東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
08
 
1.昭和07年(1932)
柴又、昭和07年(1932)
「昭和7年の柴又?」
「この年、この一帯は南葛飾郡から東京市葛飾区に格上げされたんだ」
「金町浄水場が出来てる。でも、それ以外は農村そのまんまって感じだ」
「金町浄水場の竣工は1926年(T15)のこと、よく見ると、水道道路が中川に向かって一直線に延びてる」
「幹線道路は場所をぶったぎっていく、の法則だ。まあ、田圃のど真ん中だから影響は少ないのかな。黄色い線は道路の計画?」
「うん。大雑把に云って、近代的な道路を格子状に通そうって意志が見えるな」
「今とだいぶ違うけど」
「まあ紆余曲折合ったと」
「柴又で云うと柴又街道は影も形もないや」
「京成線柴又駅か、道路なら新宿町か高砂町から帝釈道を使って、帝釈天へ参拝ということになる」
「2つの旧道は今も残ってるよね。風情がありそう。今はどんな風景になってるのかちょっと見てみたいな」
「町割りについてはどう?」
「柴又は一丁目から三丁目まである。一丁目は帝釈天の門前だね、当時から賑わっていたのが想像できるわ。三丁目は江戸川の自然堤防で微高地になってて、比較的たくさんの人が住んでる。川沿いの集落ってのは青戸村と同じだ」
「二丁目は?」
「自然堤防のさらに内側が二丁目で、耕地整理の最中なのかしらん、北半分は整形の区画になってる。整形の区画の中にももう人が住み始めてるみたいだ。区画の1つは池になってるのかな?」
「水田を住宅にするには、基礎にする土が必要だから、ここを掘って土を持っていったのかもしれない、推測だけど。他に気づくことは?」
「うーん」
「じゃ、次、行ってみようか」

2.昭和22年(1947)
柴又、昭和22年(1947)
「道路、変じゃないか?。高砂と柴又を結ぶ道路はこんな形状じゃないよ」
「地図も欠航いい加減だからね。終戦直後だし、葛飾は東京の端っこなんで、手を抜いちゃったのかもな」
「...。ひどい話だ」
「二丁目は全体が整形な区画になってるね。耕地整理が完了したのかな。それと、柴又街道も出来てるわ。耕地整理の道路と柴又街道の道路の角度のずれが面白いね」
「耕地整理が先で、後から柴又街道を整備しましたってのが一目瞭然だ」
「耕地整理の区画の角度は何にそろえたかわかる?」
「たぶん、柴又町と鎌倉町の境界、さくらみちに合わせたんじゃないかな」
「より正確には、さくらみちの用水路に、だね。用水路を基準に全体が一番整形になるように区画割りがされてるんだ」
「一丁目と二丁目の境界も用水路だね。ってことは、二丁目の農業は南北2つの用水路により成立してたのか」
「どちらの用水路も小岩用水からの分流だよ。小合溜の水がここまでやってきてるんだ」
「でも、北側の用水路は何だか頼り無さけだ。今にも枯れてしまいそうな雰囲気だ」
「三丁目あたりは確かにそんな感じがする。微高地だから水を通しにくいんだよ。よく見ると、この辺りは江戸川からも取水してる」
「ちょっと聞いていいか?。この用水路って、どっちからどっちに水が流れてたんだろう?。地図の左半分を眺めると、西から東に流れてると思うんだけど、右半分では東から西に流れてる気がしないでもない」
「そのへんは、この地図じゃ判読不明だなあ。実際、歩いてみる時に気に留めとくといいんじゃないかな」
「次の地図、行ってみようよ」

