東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
08
 
harbin

町を歩いたら、必ずその町のどこかでお酒を飲むことにしていて、これは堀切。堀切菖蒲園駅を南に出ですぐのとこの餃子屋さん。やってる人が中国系なら、買いに来る人も中国系の人だったりする。店の片隅に4席ほどのカウンターがあって、そこで飲み食い出来る。この日は、二瓶啤酒で始まり、水餃、日式餃子。肉饅頭が美味しいのだけど、売り切れ残念。

いつもながら、食べ物の写真を採るのが苦手で、食べ終わった後の一枚になってしまったのだけれど、味の評価は、各々の表情と姿勢が物語ってる。
スポンサーサイト
Tag : 堀切 
    05:57 | Top
 
06
 
horikiri_map aoki
店頭に飾ってある。
Tag : 堀切 
    14:51 | Top
 
14
 
1.昭和07年(1932)
TITLE
「次回のまちあるきは、堀切&東堀切らしいね」
「うん。で、一応云っておくけど、堀切編と東堀切編は別枠扱いだからね。あくまでも、1回のまちあるきで歩くのは1つの町だけっていう決め事だから」
「堀切と東堀切は何がどう違うんだい?」
「さあ...、その辺含めてお楽しみってことでヨロシク」
「というわけで、今回は、堀切と東堀切の違いを意識しつつ地図を眺めてみることにしようと思うんだけど」
「ああ、それでいいよ」
「おまえの頭の中では、二つの町の違いってどう捉えられてるの?」
「違いがどのって云われてもなぁ。そもそも町名なんて意識したことないから違いもへったくれもないな。ただ漠然と堀切&東堀切って町があるらしいって、そのくらいのもん」
「すでに一度、歩いてるって聞いたんだけど?」
「ああ、下見を兼ねてちょこっと。でさ、これがなかなか凄かったんだよ。何かさ、地中海のイスラム国家の旧市街地みたいでさ」
「なんじゃそれ?」
「大雑把に云うと、堀切菖蒲園駅から堀切小学校の辺りを抜けて堀切菖蒲園まで歩いてみたんだけど、もうさ、全ての道がグニャグニャとうねってて、あるのは緩やかなカーブと急なカーブだけ、真直ぐな道なんて一つもないのよ。広い道も狭い路地もみーんなそんなだから、すぐに方向感覚が無くなっちゃう。その日はさ、曇りがちの日で、影も落ちてないからそういうのを頼りにすることも出来なくてさ、そんなのが延々と続いてるようで凄い面白かった」
「地図は使わなかったのかい?」
「歩き始めてすぐに、絶対に地図見るまいって心に決めた。目の前に果てしない迷宮が続いてるんだぜ。勿体無いじゃないか。」
「意味わかんないんだけど?」
「だってさ、今は果てしなく続く迷宮だけどさ、そのうち土地勘が出来ちゃうわけじゃないか。俺にとっても、いつしか迷宮で無くなっちゃうわけでさ、だから堀切が迷宮である間は、それを堪能しないと勿体無いだろ」
「わかったようでわからない説明だな、まあいいや。じゃあ、その肌で感じた迷宮ってのをとっかかりに地図、眺めてみようか」
「うん」
「まず、例によって昭和初期の堀切界隈から見てみよう」
「俺が歩いたのは京成の駅から堀切園までってことか。この頃から随分とごちゃごちゃした町並みだったんだな。つうか、たくさん人が住んでるわ、これ、今まで見た葛飾のどの町とも違う気がする」
「区画整理とか耕地整理とかやろうにも、住んでる人が多すぎてまとめようがなく出来なかっただろうね。それで、当時の町並みがそのまんま、現在に残ってしまったんじゃないかな」
「イスラム都市の旧市街地みたいだぁなんて妄想しながら歩いたんだけど、実際に、旧市街地だったわけか」
「おまえの云う旧市街地近辺は、村と町の中間的な感じがするね。一方、堀切橋から堀切中央通り沿いは、しっかりと町の風景になってるみたいだ」
「その辺りも、ちょこっとだけ歩いたんだけど、たしかにレトロな雰囲気があったよ。葛飾だと古い町並みはあっても、レトロでモダンって雰囲気はほとんどないんだけど、ここは違った。そういう意味では貴重な風景なのかな」
「左下の地図は昭和18年のものだけど、荒川放水路超えてバスが走ってたんだよ」
