東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
06
 
水神社の由来

普段はこういったものに一切関心ないのだけど、中川の堤防にへばりつくように建つ神社があって、そこから用水路らしき跡が陸に向かい伸びている、さて、(仮)用水路の先にはどんな景色があるのだろう、そんなシチュエーションから興味を持ち、後日、改めて読もうとシャッター切った。

「由来」で興味深い部分を抜き出してみる。

・享保15年(1730)、鎮守川端諏訪神社の末寺として勘請
・当初から中川河畔にあった。
・御利益は、潅漑用水の守護と作物運搬の航路安全
・高度成長期、中川汚染と地盤沈下により水没の危機
・昭和49年、100mほど西南の堤外へ奉還
・昭和63年、再度、当地に奉還


おそらくこの場所は最初に勘請された場所にほど近いのだ、そして、あの緑道は用水路の名残なのだ、勝手に納得する。

享保ということは、八代将軍吉宗の頃、江戸前期から中期に差しかかろうかという時代だ。水神社が勘請されるほんの数年前、享保7年に、幕府は新田開発の高札を出している。当時の幕府は財政赤字に悩んでおり、農地開発による年貢収入を当て込んでのこと。民活による東京東部の低湿地開発の号令というわけである。さらに享保14年、現在の葛飾区水元に小合溜井(溜め池)を開削し、江戸川と中川の間の低湿地(ここは東立石から見て中川の向こう岸に当たる)の用水路設置と干拓を行っている。葛西用水の工事が行なわれたのもこの時代だ。そういう大開発時代、ケインズ政策バリバリの頃、この水神社も勘請されたことになる。おそらく水神社とそこから延びる緑道は、川端村(現東立石)開村の歴史と重なっているに違いない。

川端村の農作物は、中川を下り、中川番所から小名木川へ入り、江戸の河岸へ持ち込まれた。その運搬船は、江戸から帰還する際には肥料として大量の糞尿を持ち帰ってきた。水神社は、中川河畔でも比較的水はけの良い自然堤防状の場所に建てられたのだろう。それは、中川から川端村へのささやかなランドマークであった。

以前、ふっきー氏のblogで、中川の水面に浮かぶ鳥居の写真を見た記憶がある。そのときは、随分とロマンティックな情景のつもりで眺めていたのだけど、「由来」にある「石の祠と鳥居が水没」した姿なのかもしれない。

堤外に移された水神社が、再びこの地に戻ってきた(?)のは昭和63年のことだという。そのとき、土手はどんな形状だったのだろうか。もともと、半円形状の杜が堤防に張り付いていたのだろうか。それとも、この場所に水神社を移すに当たって、そのような形に築土したのだろうか。児童公園というのは、そのための便法だったのかもしれない。

江戸時代、川が主役の時代の風景、名所図会が書きとめる中川、そこからもこぼれ落ちてしまうようなささやかな風景がある。それこそ、通俗的な葛飾下町バンザイ論でない、リアルな葛飾の原風景だと思ってる。それを知りたくていろ思いを巡らしてみたけど、なんだか、とりとめのない話になってしまった。

さて、
中川河畔から水神社の脇を抜け、
用水路づたいに、
その先へ進もう。
スポンサーサイト
    00:00 | Top
 
06
 
水神社の主ども

水神社前の名も無き児童公園に常駐している猫ども。
前述のエントリ、2枚目の写真にも写っている。

この猫ども、こういっちゃなんだけどずいぶんと態度がでかい。
カメラを持ち出し、構図を決めようとしていると、間に割り込んでくる。
割り込むだけでなく、目の前でごろんと寝やがる。

水神社の主ども2

カメラにおさめようとすると、当方をガン見する。
絶対に視線をはずさない。

水神社の主ども3

木の幹の二股に陣取り、午睡を決め込む。
しつこくシャッターを向けると、追い払おうとする。

水神社の主ども4

「いいかげん、よしなさいって!、しつこい。」
完全に、上から目線。

近所の猫だろう。
考えてみるまでもなく、こちらは一見さんであり、上から目線で当然なんである。
リスペクト込めて、猫「ども」と呼ばせてもらうことにした。
    00:00 | Top
 
06
 
水神社、紫陽花の小径。

堤防の神社から神社からつづく小径。
紫陽花が似合う。
ここにはこざっぱりとした湿気がある。

この小径、もとは農業用水路だったと独り合点してみる。それが、神社に合わせてか児童公園の整備に後追いしてなのか、ともかくそういうった理由で、歩行者道・緑道として再活用されているのだろう。

