東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
26
 
The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant 04

熊野神社の参道は拝殿からまっすぐ南に延びているのだけど、
その入口はきゅっと折れ曲がってる。
これが入口部分。
 ↓
The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant 01

で、折れ曲がった先が「十二社通り」になるのだけど、
熊野神社の境内は、通りから数メートル高台になっている。
というか、正確には、「十二社通り」が周囲より低い土地なのだ。

地図を見ると一発で理解できるので、
Ground Interfaceに登場願おう。
 ↓
the terrain map of The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant

赤い丸でかこった部分が新宿副都心。
茶色の台地に♯型の引っ掻き傷がついているけど、
これが副都心の高層ビル街になる。
その♯型のスクラッチのすぐ左に一本谷筋が入ってる。
拡大するとこんな感じになる。
 ↓
the terrain map of The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant 02

この谷筋が十二社通りになる。
地図の右上から左下に向かう曲線は神田川で、
このままたどって行くと井の頭公園にたどり着く。
十二社通りの谷筋は、水が台地を浸食したもので、
その雨水の流れは、神田川に到達していたのだろう。
そして、その到達点が「淀橋」という地名にあたる。

淀橋から神田川を離れ、急流に沿って上って行くと、
その先に、熊野神社の参道が始まっている。
そういう仕掛けになっている。
これが第一点。

余談だけど、
副都心の引っ掻き傷はとても痛々しい。
こういう傷跡を見てしまうと、
国家プロジェクトとは残酷なものだなと思う。
それは、文字通り「台地を傷つける」ことであるのだな。

次、歌川広重「角筈熊野十二社」(名所江戸百景)
 ↓
The Junitori, or Twelve Kumano Shrines at Tsunohazu

中央に描かれてるのが「弁天池」。
2つの池、落差4mの滝があり、
春は桜、秋は紅葉で賑わったという。

その池はどこにあったのだろう。
江戸時代の古地図「古地図 - goo 地図」には、
十二社権現が描かれている。
青梅街道と甲州街道の間、内藤新宿からほどよく離れ、江戸の家並が途切れた先、
現状と同様、南に鳥居、境内を北に向かって拝殿。
弁天池はそのすぐ西になる。
弁天池から青梅街道の「ヨドバシ」までは川が流れている。
やはり、「十二社通り」のある谷筋ということになろう。

同じ、「古地図 - goo 地図」の航空写真には、
今の熊野神社入口の向かい側に、水面らしきものが写っている。
神社のすぐ東側には、水路か小河川らしきものも写っている。
小河川らしきものの残骸は淀橋まで続いていて、
その途中は「区立けやき公園」という細長の公園も見える。
これらがその名残だろうか。

そんなわけで、江戸時代の熊野神社界隈は景勝地として栄えていた。
どのくらい景勝地かというと、
広重が取り上げるくらい景勝地だったのだ。
これが二点目。

もうひとつ。

こちらは、google map。
 ↓

より大きな地図で TKO-BBQ data.03 from Edo to Tokyo を表示

現在の航空写真の上に、江戸の市街地を重ねてみた。
濃い色の方が、寛永図以降、第五次天下普請の江戸。
いわゆる御曲輪内。
薄い色の方は、明治11年の東京市。
江戸時代末の市街地の広がりがトレースできる。

江戸というのは、斜面地のすぐ先は入江という条件だった。
いまでこそ、日比谷入江は埋め立てられ、
武蔵野にスプロールしているけど、まあ、そんなもんだった。

そんなもんだった都市が拡大するとき、
飲料水の確保は最大の問題になる。

寛永図の頃は、江戸の飲料水は千鳥が淵に頼っていた(右アイコン)。
現在は、はるばる多摩湖ということになっている(左アイコン)。
関東大震災の震災、太平洋戦争の戦渦、高度成長で、
呆れるくらいに東京は馬鹿デカクなった。

明治以降、東京が拡大し、
千鳥が淵では間に合わず、多摩湖が出来るまで、
そんな時期の東京の飲料水を供給していたのが淀橋浄水場になる。
今の新宿中央公園がその場所にあたる。(中央アイコン)