「菖蒲園観光の需要があったからかなぁ。でもさ、東京からバスがやってくる町っていうのは、葛飾の中でちょっと自慢だったんじゃないかな。地元の人が云ってたんだけど、大通りだけじゃなく、さっきの『旧市街地』の中も含めて、何軒も映画館があったらしいんだ。当時だったら活動写真か。東京市内から都電に乗って川を超えて終点までいくと、そこは菖蒲が咲く町で、花を観て郊外気分を満喫して、活動写真観てから、洋食屋さんでビール飲む。ああ、なんかいいなぁ...」
「すぐ、お酒の話になっちゃうんだな、お前の場合は。でも、都市と郊外の接点というのが堀切という町のアイデンティティであった、という考え方はありの気がするな」
「堀切は都市の終点で、そこに郊外観光としての菖蒲がくっついていたんだ。都電、花菖蒲、活動写真って並べて、それが戦前の堀切なのだ!。なんだかすごいモダンな感じがしてきたわ。ところで、駅の北側はどうだっただろう?」
「そっちは歩いてみた?」
「いや、ほんの少しだけだから、よくわからない。でも地図見ると、北側は堀切町じゃなくて、下千葉町・上千葉町なんだよな。この辺は古い寺が並んでるね」
「12世紀末創建ていったら、室町・鎌倉時代だもんな。随分と古い」
「それだけ古い時代から人が住んでたのかな」
「そうかもしれない」
「駅の南側、堀切町が都市の終端だとすると、こちら側は村落の始まりってイメージかな」
「細田の用水路沿いの新田集落、青戸の中川沿いの集落、二つの村落はすでに見たけど、ここはまた別のパターンに思える」
「堀切中央通りは普通に街道筋で、街道から古くからんの集落にアクセスするって感じかな」
「むしろ、こちらのパターンの方が一般的なように思うんだけど」
「だとしたら、なおさら、この道路の街道としての位置付けが問われてくるわけだ」
「どういうこと?」
「荒川放水路が出来ちゃってるから分かりにくいけど、昔はこの道、向島から続いてる道だったんだよ。両国辺りの江戸市街地から向島へ出て、鐘ヶ淵を抜けると、もう堀切に着いちゃう。その先は陸前濱街道だからね。実際、街道的な使われ方をされてた道なのかもしれない」
「そういう古い街道に、古い寺が並んでいたと?」
「鐘ヶ淵に多聞寺ってお寺があるんだけど、そこは957年創建なんていう伝承があるんだ。で、多聞寺から古い綾瀬川の東側を北東に道が延びていて、この道が堀切中央通りなわけ。で、そこにも古いお寺が並んでる。向島っていうのは対岸の江戸から眺めると確かに『島』に見えたから向島。一方で、陸前濱街道を見てごらん。これも、古隅田川沿いの自然堤防の微高地をつたうように道が出来てる。これも見方によっちゃ『島』だわな。そうすると、堀切中央通りってのは、島と島をつたう、島から島へ渡るルートだったのかもしれない」
「でも、歩いてみた感じじゃ、微高地って感じではなかったけど」
「もしこの考えがあたっているとしても、ほんと数十cmの世界だろうね。雨が降ったらぬかるみの低湿地の中、辛うじて水はけが良い場所をつたって行けるとしたら、それは貴重なルートのはずなんだ。地図眺めてみると、『吉田家の楠』とか『郷倉』なんてのがあるけど、こういうのも、辛うじて微高地の傍証である気がする」
「ふーん。よくわかんないや」
「いや、だってさ、10世紀とか11世紀なんていうとんでもなく古い時代に創建された寺が一列に並んでるんだぜ。それなりの合理的な理由がなけりゃ、そんなことありえないじゃないか。そうそう、いい忘れてたけど、『堀切』の語源な。これ、『掘りを切る』で、どこに何のために掘りを切るかってのが話の要なんだけど知ってる?」
「いや。ただ、地元の人からもらった手書きの地図には、なんだか城塞がどうたらこうたらって書いてあった気がする」
「そう。城塞に古刹。そんな場所を貫通する道ってことで、だから、この道が古街道といっていいくらいの歴史的な存在であることは間違いないと思うんだよ」
「まあそうかもしれないけど、そこまで行くと郷土史の専門家さんの解説が聞きたいところだな。まちあるきで確かめるってのは無理な話だし、俺はモダンにビールでグビグビでいいや」

