東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
03
 
06スキマ_00

自転車1台やっと置けるそのスキマから立ち上がる階段。
無性に駆け上がってみたくなる性分...

《WEBでちょっとしらべてみる》

一年前の写真を眺めつつ、ふと思い、「都市のスキマ」でGoogle先生してみる。「ウロウロ」、似たようなものに引き寄せられてるなあ、そういう人、結構多いんだろうなあと妙に安心してる俺。近日中に徹底的に検索してみようかしらん。
スポンサーサイト
Tag : 町屋 
    00:00 | Top
 
03
 
04今日はお祭り_00

今日(6月3日)はお祭りだったんだねえ。どうりで町がそわそわしてると思った、少し華やいでもいたし。どのお店にも提灯が飾ってあった。

04今日はお祭り_01 04今日はお祭り_02

掲示板のポスターを眺めると、「天王祭、素盞雄神社」とあった。「五月三十一日(木)宵宮祭、六月一日(金)大祭式、二日(土)・三日(日)氏子まつり」ってことなので、今日は氏子まつりだ。

04今日はお祭り_03 04今日はお祭り_04

素盞雄はスサノオ。出番待ちの神輿、太鼓、山車を見かけた。

《WEBでちょっとしらべてみた》

公式サイトは、こちら。準公式サイトは、荒川ゆうネットかな。

毎年6月には、夏の疫病を振り払う祭りとして、1200年以上も続いている「天王祭」が行われ、多くの露店が並び賑わいを見せます。3年に一度の「本祭」では、氏子区域である南千住三ノ輪地区、三河島地区、町屋地区の人たちに御本社神輿が担ぎ継がれて渡御し、御旅所である町屋の原稲荷に泊まり、翌日再び巡行しつつ素盞雄神社へと戻ります。9月には飛鳥祭も行われます。

6月が疫病対策だとしたら9月の祭りは収穫祭、かな?、そういう風な習合。他にも、微妙な光を放つ「瑞光(ずいこう)石」とか、松尾芭蕉の「奥の細道」旅立ちの記念碑とか、いろいろあるみたい。今回見かけたのは、もしかして本祭だったのだろうか。ちょっともったいないことをした。

次にwikipdedia

素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は、社名の通りスサノオを祭神として祀る神社で、日本各地にある...。これらの神社は、江戸時代までは牛頭天王社と称され、牛頭天王を祭神としていた。総本社は京都の八坂神社または広峯神社である。

牛頭天王?ってのが気になって、これもwikipedia

牛頭天王(ごずてんのう ゴーシールシャ gośīrşa)は、もともとはインドの神で祇園精舎の守護神である。後に日本の神素盞鳴尊と習合した。...。平安時代に都市部で信仰されるようになり、祇園御霊会(祇園祭)において祀られるようになったとされる。牛頭天王・スサノオに対する神仏習合の信仰を祇園信仰といい、中世までには日本全国に広まった。

なんでも、天王洲アイルなど、「天王」のつく地名は牛頭天王に因むものなのだそうだ。

wikipediaからリンクされてるサイトにはこんなことも書かれてる。

日本では、江戸時代の終わりまで神仏習合が普通でしたが、国学者や神道家が台頭してきて彼等にとって牛頭天王は誠に疎ましく目障りなものであり神道こそ絶対であるとして神仏習合、本地垂じゃくを排撃する彼等にとって、記紀の中で重要な位置にあるスサノオ尊と習合している牛頭天王は許しがたいものであった。...。やがて、明治維新となる。...。牛頭天王を祭神としていた神社に対しては、全てその祭神をスサノオ尊に変えるか、もしくわ、祭神のなかから牛頭天王を除外することを求めた。このとき京都の祇園社自身もその名を八坂神社と改め祭神をスサノオ尊に変更した


ふーむ...あと、ここに、素盞雄神社(スサノオ)天王祭の様子が載っていた。

《WEBでもうちょっとしらべてみた》

神輿が写ってる写真の右、茶色い建物なんだけど、歩いてるときは、町内会長さんの家か何かだろうと思い込んでた。地元の顔役で、神輿の手入れ道具なんかを預かってるのかと。さっき(というのは2008.05.22、つまり、まちあるきから1年...)、Google Map に撮影場所を落とし込んでたら、この茶色い建物が「山吹ふれあい館」という建物だと知った。この公式サイトには『当サイトの著作権は荒川区およびNPO法人荒川区高年者クラブ連合会が有します。』と書かれてて、それで、Google先生に聞いてみると、こんなの出て来た。

指定管理者制度って、どうなの?