親水という言葉。

用水路や小河川を埋め立て、暗渠にし、緑道に再生するというのはよくある話だ。隅田川などもカミソリ堤防を改造して都市景観的になにやらいじくるというのもやっている。けど、僕はあまり好まない。耐え難いほどに退屈だ。どこもかしこも健康で文化的で気にくわない。水は生き残っていても、あくまでさらさらとした水で、背景はさわやかな初夏の日だったりする。

最初に歩きまわった王子の親水公園がそうだった。行き場所に困った僕は、音無橋のアーチ型橋脚の下に潜り込んだ。そして、湿気を感じて、和んだのだった。

どこもかしこも、湿気は見事に駆逐されている。そのような場所にも、うわべだけの水は存在している。けれども、水の匂いは感じられない。そんなことは今も一貫して行なわれているし、ますますひどくなっている。もし、貴兄がそれを疑うなら、カミソリ堤防と親水テラスを、東京近郊のドブのような水路と都市景観的とかいって評価される緑道を、歩き比べてみればよい。

水の匂いが感じられたとして、それが不健康で非文化的な生活というわけではあるまい。

ここは、緑道にも名もなき児童公園にも湿気が充満している。
それがなによりもよい。
紫陽花が綺麗なのがその証明だ。

神社とそこにつづく緑道、全体のロケーションはこうなってる。
多少説明的になってしまうが、以下、当日の雰囲気を。

水神社、土手の傍らの湿った場所。

児童公園から神社方向を見た一枚。
児童公園は土手から半円形に盛り上がるようにへばりついている。
シャッターを押した場所は、土手道と同じ高さ。

水神社から小径がつづく。

神社脇から土手下を望む。
斜路の先に、緑でおおわれた小径が見える。
斜路は車いす用だろうか、鉄製の手摺がついている。
土手の下は東立石、かつては川端という名の町。

水神社の小径、水路跡か。

小径をすすむ。
写真右手は土地が高くなっている。
写真正面が中川の方角になる。

水神社の小径、水路跡か2。

ここまで来ると地形がはっきり感じられる。
高台は中川がつくった自然堤防の名残だろう。
その脇を揺らぐように流れる小径からは水の気配を感じる。

水神社、小径の入口。

小径の先には「水神社参道」の文字。
やはり「水」なのだ。
それにしても、応接用のソファ、一脚。
    00:00 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