最初の地形図に戻ってみる。

the terrain map of The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant

千鳥が淵は、寛永図の江戸で、最も標高の高い場所に当たる。
だから、ここから江戸市中に水を引き回せた。
多摩湖もしかり。
そういう風に、熊野神社の地を眺めると、
ここは、旧東京市の中で、一番、標高の高い場所にあたる。
武蔵野の一番高い尾根が山手線の内側にまで侵入してきている。
これが三点目。

そして、今の風景があるということになる。
 ↓
 ↓
 ↓
うーむ、、、

熊野神社は、
中野長者と呼ばれた室町時代の紀州出身の商人・鈴木九郎によって応永年間(1394-1428年)に創建された(熊野神社 (新宿区) - Wikipedia
のだという。
紀州商人は、熊野水軍の末裔なのだろうかしらん。
なんといっても、その創建された地は、
日比谷入江から神田川を上り、急流の先なのである。

熊野神社には湧き水が湧いたという。
その境内は、江戸~東京で最も標高の高い土地であり、
浄水場として、東京の飲料水を支えることになった。
「水の地」である必要が無くなると、
水を支えた台地の岩盤が、
今度は、副都心を支える役目を担わされた。

昔から神社仏閣は、公界的性格を持っていて、
無宿の者、無縁者、世間から多少ずれた者が身を寄せ合っていた。
新宿中央公園には、いま、ブルーテントが並んでる。
スポンサーサイト
    14:50 | Top
 
26
 
The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant 03

地下通路を抜け、新宿中央公園を通って、
熊野神社までやってきた。

なにを見たくてやってきたのかというと、
やはり、「空の高さ」ということになる。

The Kumano Shrine and Yodobashi Purification Plant 02

鳥居の前に立ち、拝殿を向くと、
正面左手に空はあるものの、
右手は高層ビルが乱立していて、
「空が広い」とは言えない。

半分残っててよかったねという見方もあれば、
半分、切り刻んで無惨という見方もあるんだろう。

自分は、どうだろうか。
これは簡単に答えを出せそうにない。

例えば、「深川不動堂、草履と背景。」では、
深川不動尊の背景の銀色のオフィスビルをなんじゃこりゃと思い、
なんとか写り込まないようにとアングルを決めたもんだし、
谷中、風景の始まりと終わり。 」では、
日暮里再開発による風景の変化にショックを受けた。

だからどうなのかというと、
なにどうなのか?
そこがわからないのであるな。
    10:58 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

