東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
22
 
sidetrack a train 01

2003年まで現役で使われてた。金町駅から三菱製紙の間を一日数回、専用の貨物列車が通ってた。専用の引込み線がのどかな町の中を走り抜ける風景というのは、かなり珍しいものだったはずだ。

sidetrack a train 02

遠くに見えるのは金町駅南口の再開発ビル。捨てられて放置されたままの自転車を眺めてたら、ああ、ここも柵に囲まれた空間なのだと気づいた。

この策に囲まれた空間はこの先どうなっていくのだろう。土地自体は三菱製紙の所有だったはずなのだけど、工場がなくなった今はもう持ち続ける意味などないだろうから、葛飾区に売却するのだろうか、いや、既に移管されてるのかも。

sidetrack a train 03

ベージュ色のイトーヨーカ堂の壁を左に曲がった先は金町駅。このイトーヨーカ堂は屋上が自動車教習所になっている。というか、もともと教習所だった土地を有効利用してスーパーができたのだ。引込み線の踏切のすぐ隣に教習車が降りてくる斜路があって、なかなか難儀な仮免コースだったんだなあ。

工場跡地再開発と駅前を結ぶ遊歩道として整備されるのだろうか。だとしたら、線路をひっぺがさなくても良かったんじゃないかという気がしてならない。建物の裏口を抜ける遊歩道なんて究極に変じゃないか?、目の前の風景が殺風景なパーキングなどという遊歩道は変じゃないか?、変と思う感覚が常識だと思うけど。

やっぱり、鉄のレールが埋まってて、路面に錆びた鉄の二本線が浮かびあがっててこそ、この場所に遊歩道があることが変でなくなるんじゃないか。つまりは、遊歩道のアイデンティティということだ(大げさか...)。前に、王子の町を歩いたとき、とても暑い日で先に進むのをくじけそうになったとき、路面に続く線路の痕跡に随分と救われた。遊歩道のアイデンティティって、そういう風に作用するものだと思うのだけど。

現役当時の写真はないかと探したら、「百貨店裏に続く線路」というページにあった。「Photo-1」は3番目の写真と、「Photo-5」は最初の写真と撮影場所が重なってる。「Photo-2」は最初の写真の引込み線が右に曲がった先にある小さな踏切で、「Photo-6」は用水路跡の道路を超えて走る貨物列車。

用水路が残っていた頃は、ここに小さな鉄の橋が架かっていて、ちゃんと踏切があって、踏切が降りると、小さな電気機関車に引かれたとても長い貨物列車が、ゆっくりゆっくり、鉄の橋を渡っていたのだ。
スポンサーサイト
    05:34 | Top
 
02
 
artificial ditch at Higashi Kanamachi 13

陸地と水面と両者入り乱れ、区別がつかないところに、草木が生い茂ってる。下町というよりも、完全に水郷の風景。

これは、場所を説明しといた方がよいかもしれない。

artificial ditch at Higashi Kanamachi 12

いま歩いてきた道が写真右手、車道に挟まれた緑の一角がこれまで眺めてきた水路になる。この道路は葛飾側から埼玉県三郷市へ向かう道路。で、上記の写真は、この道路を渡ったすぐ先、ちょうど水路の延長線上ということになる。

水路が小合溜と江戸川を結んでいるというのはさっそう気がついていた。それでも、満々と水をたたえる小合溜と、これまた水量豊かな江戸川を結ぶ水路がこうまで枯れているというのは不思議な気分だし、少々陰鬱になった。写真だけど、これは小合溜から先ほどの水路に続く箇所ということになる。やはり、水路の流れが実質的に断たれているために、小合溜の最東端に位置するこの場所の水が澱んでしまい、みどりどろどろ。干涸びた水路のすぐ先はこんなだったのだ。

この風景、葛飾の原風景なのじゃないかという考えが頭をよぎる。ここで書く「原風景」とは精神的・象徴的な意味合いではなく、まんま単刀直入に「昔の葛飾はまるまるこんなだった」と即物的に思い描いている。

そして、水路が水路でなくなり、フレッシュな水が供給されず、水路が機能していた時代ほどの頻繁な維持管理も行われなくなると、水が澱み雑草が覆い、陸と水の区別が曖昧になり、みどりどろどろ、原風景が出現する。これは驚きを超えて、ちょっとした感動ものの風景だ。

(このエントリ、後日、追記するかも)
    13:00 | Top
 
01
 
artificial ditch at Higashi Kanamachi 01

なんだろうね、下手に思い出話とか混ぜこぜにすると、話が辛気くさくなっちまう。結局のところ、町を歩いて風景写真撮って、駄文くっつけてブログにしてるわけ。それだけの話。実際、町を歩いてるときの様は、ひとり歩きのときは飄々としたモンだし、集団でごそっと歩くときは物見遊山の珍集団なわけで、シリアスかつネガティブとはほど遠いんだけどさ。