土手通り 新小岩ポンプ場跡 小沢理容店 青龍神社 芭蕉庵 西ヶ原一里塚 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 清水坂公園 パラティカインドネパールキッチン 京成本線 福田稲荷神社 白鬚防災団地 細田橋 鷲神社 南大沢 鳳生寺 吉原神社 日の丸酒場 梶原商店街 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 熊野神社(新宿) 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 国技館 洲崎緑道公園 浅草 砂町銀座 玉の井(墨田3丁目) 奥戸街道 富岡八幡宮 上平井水門 玉の井(墨田3丁目) 中川番所跡 多摩センター 立石 鳩の街通り商店街 西井掘せせらぎ公園 今戸橋 ボンドストリート 赤坂プリンスホテル新館 三井アウトレットパーク多摩南大沢 福富川公園 荒川車庫 大島百貨店 旧安田庭園 南大沢輪舞歩道橋 ベルコリーヌ南大沢 東京スカイツリー 竜泉 東京都慰霊堂 雑司ヶ谷弦巻通り 町屋 清澄庭園 カフェこぐま サンロード中の橋 森下 十条駅 水元 雑司が谷旧宣教師館 上下之割用水 古隅田川 竪川水門 千束稲荷神社 金町 吉原 堀切 勝ちどきマリーナ 高砂諏訪橋 大島 鳥房 鶴見(神奈川県横浜市) 三ノ輪 両国JCT 浜前水門 都電 門前仲町 新大橋 サンスクエア 鬼子母神通り商店街 扇屋 荒とよ 豫園飯店 のらくろーど 稲荷公園 南橋大橋(ちんちん山) 両国回向院 荒川放水路 萬年橋・新小名木川水門 中華そばターキー 俎橋 もみじ橋 宝幢院前道しるべ 勝ちどき橋 葛飾区 日本橋川 深川不動堂 東堀切 柳橋 倉井ストア 水元公園 聖橋 サンリオピューロランド 深川神明宮 金田 満願稲荷 日本堤 同潤会三ノ輪アパート 護国寺 いこい 三平坂 荒川 多摩中央公園 八潮 平賀源内墓 金町関所 品川浦 伊勢屋・中江 新宿地下通路 仲之橋(神田川) 新金線 四季の路公園(京王堀之内) 大塚坂下通り キラキラ橘商店街 御茶ノ水駅 東京駅 白山堀公園 音無さくら緑地 吉原弁財天・吉原観音像 東金町 いろは会 新宿(葛飾区) 赤羽台団地 水道橋 呑んべ横丁 亀久橋 浅草橋 三郷 赤羽香取神社 雑司ヶ谷電停 21 赤羽八幡神社 廿世紀浴場 赤羽台トンネル 亀戸中央公園 船方神社 高砂 亀戸餃子 カフェ下ノ谷 寛(雑司ヶ谷) 奥戸天祖神社 T.Y.HARBOR_BREWERY 昭和館 諏訪台通り 谷中 小菅神社 三ノ輪アパート 音無もみじ緑地 ベネッセコーポレーション東京ビル 日本堤大林 伝法院通り さくら新道 新宿中央公園 千本桜(神奈川県大和市) 名主の滝公園 日光御成街道 虹の大橋 八広 山谷 立石仲見世 飛鳥山公園 玉の井いろは通り 水元香取神社 都電もなか明美 新小岩 社会文化会館 三ノ輪橋 青戸 吹上稲荷神社 尾久の原公園 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 中央卸売市場築地市場 雑司ヶ谷 橋場 まるます屋 九段下ビル 東大島駅鉄橋 両国駅 両国橋 浅草寺・浅草神社・二天門 東立石 隅田キリスト教会 両国 千登利 三河島朝鮮マーケット 隅田川神社 新小岩公園 普門院 西井掘 ハト屋(コッペパン) 稲付公園 赤羽緑道公園 八幡堀水路跡 江戸橋JCT 東金町運動公園 首都高 愛知屋 浜町公園 ルーサイト・ギャラリー 千住回向院 サンストリート亀戸 和楽 旧小松川閘門 東陽 立石熊野神社 京島 細田 醸造試験所跡地公園 熊野商店街 丸健水産 パルテノン多摩 水道橋駅 品川インターシティ 王子装束稲荷 立石様 王子神社 上川口屋 品川富士 静勝寺 旧玉の井(東向島5丁目) 柴又 リバーシティ 斉藤酒場 三河島仲町商店街 立石(旧赤線) 小菅 日本橋浜町 たつみ橋 證願寺 逆井庚申塚通り 白髭橋 浄閑寺(投げ込み寺) 東墨田 荒川自然公園(三河島水再生センター) 元町公園(文京区) 待乳山聖天 大塚坂下町公園 王子の森集合住宅 十条富士見銀座 王子 宮田ボクシングジム サトリ珈琲店 赤羽西 日暮里 江戸川 直居アパート 今戸 味とめ 鎌倉 法真寺(赤羽) 御茶の水 旧米軍王子野戦病院 東向島駅 江戸東京博物館 神田神保町 東用水せせらぎ通り 南砂 亀戸 逆井橋 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 清澄長屋 浅草松屋 ふくろ コリナス長池(京王堀之内) 押上 玉姫公園 東立石水神社 コツ通り 中川 赤羽 尾久 三河島 平澤かまぼこ店 青砥駅 平久橋 谷中初音小路 小名木川 十条仲原 小松川神社 木場 隅田湯 品川宿 高砂駅 音無川親水公園 向島 小松川テクノタウン 三菱製紙金町工場跡 タカラトミー 東日暮里 辰巳新道 西日暮里 十条銀座商店街 神田川出入口 赤羽一番街 荒川ロックゲート 東立石緑地公園 戸ケ崎 奥戸 あっぷるロード 竪川河川敷公園 あらかわ遊園 二毛作 平井 博多 カド 鐘ケ淵駅前商店街 天王洲アイル 九段会館(旧軍人会館) 神田川水神社 雑司ヶ谷鬼子母神 京成本線 京成日暮里駅 小菅水再生センター 番所橋 天王洲水門 水元さくら堤(桜土手) 一葉記念館 隅田川駅 隅田川 雑司ヶ谷案内処 同潤会 平久川 しちりん半 神田川 来集軒 真生寺坂 ミツワ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。