(毎日新聞、東京版、06.2.9)
 荒川区に、高齢者クラブが指定管理者として運営委託を受けた地域コミュニティー施設「荒川山吹ふれあい館」が今月、開館した。...。同NPOは、60歳以上が入る区内の高齢者クラブ、約80団体、約1万人で組織。元々自主組織の「老人クラブ」として連合会は62年に設立したが、組織率などが低くなる中で、02年に社会貢献をしようとNPO法人になった。...。同NPOの斉賀靖佳副理事長(76)は「これまで区に面倒を見てもらっていた立場だったが、これからは一事業者として区と付き合う立場になった。元気な高齢者が地域で働き、知識や経験を生かして活動していきたい」と話している。


もうひとつ、荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感: 荒川山吹ふれあい館、開館!

 今朝、今月の1日に開館した「荒川山吹ふれあい館」の開設式・館内披露に出席して参りました。この新しい施設の注目すべき点は「NPO法人 荒川区高年者クラブ連合会」が施設の管理・運営を区に替わって代行する指定管理者に選定されていることです。20企業と同等の資格で企画書を提出、10月14日の最終プレゼンテーションで選定されたのですが、こうしたケースは全国的にも初めてのようです。

 2007年問題と言われている「団塊の世代」が一気に会社を定年で退職し、その後の第2の人生の受け皿をどのようにするかを考える上で、一つの意欲的な取り組みとして多いに評価すべきことと考えます。

NPOは今もがっつり活動されていらっしゃるのだろう。それにしても、こんなの事前に知ってたら、お話を伺いにいったのに。すげー、残念!
Tag : 町屋 
    00:00 | Top
 
03
 
03駅前から町へ_00

町屋の駅付近の雰囲気を東京の西半分の人にどう説明したらうまく伝わるだろうか?、そんなことを考えていて、思いついたのが世田谷の三軒茶屋。マークスタワーがキャロットタワーで、尾竹橋通りが茶沢通り。上手な説明ではないなと思い、控え目に「この辺りってさぁ、三茶の雰囲気と少し似てたりしない...よね...」って、ぼそっと言ってみたのだった。写真は、尾竹橋通りと町屋斎場に挟まれた一帯。

尾竹橋通りから一歩入ると、道幅も広くなったり狭くなったり、直線でなく微妙に折れ曲がってて、四つ角もきっちり直角でなかったり。普通の戸建住宅とお店と職人さんの作業場がミックスしてて、この混ざり加減が妙に晴れ晴れしく、うれしくもある。

03駅前から町へ_01 03駅前から町へ_02

家の前に様々な小物が置かれてる。ビールの空ケース、盆栽、自販機、のぼり、アサヒビールの提灯、鳥かご。人が出入りしない空間、邪魔にならない場所すべてが、そういう小物でうめられていて、それがカラフルで、ダイヤブロックみたいで楽しい。店の前の木なんて、やむにやまれずここまで大きくなっちゃいましたって風情で、わくわく。

家に庭があれば盆栽はそっちに置くだろうし、片隅に物置きでもつくりゃ、大半の小物はそっちに片付けられちまう。だから何のことはない、単純に狭いから、家の前にモノが並んでしまうだけのことだけど、これが意外や町にとって重要なんじゃなかろうか。

03駅前から町へ_03 03駅前から町へ_04

右の建物は鋸(のこぎり)屋さん、左の建物は鮨屋さん。戦後の下町の建物を考えると、右のが第一世代、最初の写真みたいな木造モルタル(含む看板建築)が第二世代、鮨屋さんや防火仕様の木造三階建てが第三世代ではないかと、勝手に思ってるんだけど、ここは各世代の建物がそろい踏みという感じで、それも楽しい。

そういう景色が見られるということは、変化の真っ最中になるのだ、町屋って町はさ。
Tag : 町屋 
    00:00 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