で、「瀕死の用水路」だけど、瀕死というのは、まだかろうじて生きてるぜとか、いやぁまだしぶとく生きてますなぁというリスペクトと親しみを込めて、こういう書き方してるわけです。で、その瀕死の周辺を眺めると、気を惹かれるものがものがたくさんあって、捨てたもんじゃないよというお話。

artificial ditch at Higashi Kanamachi 04

流れてるような流れてないような用水路があって、その両脇は道路になってる。遠景には高架が斜めに横切ってて、これが外環。この外環の斜めっぷりが、もう時代遅れの用水路など眼中に無し!という態度で、実に潔かったり。もうね、平行して走らせようとか、直角に横切らせようとか、そんな配慮のかけらもない。お前は既に死んでいるとすら発しない。

用水路の両サイドは道路になってるんだけど、なぜかこの一角はタイルで舗装されてて、町内会の掲示板なんかが用意されてて、饅頭をつぶしたようなベンチが並んでる。これ、考えてみれば変な風景なわけ。普通、道路はどこまで行っても道路であって、こんな風にはならない、しないもんだ。

用水路があって、田畑だったところに人が住み始めて、住宅開発みたいなことになって、もともと辻広場みたいに使われていたのが、なし崩し的にこんなんなっちゃったのかもしれない、と想像たくましく思ってみる。

住宅開発があって、アメニティだとか「水と緑のなんたらかんたら...」ってコンセプトでできたんだったら、こんな風にはならない。元々何かがあって、次に別の何かが出来てしまう。そのときに、元々あった何かが作用して、変てこなモンが出現しちゃう。結局、そういうのが楽しいんだと思う。それって、偶発性の産物だし、だからここにしかない、そういう風景に仕上がってしまう。

古いものをそのまま保存しようという伝統主義の立場からも、合理的で経済的な居住空間をトータルにコーディネートしましょうという未来主義の立場からも、こういう偶発的で折衷された空間は中途半端なものとして邪魔者あつかいされがちだけど、往々にして記憶に残る場所ってのはそういう場所。たぶん、自分が「境界」と名付けた場所は、そういう事態が起きてしまった場所なのだと思う。と。ここまで書いて、伝統主義も未来主義も、そこから作られた空間は"artificial"なのであって、「境界」というのは"artificial"な世界の中に不覚にも出現してしまった"anti-artificial"なのだと認識している、そういう自分を再発見する。

artificial ditch at Higashi Kanamachi 06

これは用水路脇で見かけた広告。貸倉庫・工場。もしかしたら、外環の影響でそういう類いへの需要が生まれるかもしれない。などと、想像たくましくすると、江戸川の土手から見えるレンタルコンテナーの一群が頭に浮かんでくる。

artificial ditch at Higashi Kanamachi 09

金網で囲われた水路わきの「偶発的で折衷された空間」にブルーテントらしきものが。どういう性格のものか定かではないが、まあ、そういうものがあった。ここの水路もやがて黒アスファルトで覆う計画なのかもしれないが、仮にそうなっても、役所の管理担当者は金網の柵は取り外さないんだろうな。

artificial ditch at Higashi Kanamachi 10

水路の隅っこを舐めるように覗く。うへっ、青粉だ。で、まち歩き的には、これは水が富栄養化しているせいでその悪影響は...、というようなことは考えない。そういうことは、別に現地にいなくても考えられるわけで、ここでは、ただただ、「うへっ、青粉だ」の「うへっ」という感覚だけを確認して次に進む。

(追記)
結局のところ、いろんな雑多ものが無造作に並べられて、モザイク状に結合して、時として、結合部分に変なものが発生する、というのが東京の魅力なのであって、トータルに総合コーディネートしましたってのは、すぐに飽きが来るのだ。
Tag : 東金町 
    18:05 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