3.昭和35年(1960)
柴又、昭和35年(1960)
「これは昭和35年の都市計画図。以前も見たことあるよね」
「ここいら辺までくると、現在とほとんど同じだなあ。その反面、旧道は見る影もないや」
「高砂からの帝釈道なんて、地図で確認する限り、ただの路地にしか見えないな」
「新宿町からの参拝道も同じだね。さっぱりだ」
「京成電車もあるし、金町・小岩を直線で結ぶ柴又街道も出来ちゃってるし、致し方ないってところか」
「二丁目だけでなく、三丁目も区画が整理され、整形な土地に変わってる」
「三丁目のこれ、不思議だな」
「ん?」
「いや、三丁目の『目』の字の辺りの区画だよ。北総線が通ることを織り込み済みでこんな形にしたように見えるんだけど?」
「どうなんだろう?。北総線の構想が世に出てきたのは1972年のことだからねえ。大体、その前提となる千葉ニュータウンの建設が決まったのだって、1966年だから。ちょっと勘ぐりすぎじゃないかな」
「そうかなあ?」
「北総線のルートを決めるときに、ここは幅といい方角といい、都合がいいぞって事になったとは考えられないこともないけど。これも、実際、歩いて確かめてみたら?」
「なるほど...」
「ところでさ、現在の地図を隣において、比較してみた?」
「いや...やってみるよ」
「柴又の町、やけにでっかくなってないかい?」
「ほんとだ。現在の柴又町は西の方に延びている。昔は新宿町四丁目だった場所、小岩用水の手前までが柴又町になってるわ」
「柴又っていうと、寅さん、帝釈さま、矢切りの渡しみたいなイメージだけど、そこだけに注目しちゃうと、かつて新宿町だった場所が無視されちゃうんだ」
「確かにそうだわ。昔の地番でいう一丁目から三丁目までは、地図眺めることで、何となくであるにせよ、場所のイメージがつかめそうなんだけど、これは厳しいなあ。『とりとめなき柴又』だわ」
「じゃ、まちあるき、いってらっしゃい!」
「いや...」
「んっ?」
「えっとね、今回はパス。用事があって参加できないのよ。だから、地図眺めて、あれころ妄想しておしまい」
「おいおい、なんじゃそれ...」

《おまけ》
現在の矢切の渡しは、この頃、下矢切の渡しと呼ばれてました。で、その上流にはもうひとつ、上矢切の渡しがありました。当時は、江戸川両岸を同じ農家の人が耕してて、それで、川を行き来するのに2つの渡しが重宝されたということらしいです。

それから、江戸川対岸のあの辺の人達が江戸/東京に出る際に、松戸や市川まで出るよりも、矢切の渡しを使って柴又に出て、そっから金町を経由して行くのが便利だということで長く使われていたわけです。

だから、だてに観光用でなく、100%地域の実利なわけです。そんなわけで、川と川をつなぐ道/帝釈天、どっちが先かはともかくとして、帝釈天が参拝客で賑わった背景に、川と川をつなぐ道の要所に建っていたことがあるのは間違いないと思うですよ。今だって、乗換駅の駅前は栄えるわけで、甘党なら草だんご、辛党ならそこらでちょいとひっかけてくか、なんてね。

「おいおい、サボるんじゃねえよ。さっさと進めよ」
「怠け心じゃねえよ。信心だよ、信心」
なんつってね。お寺さんというのは、そういうサボり心の大義名分にちょうどいい...

陸前濱街道と千葉街道が国家的な広域幹線道路であるがゆえに、間に挟まれた立石~奥戸・高砂~柴又ルートを、明治政府はよりローカルなものに位置付けていった。ローカルな交通だから、東京の葛飾区と千葉の矢切をつなぐ交通など不必要とされて、ゆっくりとこのラインは歴史から退場していった。逆に、交通体系から見捨てられたが故に、古い風情みたいなのが生き残ることが出来たとも云えるわけで、近代国家の構想と庶民の実利のせめぎあいが、現在の風景であると思うわけです。

《おまけ、その2》
休憩ポイントってことで、東京側から見ると...ってのを考えてみました。

帝釈天界隈の歴史については、川千家さんのサイトがわかりやすいです。
これによると、
1)寛永年間(1629):開山
2)安永八年(1779)庚申の日:棟の上から御本尊発見される。
・江戸中『柴又に帝釈天が出現!』とお祭り騒ぎ
・以降、庚申の日が縁日に
3)天明3年(1783):浅間山大噴火、天明の大飢饉
・御本尊、江戸の庶民を救う大活躍
・以降、帝釈天大人気
だそうです。