2.昭和22年(1947)
堀切、昭和22年
「話が長くなっちまったから、手早く行こう。昭和22年の地図、これはどう?」
「まかせておいてよ。えっと、これまで水田だったところが、格子状に整備されてる。それで、かつての集落がひとつにつながったように思える」
「それと、古街道ではないの?と考えてみた大通りは水路沿いの道だということが、この地図でわかるね。いや、もしかしたら、水路でなく元から川だったのかもしれないけど」
「この水路は今も残ってるよ。実際に歩いて確認できたからさ。これ、現地で眺めるとちょっと凄いんだぜ」
「地図全体の印象はどう?」
「うーん、全体がつながった分、とりとめが無くなった。もう、堀切だろうが下千葉だろうが意識して見なければ区別はつかないや」
「さっきの例えで云うと、都市の終点である堀切と、村落の始点である下千葉が一体化してひとつに見えるようになってしまった、ってことかな?」
「一体化したかどうかはわからないけど、まあ、道路的にはそうかな」
「旧市街地は?」
「格子状の空間に埋め込まれてしまった、そんなイメージかな。でもさ、周辺の格子と旧市街地の迷宮の違いは今でもわかるよ。歩いてみれば、それは一目瞭然だよ」
「なるほど。まあいいや。平和橋通りとか、いろいろツッコミ入れたい話題もあるけど、長くなったから、次、行ってみようか」

3.昭和35年(1960)
堀切、昭和35年
「昭和35年か、ここまで来ると今とほとんど変わらないのかな」
「堀切橋の付け替えはまだみたいだけどな」
「これ、もったないよな。橋のたもとまで商業地域で、そこは都電も走るような商店街だったんだよ。もったいない」
「最初の橋は大正13年にできた木橋だったんだよ。それが太平洋戦争で損傷しちゃったんで、取りあえずの橋をつくって代用してた。今の橋に架け替えられたのは昭和42年のことになる」
「簡易な構造だったのならしようがないけど、でもなあ...」
「新旧2つの道路がどう変化してるか比べてみるのも面白いかもな」
「橋のその先、駅の南北にでっぱりが描いてあるんだけど、これ、駅広?。なんか無理筋だな。あんまり真面目に考えてなかったのかな」
「たしかに取ってつけたような計画だよな」
「それとさ、橋を架け替えた辺りは小谷野町って呼ばれてたんだな」
「小谷野は古くからの村の名前だよ」
「なんかさあ、それも微妙だよな」
「なんで?」
「だってさあ、ここ、今は堀切なわけだろ。これからおいら達は『堀切』を歩くわけだから、当然、ここを歩いてもいいわけなんだ」
「そうだよ」
「でもさ、きっと、ここ、歩かないぜ。ちょっと端っこすぎるわ。普通に考えたら、駅の南側を堀切菖蒲園まで歩くか、駅の北側、かつて下千葉町だったところを歩くわけだよ」
「で?」
「小谷野町だって、その町名が現存してたら必ず歩くんだよ。でもさ、『堀切』ってことになっちゃったおかげで、無視されちゃう。実はさ、この前、少しだけ、ここ歩いたんだ。結構、面白いエリアだったんだけど、そういうの無視されちゃう運命にあるわけでなんだかなぁ、って思うのよ」
「しようがないさ。所詮、全てを見るわけにはいかないもの」
「下千葉だってそうだぜ。ここももしかしたら歩かないかもしれない。やっぱり堀切と云えば菖蒲園なわけでさ、北側まで行く余裕はないかもしれない。けど、隣の上千葉町は確実に歩くわけだ。なぜ歩くのかと云うと、そこは『堀切』ではなく『東堀切』だからなんだよ。たかだか、町名の違いに過ぎないわけでさ。地図で見る限り、駅の南側と駅の北側と、さらにその隣、今の東堀切は連続してるけど、やっぱり別の成り立ち方をしてるわけだよ。それは小谷野町にしてもそうなわけで。それを迷宮の旧市街『堀切』だけで代表させてしまうってのもなんだかなぁ。そう思わないかい?」
「難しいところだね。あと、所詮、何かを代表させてるなんて意識をもたないことが大切なんじゃないのかな」
「どういうこと?」
「『この町は○○です!』って発想は捨ててしまって、『ある町の一つの断面を切り取ってみました』くらいの気持ちでいいんじゃないかってこと」
「でも、今回、おいらの動機は『葛飾の全ての町を歩く』なのよ。全てって宣言しておきながら、ただのひとつの断面でしかありませんってのもなぁ...」
「悩んでも解決しない問題だと思うけどねぇ」
「うーん...やっぱ...悩むなぁ...」
Tag : 堀切 東堀切 
    17:04 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

