲荷公園 大塚坂下町公園 芭蕉庵 両国橋 小沢理容店 もみじ橋 高砂諏訪橋 キラキラ橘商店街 京成本線 京成日暮里駅 谷中初音小路 小名木川 天王洲水門 今戸橋 浜町公園 御茶ノ水駅 町屋 国技館 立石様 玉の井(墨田3丁目) 九段下ビル 音無川親水公園 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 大島百貨店 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 神田神保町 新宿(葛飾区) 勝ちどき橋 平澤かまぼこ店 赤羽台団地 東日暮里 音無さくら緑地 白鬚防災団地 吉原神社 品川富士 三ノ輪橋 パラティカインドネパールキッチン 竜泉 いろは会 吉原 新宿地下通路 東用水せせらぎ通り 東京スカイツリー 高砂駅 旧米軍王子野戦病院 サンスクエア 逆井庚申塚通り 隅田川駅 品川インターシティ 伊勢屋・中江 一葉記念館 雑司ヶ谷電停 パルテノン多摩 熊野神社(新宿) 亀久橋 荒川 飛鳥山公園 赤羽八幡神社 満願稲荷 十条駅 のらくろーど 鐘ケ淵駅前商店街 御茶の水 サンロード中の橋 柴又 白山堀公園 タカラトミー 富岡八幡宮 荒川放水路 土手通り 赤羽緑道公園 八潮 三河島仲町商店街 葛飾区 品川浦 東京都慰霊堂 上川口屋 山谷 東大島駅鉄橋 逆井橋 戸ケ崎 品川宿 上平井水門 十条銀座商店街 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 昭和館 ふくろ 金町関所 證願寺 神田川出入口 都電 浜前水門 味とめ ベネッセコーポレーション東京ビル 浅草寺・浅草神社・二天門 天王洲アイル 金町 小松川テクノタウン 鬼子母神通り商店街 谷中 鳩の街通り商店街 立石熊野神社 辰巳新道 奥戸 新小岩 東陽 日本堤 清澄長屋 雑司が谷旧宣教師館 三河島 ルーサイト・ギャラリー 神田川水神社 京島 コリナス長池(京王堀之内) 東向島駅 赤羽一番街 雑司ヶ谷鬼子母神 船方神社 ミツワ 浅草松屋 向島 清水坂公園 水元香取神社 橋場 護国寺 萬年橋・新小名木川水門 水元さくら堤(桜土手) 古隅田川 諏訪台通り 東堀切 吉原弁財天・吉原観音像 サトリ珈琲店 深川不動堂 博多 雑司ヶ谷弦巻通り 俎橋 中川番所跡 東立石水神社 待乳山聖天 社会文化会館 立石仲見世 青龍神社 勝ちどきマリーナ 吹上稲荷神社 平賀源内墓 奥戸街道 虹の大橋 赤羽西 日光御成街道 静勝寺 来集軒 日本堤大林 日本橋川 中川 仲之橋(神田川) 普門院 和楽 新金線 日の丸酒場 赤羽台トンネル まるます屋 呑んべ横丁 千束稲荷神社 荒川自然公園(三河島水再生センター) 細田橋 雑司ヶ谷案内処 鳥房 小松川神社 さくら新道 南大沢 三河島朝鮮マーケット 赤坂プリンスホテル新館 ハト屋(コッペパン) 三ノ輪アパート 熊野商店街 赤羽香取神社 西井掘 中央卸売市場築地市場 亀戸餃子 新宿中央公園 赤羽 中華そばターキー 平久橋 平久川 柳橋 押上 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 南橋大橋(ちんちん山) 四季の路公園(京王堀之内) ベルコリーヌ南大沢 福田稲荷神社 十条富士見銀座 法真寺(赤羽) 木場 リバーシティ 青戸 八広 森下 細田 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。