同じく、明治~大正の柴又について
当時の柴又は 交通事情から考えると、今の東京人にとっての熱海のような "少し足をのばしてノンビリしよう"という場所だったのではないでしょうか。
は、うなずけるところ。
この「足をのばして」の、足のばし加減が絶妙なわけで、すぐ裏手は国境の川で向こうに下総の国が見える。行けるとこまで、やってきた!!!、これでようやく一息つける。ああようやっと非日常だぁ...っていう、東京府の東の辺境wの感覚が絶妙なんじゃないかしらん。

国境があるならそこまで行くぜってのは、本能としてあるんじゃないかと。で、柴又はそういう本能に応えてたと思うのですよ。そういうふうに見ていくと、金町・柴又間の人車鉄道ってのはさしずめ非日常へのアトラクションでしょうかね。

《追記 12/04/18》
佐倉街道(さくら道)の明治期の位置付けに関して有力な情報がありましたので追記しときます。
出典は、 断腸亭さんのこのエントリ。
長くなるけど引用します

葛飾区の旧佐倉街道を走る~「絵図から見たいちかわ展」 (04/14)

佐倉街道は、そもそもは、将軍を含めた幕府の要人が佐倉藩に通うための道であったが、江戸中期以降、民衆の間で成田山参りが盛んになってからは、佐倉から成田への直結道と化したため、むしろ、「成田街道」と呼ばれることが多くなった。

ただ、明治期になって、佐倉藩が解体され「佐倉県」となってからも、第一軍管区東京鎮台の歩兵第2連隊が置かれるなど、千葉県では、佐倉は要衝の地であり続けたため、佐倉街道も主要幹線道の座を維持していたが、多分、戦後になって、国道6号線の東向島~四つ木間が開通したことによって、葛飾区内を通る佐倉街道は幹線道路の座から生活道路に転落したものと思われる(これと同時に葛飾区内の荒川→亀有間の旧水戸街道もその存在を忘れられた)。

なるほど、第一軍管区東京鎮台歩兵第2連隊@佐倉の存在ですか。
すごい明解。
断腸亭さんは、葛飾区内とその周辺をくなまく走っていて、だからすごく面白いです。
スポンサーサイト
Tag : 柴又 
    13:33 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