赤羽台団地 浅草松屋 廿世紀浴場 水元香取神社 平久橋 鎌倉 青砥駅 堀切 東立石水神社 平賀源内墓 赤羽 待乳山聖天 浜前水門 両国 荒川放水路 日本堤大林 三河島朝鮮マーケット 江戸東京博物館 門前仲町 虹の大橋 江戸橋JCT 上川口屋 鳳生寺 三井アウトレットパーク多摩南大沢 高砂 キラキラ橘商店街 隅田川 金町関所 大島 雑司ヶ谷弦巻通り 東大島駅鉄橋 二毛作 押上 三平坂 赤羽西 西井掘 富岡八幡宮 サンストリート亀戸 小名木川 普門院 萬年橋・新小名木川水門 江戸川 いこい 亀戸 細田 木場 諏訪台通り 三ノ輪 竜泉 鳩の街通り商店街 上下之割用水 水元 赤羽緑道公園 逆井庚申塚通り 中華そばターキー 南砂 東墨田 平井 立石熊野神社 十条仲原 三ノ輪橋 もみじ橋 伊勢屋・中江 俎橋 稲付公園 鳥房 水元さくら堤(桜土手) 呑んべ横丁 町屋 日光御成街道 谷中 三河島 隅田キリスト教会 日本橋川 赤羽香取神社 和楽 高砂駅 のらくろーど 醸造試験所跡地公園 新小岩ポンプ場跡 品川富士 立石様 梶原商店街 静勝寺 青戸 洲崎緑道公園 玉の井いろは通り 旧米軍王子野戦病院 宮田ボクシングジム 白山堀公園 九段下ビル 三河島仲町商店街 赤羽一番街 千本桜(神奈川県大和市) 芭蕉庵 清水坂公園 雑司ヶ谷電停 清澄長屋 東京スカイツリー 隅田湯 立石(旧赤線) 十条富士見銀座 愛知屋 東日暮里 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 王子装束稲荷 清澄庭園 東陽 西ヶ原一里塚 雑司ヶ谷案内処 白髭橋 王子 中央卸売市場築地市場 博多 金町 豫園飯店 雑司が谷旧宣教師館 さくら新道 国技館 東金町運動公園 日本橋浜町 八幡堀水路跡 荒川ロックゲート 土手通り 八潮 四季の路公園(京王堀之内) カド 亀戸餃子 コリナス長池(京王堀之内) 多摩中央公園 神田神保町 十条駅 小菅水再生センター サトリ珈琲店 小菅神社 鬼子母神通り商店街 今戸 昭和館 立石仲見世 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 戸ケ崎 神田川出入口 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 伝法院通り 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) T.Y.HARBOR_BREWERY 福田稲荷神社 吉原神社 鷲神社 鐘ケ淵駅前商店街 高砂諏訪橋 逆井橋 東立石 同潤会 サンスクエア 音無もみじ緑地 あっぷるロード 旧安田庭園 赤羽八幡神社 飛鳥山公園 深川不動堂 船方神社 日本堤 大島百貨店 雑司ヶ谷鬼子母神 品川浦 ベネッセコーポレーション東京ビル 都電 新小岩公園 神田川 橋場 仲之橋(神田川) 両国駅 千住回向院 コツ通り 水道橋 勝ちどきマリーナ パルテノン多摩 21 隅田川神社 九段会館(旧軍人会館) 品川宿 柳橋 葛飾区 カフェ下ノ谷 千登利 山谷 小沢理容店 タカラトミー 平澤かまぼこ店 荒川車庫 勝ちどき橋 両国JCT 寛(雑司ヶ谷) 新金線 玉の井(墨田3丁目) 玉の井(墨田3丁目) 立石 たつみ橋 いろは会 上平井水門 新大橋 ハト屋(コッペパン) 雑司ヶ谷 吹上稲荷神社 満願稲荷 社会文化会館 新宿中央公園 サンロード中の橋 カフェこぐま 小菅 熊野神社(新宿) リバーシティ 西井掘せせらぎ公園 八広 両国回向院 小松川神社 十条銀座商店街 来集軒 中川 深川神明宮 中川番所跡 天王洲アイル 奥戸天祖神社 名主の滝公園 荒とよ 音無さくら緑地 浜町公園 竪川河川敷公園 三郷 都電もなか明美 今戸橋 吉原弁財天・吉原観音像 両国橋 證願寺 辰巳新道 亀久橋 一葉記念館 谷中初音小路 吉原 新宿(葛飾区) 亀戸中央公園 南橋大橋(ちんちん山) 荒川自然公園(三河島水再生センター) 柴又 福富川公園 新小岩 熊野商店街 王子神社 あらかわ遊園 首都高 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 直居アパート 宝幢院前道しるべ 三ノ輪アパート 品川インターシティ 神田川水神社 斉藤酒場 ベルコリーヌ南大沢 千束稲荷神社 京島 水道橋駅 金田 ふくろ 奥戸 しちりん半 味とめ 元町公園(文京区) 真生寺坂 南大沢 旧小松川閘門 同潤会三ノ輪アパート 多摩センター 法真寺(赤羽) 荒川 サンリオピューロランド 京成本線 京成日暮里駅 玉姫公園 東向島駅 護国寺 旧玉の井(東向島5丁目) 日の丸酒場 京成本線 南大沢輪舞歩道橋 東堀切 西日暮里 尾久 パラティカインドネパールキッチン 平久川 ボンドストリート 赤羽台トンネル 細田橋 日暮里 御茶の水 白鬚防災団地 大塚坂下通り 音無川親水公園 浅草 竪川水門 浅草寺・浅草神社・二天門 聖橋 稲荷公園 天王洲水門 扇屋 まるます屋 青龍神社 東京駅 砂町銀座 森下 古隅田川 丸健水産 浅草橋 東用水せせらぎ通り 新宿地下通路 小松川テクノタウン 王子の森集合住宅 浄閑寺(投げ込み寺) ルーサイト・ギャラリー ミツワ 御茶ノ水駅 三菱製紙金町工場跡 東京都慰霊堂 番所橋 倉井ストア 奥戸街道 大塚坂下町公園 鶴見(神奈川県横浜市) 尾久の原公園 東立石緑地公園 隅田川駅 向島 赤坂プリンスホテル新館 東金町 水元公園 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。