上下之割用水 京島 音無もみじ緑地 橋場 中川番所跡 隅田川 平賀源内墓 旧米軍王子野戦病院 白髭橋 コツ通り 荒川車庫 元町公園(文京区) コリナス長池(京王堀之内) 鳩の街通り商店街 隅田キリスト教会 赤羽 千登利 旧小松川閘門 サンロード中の橋 八幡堀水路跡 吉原 荒川自然公園(三河島水再生センター) 谷中 旧安田庭園 呑んべ横丁 三河島朝鮮マーケット 東金町 浜前水門 木場 宮田ボクシングジム 日本橋浜町 宝幢院前道しるべ 雑司ヶ谷電停 船方神社 赤羽八幡神社 多摩中央公園 亀戸 日本堤 十条銀座商店街 逆井庚申塚通り 西ヶ原一里塚 赤坂プリンスホテル新館 ミツワ 護国寺 赤羽台トンネル 鶴見(神奈川県横浜市) 三菱製紙金町工場跡 中央卸売市場築地市場 水道橋 東金町運動公園 證願寺 しちりん半 江戸川 大島 王子の森集合住宅 小名木川 京成本線 小菅水再生センター 東堀切 品川インターシティ 玉の井いろは通り パルテノン多摩 リバーシティ 水元公園 雑司が谷旧宣教師館 森下 千束稲荷神社 二毛作 立石 小菅 亀戸餃子 金田 吉原弁財天・吉原観音像 稲付公園 逆井橋 新宿地下通路 古隅田川 芭蕉庵 荒川放水路 十条富士見銀座 江戸橋JCT 新小岩ポンプ場跡 キラキラ橘商店街 清水坂公園 神田川水神社 あらかわ遊園 聖橋 サンリオピューロランド 倉井ストア 隅田川駅 音無さくら緑地 奥戸街道 俎橋 亀久橋 社会文化会館 平井 真生寺坂 カフェ下ノ谷 ベルコリーヌ南大沢 青砥駅 21 荒川ロックゲート 東大島駅鉄橋 四季の路公園(京王堀之内) 伊勢屋・中江 浄閑寺(投げ込み寺) サンスクエア サトリ珈琲店 両国駅 一葉記念館 土手通り 赤羽西 赤羽一番街 日暮里 両国JCT タカラトミー 東陽 中華そばターキー 飛鳥山公園 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 水元 荒とよ いこい 柳橋 三ノ輪 仲之橋(神田川) 竪川河川敷公園 新小岩公園 南砂 三郷 満願稲荷 同潤会三ノ輪アパート 丸健水産 名主の滝公園 鳥房 西日暮里 和楽 新金線 豫園飯店 竜泉 中川 醸造試験所跡地公園 吹上稲荷神社 王子神社 都電 平久川 十条仲原 荒川 天王洲アイル 小松川テクノタウン 南大沢 来集軒 雑司ヶ谷鬼子母神 品川富士 扇屋 御茶ノ水駅 谷中初音小路 東立石緑地公園 虹の大橋 細田橋 萬年橋・新小名木川水門 カフェこぐま 白鬚防災団地 赤羽台団地 大塚坂下通り 福富川公園 三河島 勝ちどき橋 天王洲水門 白山堀公園 高砂 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 新宿(葛飾区) 雑司ヶ谷案内処 斉藤酒場 