東金町運動公園 品川インターシティ 玉の井(墨田3丁目) 呑んべ横丁 今戸 味とめ 日本堤 博多 愛知屋 パルテノン多摩 萬年橋・新小名木川水門 小松川テクノタウン 稲付公園 細田橋 立石 水元 サンスクエア 鎌倉 八広 勝ちどきマリーナ 隅田川神社 玉姫公園 カド 直居アパート 細田 隅田湯 三河島朝鮮マーケット 千束稲荷神社 神田神保町 平澤かまぼこ店 小名木川 御茶ノ水駅 中川番所跡 隅田川 いこい タカラトミー 奥戸街道 王子神社 白髭橋 旧米軍王子野戦病院 仲之橋(神田川) 押上 日本堤大林 雑司ヶ谷案内処 あっぷるロード 千登利 小松川神社 豫園飯店 玉の井(墨田3丁目) 南大沢輪舞歩道橋 中川 三井アウトレットパーク多摩南大沢 木場 新小岩ポンプ場跡 古隅田川 荒川自然公園(三河島水再生センター) 吉原神社 平久橋 丸健水産 旧玉の井(東向島5丁目) 福田稲荷神社 清水坂公園 カフェこぐま 平久川 金町 サンストリート亀戸 葛飾区 東日暮里 水道橋 千住回向院 昭和館 東堀切 十条仲原 高砂 清澄庭園 伝法院通り 西ヶ原一里塚 三ノ輪橋 両国橋 船方神社 浅草寺・浅草神社・二天門 両国回向院 しちりん半 音無川親水公園 隅田キリスト教会 上下之割用水 立石(旧赤線) 白山堀公園 砂町銀座 金町関所 ベルコリーヌ南大沢 法真寺(赤羽) 大塚坂下町公園 浅草 元町公園(文京区) 西井掘せせらぎ公園 和楽 深川神明宮 白鬚防災団地 西日暮里 いろは会 両国 森下 品川宿 護国寺 赤羽香取神社 浄閑寺(投げ込み寺) 青戸 サトリ珈琲店 東向島駅 新宿地下通路 尾久の原公園 荒川ロックゲート 聖橋 證願寺 青龍神社 尾久 稲荷公園 梶原商店街 のらくろーど サンロード中の橋 鳩の街通り商店街 サンリオピューロランド 深川不動堂 神田川出入口 辰巳新道 亀久橋 荒川 逆井庚申塚通り 平賀源内墓 赤羽台団地 大島 王子の森集合住宅 雑司ヶ谷電停 勝ちどき橋 番所橋 御茶の水 待乳山聖天 大塚坂下通り 水元公園 赤羽緑道公園 天王洲水門 戸ケ崎 扇屋 カフェ下ノ谷 新宿(葛飾区) 飛鳥山公園 東金町 隅田川駅 パラティカインドネパールキッチン 日暮里 高砂諏訪橋 堀切 日本橋浜町 鶴見(神奈川県横浜市) 来集軒 同潤会 T.Y.HARBOR_BREWERY 中華そばターキー 三菱製紙金町工場跡 鷲神社 吉原 旧小松川閘門 ハト屋(コッペパン) 虹の大橋 新大橋 清澄長屋 水元さくら堤(桜土手) 奥戸天祖神社 東墨田 小菅 江戸橋JCT 赤坂プリンスホテル新館 あらかわ遊園 21 東京都慰霊堂 コリナス長池(京王堀之内) 神田川 新宿中央公園 千本桜(神奈川県大和市) 三ノ輪アパート ミツワ 赤羽 音無さくら緑地 小菅水再生センター 小沢理容店 斉藤酒場 山谷 旧安田庭園 満願稲荷 立石仲見世 ふくろ 三河島 ボンドストリート 新小岩 伊勢屋・中江 雑司ヶ谷鬼子母神 玉の井いろは通り 町屋 ルーサイト・ギャラリー 真生寺坂 大島百貨店 リバーシティ 新金線 二毛作 奥戸 水道橋駅 洲崎緑道公園 浜前水門 熊野商店街 江戸川 神田川水神社 キラキラ橘商店街 多摩中央公園 八潮 品川浦 倉井ストア 亀戸 荒とよ 鳳生寺 橋場 上川口屋 赤羽西 日光御成街道 たつみ橋 鬼子母神通り商店街 京成本線 東京スカイツリー 国技館 赤羽一番街 三平坂 同潤会三ノ輪アパート 富岡八幡宮 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 首都高 静勝寺 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 東用水せせらぎ通り 東立石 西井掘 亀戸餃子 東大島駅鉄橋 竪川河川敷公園 吹上稲荷神社 青砥駅 十条富士見銀座 宮田ボクシングジム 荒川車庫 もみじ橋 福富川公園 三郷 雑司ヶ谷弦巻通り 門前仲町 天王洲アイル 赤羽八幡神社 両国JCT 南砂 高砂駅 浜町公園 都電 コツ通り 浅草橋 柴又 三ノ輪 新小岩公園 江戸東京博物館 普門院 東京駅 東陽 南橋大橋(ちんちん山) 四季の路公園(京王堀之内) 音無もみじ緑地 まるます屋 九段会館(旧軍人会館) 谷中初音小路 十条駅 中央卸売市場築地市場 京成本線 京成日暮里駅 諏訪台通り 日の丸酒場 日本橋川 両国駅 立石熊野神社 芭蕉庵 宝幢院前道しるべ 金田 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 柳橋 社会文化会館 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 土手通り 寛(雑司ヶ谷) 一葉記念館 谷中 東立石水神社 王子装束稲荷 浅草松屋 さくら新道 俎橋 八幡堀水路跡 品川富士 十条銀座商店街 ベネッセコーポレーション東京ビル 東立石緑地公園 向島 上平井水門 三河島仲町商店街 立石様 小菅神社 京島 多摩センター 雑司ヶ谷 荒川放水路 鐘ケ淵駅前商店街 熊野神社(新宿) 水元香取神社 竪川水門 平井 都電もなか明美 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 亀戸中央公園 雑司が谷旧宣教師館 醸造試験所跡地公園 逆井橋 廿世紀浴場 名主の滝公園 鳥房 竜泉 王子 南大沢 九段下ビル 赤羽台トンネル 吉原弁財天・吉原観音像 今戸橋 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。