土手通り 新小岩ポンプ場跡 小沢理容店 青龍神社 芭蕉庵 西ヶ原一里塚 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 清水坂公園 パラティカインドネパールキッチン 京成本線 福田稲荷神社 白鬚防災団地 細田橋 鷲神社 南大沢 鳳生寺 吉原神社 日の丸酒場 梶原商店街 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 熊野神社(新宿) 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 国技館 洲崎緑道公園 浅草 砂町銀座 玉の井(墨田3丁目) 奥戸街道 富岡八幡宮 上平井水門 玉の井(墨田3丁目) 中川番所跡 多摩センター 立石 鳩の街通り商店街 西井掘せせらぎ公園 今戸橋 ボンドストリート 赤坂プリンスホテル新館 三井アウトレットパーク多摩南大沢 福富川公園 荒川車庫 大島百貨店 旧安田庭園 南大沢輪舞歩道橋 ベルコリーヌ南大沢 東京スカイツリー 竜泉 東京都慰霊堂 雑司ヶ谷弦巻通り 町屋 清澄庭園 カフェこぐま サンロード中の橋 森下 十条駅 水元 雑司が谷旧宣教師館 上下之割用水 古隅田川 竪川水門 千束稲荷神社 金町 吉原 堀切 勝ちどきマリーナ 高砂諏訪橋 大島 鳥房 鶴見(神奈川県横浜市) 三ノ輪 両国JCT 浜前水門 都電 門前仲町 新大橋 サンスクエア 鬼子母神通り商店街 扇屋 荒とよ 豫園飯店 のらくろーど 稲荷公園 南橋大橋(ちんちん山) 両国回向院 荒川放水路 萬年橋・新小名木川水門 中華そばターキー 俎橋 もみじ橋 宝幢院前道しるべ 勝ちどき橋 葛飾区 日本橋川 深川不動堂 東堀切 柳橋 倉井ストア 水元公園 聖橋 サンリオピューロランド 深川神明宮 金田 満願稲荷 日本堤 同潤会三ノ輪アパート 護国寺 いこい 三平坂 荒川 多摩中央公園 八潮 平賀源内墓 金町関所 品川浦 伊勢屋・中江 新宿地下通路 仲之橋(神田川) 新金線 四季の路公園(京王堀之内) 大塚坂下通り キラキラ橘商店街 御茶ノ水駅 東京駅 白山堀公園 音無さくら緑地 吉原弁財天・吉原観音像 東金町 いろは会 新宿(葛飾区) 赤羽台団地 水道橋 呑んべ横丁 亀久橋 浅草橋 三郷 赤羽香取神社 雑司ヶ谷電停 21 赤羽八幡神社 廿世紀浴場 赤羽台トンネル 亀戸中央公園 船方神社 高砂 亀戸餃子 カフェ下ノ谷 寛(雑司ヶ谷) 奥戸天祖神社 T.Y.HARBOR_BREWERY 昭和館 諏訪台通り 谷中 小菅神社 三ノ輪アパート 音無もみじ緑地 ベネッセコーポレーション東京ビル 日本堤大林 伝法院通り さくら新道 新宿中央公園 千本桜(神奈川県大和市) 名主の滝公園 日光御成街道 虹の大橋 八広 山谷 立石仲見世 飛鳥山公園 玉の井いろは通り 水元香取神社 都電もなか明美 新小岩 社会文化会館 三ノ輪橋 青戸 吹上稲荷神社 尾久の原公園 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 中央卸売市場築地市場 雑司ヶ谷 橋場 まるます屋 九段下ビル 東大島駅鉄橋 両国駅 両国橋 浅草寺・浅草神社・二天門 東立石 隅田キリスト教会 両国 千登利 三河島朝鮮マーケット 隅田川神社 新小岩公園 普門院 西井掘 ハト屋(コッペパン) 稲付公園 赤羽緑道公園 八幡堀水路跡 江戸橋JCT 東金町運動公園 首都高 愛知屋 浜町公園 ルーサイト・ギャラリー 千住回向院 サンストリート亀戸 和楽 旧小松川閘門 東陽 立石熊野神社 京島 細田 醸造試験所跡地公園 熊野商店街 丸健水産 パルテノン多摩 水道橋駅 品川インターシティ 王子装束稲荷 立石様 王子神社 上川口屋 品川富士 静勝寺 旧玉の井(東向島5丁目) 柴又 リバーシティ 斉藤酒場 三河島仲町商店街 立石(旧赤線) 小菅 日本橋浜町 たつみ橋 證願寺 逆井庚申塚通り 白髭橋 浄閑寺(投げ込み寺) 東墨田 荒川自然公園(三河島水再生センター) 元町公園(文京区) 待乳山聖天 大塚坂下町公園 王子の森集合住宅 十条富士見銀座 王子 宮田ボクシングジム サトリ珈琲店 赤羽西 日暮里 江戸川 直居アパート 今戸 味とめ 鎌倉 法真寺(赤羽) 御茶の水 旧米軍王子野戦病院 東向島駅 江戸東京博物館 神田神保町 東用水せせらぎ通り 南砂 亀戸 逆井橋 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 清澄長屋 浅草松屋 ふくろ コリナス長池(京王堀之内) 押上 玉姫公園 東立石水神社 コツ通り 中川 赤羽 尾久 三河島 平澤かまぼこ店 青砥駅 平久橋 谷中初音小路 小名木川 十条仲原 小松川神社 木場 隅田湯 品川宿 高砂駅 音無川親水公園 向島 小松川テクノタウン 三菱製紙金町工場跡 タカラトミー 東日暮里 辰巳新道 西日暮里 十条銀座商店街 神田川出入口 赤羽一番街 荒川ロックゲート 東立石緑地公園 戸ケ崎 奥戸 あっぷるロード 竪川河川敷公園 あらかわ遊園 二毛作 平井 博多 カド 鐘ケ淵駅前商店街 天王洲アイル 九段会館(旧軍人会館) 神田川水神社 雑司ヶ谷鬼子母神 京成本線 京成日暮里駅 小菅水再生センター 番所橋 天王洲水門 水元さくら堤(桜土手) 一葉記念館 隅田川駅 隅田川 雑司ヶ谷案内処 同潤会 平久川 しちりん半 神田川 来集軒 真生寺坂 ミツワ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。