三河島仲町商店街 伝法院通り 日本橋川 町屋 東墨田 品川宿 神田川 御茶の水 隅田湯 高砂駅 ハト屋(コッペパン) 立石仲見世 門前仲町 赤羽緑道公園 竪川水門 赤羽香取神社 パラティカインドネパールキッチン 福田稲荷神社 旧玉の井(東向島5丁目) 愛知屋 小松川神社 十条駅 三ノ輪橋 鳳生寺 東立石 新大橋 東京スカイツリー 東用水せせらぎ通り 細田 もみじ橋 立石様 新宿中央公園 吉原神社 青龍神社 堀切 洲崎緑道公園 千本桜(神奈川県大和市) ベネッセコーポレーション東京ビル 隅田川神社 金町 両国回向院 味とめ 両国 たつみ橋 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 辰巳新道 玉の井(墨田3丁目) 浜町公園 のらくろーど 江戸東京博物館 九段会館(旧軍人会館) 国技館 両国橋 勝ちどきマリーナ 待乳山聖天 柴又 鬼子母神通り商店街 小菅神社 サンストリート亀戸 ルーサイト・ギャラリー 番所橋 王子装束稲荷 さくら新道 千住回向院 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 金町関所 平澤かまぼこ店 戸ケ崎 深川不動堂 鎌倉 九段下ビル 清澄庭園 押上 青戸 上川口屋 多摩センター 山谷 東日暮里 都電もなか明美 東京都慰霊堂 三ノ輪アパート 浅草松屋 東京駅 亀戸中央公園 王子 カド 平久橋 法真寺(赤羽) いろは会 日光御成街道 三井アウトレットパーク多摩南大沢 東向島駅 玉姫公園 鷲神社 西井掘せせらぎ公園 日本堤大林 立石熊野神社 奥戸 京成本線 京成日暮里駅 博多 尾久 神田神保町 静勝寺 熊野神社(新宿) 品川浦 砂町銀座 寛(雑司ヶ谷) 神田川出入口 新小岩 葛飾区 廿世紀浴場 熊野商店街 ふくろ T.Y.HARBOR_BREWERY 水元さくら堤(桜土手) 尾久の原公園 南大沢輪舞歩道橋 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 大島百貨店 雑司ヶ谷 上平井水門 大塚坂下町公園 清澄長屋 梶原商店街 立石(旧赤線) 浅草橋 今戸橋 八潮 普門院 まるます屋 諏訪台通り 水元香取神社 三平坂 昭和館 雑司ヶ谷弦巻通り 同潤会 日の丸酒場 玉の井(墨田3丁目) ボンドストリート 稲荷公園 今戸 浅草 水道橋駅 小沢理容店 南橋大橋(ちんちん山) 直居アパート 八広 音無川親水公園 浅草寺・浅草神社・二天門 東立石水神社 深川神明宮 西井掘 首都高 向島 鐘ケ淵駅前商店街 あっぷるロード 富岡八幡宮 高砂諏訪橋 奥戸天祖神社 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。