赤羽台団地 浅草松屋 廿世紀浴場 水元香取神社 平久橋 鎌倉 青砥駅 堀切 東立石水神社 平賀源内墓 赤羽 待乳山聖天 浜前水門 両国 荒川放水路 日本堤大林 三河島朝鮮マーケット 江戸東京博物館 門前仲町 虹の大橋 江戸橋JCT 上川口屋 鳳生寺 三井アウトレットパーク多摩南大沢 高砂 キラキラ橘商店街 隅田川 金町関所 大島 雑司ヶ谷弦巻通り 東大島駅鉄橋 二毛作 押上 三平坂 赤羽西 西井掘 富岡八幡宮 サンストリート亀戸 小名木川 普門院 萬年橋・新小名木川水門 江戸川 いこい 亀戸 細田 木場 諏訪台通り 三ノ輪 竜泉 鳩の街通り商店街 上下之割用水 水元 赤羽緑道公園 逆井庚申塚通り 中華そばターキー 南砂 東墨田 平井 立石熊野神社 十条仲原 三ノ輪橋 もみじ橋 伊勢屋・中江 俎橋 稲付公園 鳥房 水元さくら堤(桜土手) 呑んべ横丁 町屋 日光御成街道 谷中 三河島 隅田キリスト教会 日本橋川 赤羽香取神社 和楽 高砂駅 のらくろーど 醸造試験所跡地公園 新小岩ポンプ場跡 品川富士 立石様 梶原商店街 静勝寺 青戸 洲崎緑道公園 玉の井いろは通り 旧米軍王子野戦病院 宮田ボクシングジム 白山堀公園 九段下ビル 三河島仲町商店街 赤羽一番街 千本桜(神奈川県大和市) 芭蕉庵 清水坂公園 雑司ヶ谷電停 清澄長屋 東京スカイツリー 隅田湯 立石(旧赤線) 十条富士見銀座 愛知屋 東日暮里 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 王子装束稲荷 清澄庭園 東陽 西ヶ原一里塚 雑司ヶ谷案内処 白髭橋 王子 中央卸売市場築地市場 博多 金町 豫園飯店 雑司が谷旧宣教師館 さくら新道 国技館 東金町運動公園 日本橋浜町 八幡堀水路跡 荒川ロックゲート 土手通り 八潮 四季の路公園(京王堀之内) カド 亀戸餃子 コリナス長池(京王堀之内) 多摩中央公園 神田神保町 十条駅 小菅水再生センター サトリ珈琲店 小菅神社 鬼子母神通り商店街 今戸 昭和館 立石仲見世 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 戸ケ崎 神田川出入口 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 伝法院通り 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) T.Y.HARBOR_BREWERY 福田稲荷神社 吉原神社 鷲神社 鐘ケ淵駅前商店街 高砂諏訪橋 逆井橋 東立石 同潤会 サンスクエア 音無もみじ緑地 あっぷるロード 旧安田庭園 赤羽八幡神社 飛鳥山公園 深川不動堂 船方神社 日本堤 大島百貨店 雑司ヶ谷鬼子母神 品川浦 ベネッセコーポレーション東京ビル 都電 新小岩公園 神田川 橋場 仲之橋(神田川) 両国駅 千住回向院 コツ通り 水道橋 勝ちどきマリーナ パルテノン多摩 21 隅田川神社 九段会館(旧軍人会館) 品川宿 柳橋 葛飾区 カフェ下ノ谷 千登利 山谷 小沢理容店 タカラトミー 平澤かまぼこ店 荒川車庫 勝ちどき橋 両国JCT 寛(雑司ヶ谷) 新金線 玉の井(墨田3丁目) 玉の井(墨田3丁目) 立石 たつみ橋 いろは会 上平井水門 新大橋 ハト屋(コッペパン) 雑司ヶ谷 吹上稲荷神社 満願稲荷 社会文化会館 新宿中央公園 サンロード中の橋 カフェこぐま 小菅 熊野神社(新宿) リバーシティ 西井掘せせらぎ公園 八広 両国回向院 小松川神社 十条銀座商店街 来集軒 中川 深川神明宮 中川番所跡 天王洲アイル 奥戸天祖神社 名主の滝公園 荒とよ 音無さくら緑地 浜町公園 竪川河川敷公園 三郷 都電もなか明美 今戸橋 吉原弁財天・吉原観音像 両国橋 證願寺 辰巳新道 亀久橋 一葉記念館 谷中初音小路 吉原 新宿(葛飾区) 亀戸中央公園 南橋大橋(ちんちん山) 荒川自然公園(三河島水再生センター) 柴又 福富川公園 新小岩 熊野商店街 王子神社 あらかわ遊園 首都高 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 直居アパート 宝幢院前道しるべ 三ノ輪アパート 品川インターシティ 神田川水神社 斉藤酒場 ベルコリーヌ南大沢 千束稲荷神社 京島 水道橋駅 金田 ふくろ 奥戸 しちりん半 味とめ 元町公園(文京区) 真生寺坂 南大沢 旧小松川閘門 同潤会三ノ輪アパート 多摩センター 法真寺(赤羽) 荒川 サンリオピューロランド 京成本線 京成日暮里駅 玉姫公園 東向島駅 護国寺 旧玉の井(東向島5丁目) 日の丸酒場 京成本線 南大沢輪舞歩道橋 東堀切 西日暮里 尾久 パラティカインドネパールキッチン 平久川 ボンドストリート 赤羽台トンネル 細田橋 日暮里 御茶の水 白鬚防災団地 大塚坂下通り 音無川親水公園 浅草 竪川水門 浅草寺・浅草神社・二天門 聖橋 稲荷公園 天王洲水門 扇屋 まるます屋 青龍神社 東京駅 砂町銀座 森下 古隅田川 丸健水産 浅草橋 東用水せせらぎ通り 新宿地下通路 小松川テクノタウン 王子の森集合住宅 浄閑寺(投げ込み寺) ルーサイト・ギャラリー ミツワ 御茶ノ水駅 三菱製紙金町工場跡 東京都慰霊堂 番所橋 倉井ストア 奥戸街道 大塚坂下町公園 鶴見(神奈川県横浜市) 尾久の原公園 東立石緑地公園 隅田川駅 向島 赤坂プリンスホテル新館 東金町 水元公園 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。