東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
21
 
立石様で昼ごはん。
そんなこんなでようやく(笑)、立石様に到着。時刻はたぶん午後2時すぎ(←「たぶん」としか書けないところが、いきあにもこのまちあるきだ)。運良く天候はもっている。さっそく弁当をひろげるわたしたち。
立石様の構成。
それにしても、この無造作な配置はどうよ?、ていうか、神々しさとか神聖さとか神秘的とかじゃない、どちらかというと古代文明の遺跡みたいな唐突さが気に入ってるんだけどね。この写真も、アプローチの石の面、右手のシーソー、立石様の鳥居のボリューム感がモノの見事にバラバラで、パーツをコラージュした合成写真みたい。一応、スケール確認に役立ちそうな写真も載せておこう。

スケール確認用

スケール確認写真その1。 スケール確認写真その2。

これは立石様に面するお家。唐突で不思議なパースペクティブを思う存分眺められる。
立石様を眺める家。
今回のガイド役のおひとりは、この家を考えた建築家だったりする。

ごみ箱、木の蓋。
これはおまけ。木の蓋がいいかなと。
スポンサーサイト
Tag : 立石様 
    00:00 | Top
 
21
 
京成立石駅の「立石様」
この日の最初の見学スポットはこれ。
というか、駅構内。下り線プラットフォームに逆戻り。
んっ?、植栽?

この物体が一体何なのか、なぜこれが見学スポットなのかについては、今回のガイド役ふっきー氏のブログ「立石まち歩き1~駅の中の立石さま~」を見ていただくのがよいと思う。流石だぜ俺の立石!。ちなみに、ホンモノの立石さまはこういうふうになってます。

立石さま近影。

そんなわけで、原立石人による立石の魂の叫びに触れてまちあるきはスタートしたのでありました。えっと、で、わたしの感想?、わたしは「駅の中の立石さま」を見て、「そうだ床屋に行かなきゃ...」と思ったのでありました。

《WEBでちょっと調べてみる》

さてこの植栽が立石さまなのだという唯一のアイデンティティは、背後に立ってる看板だろうと思われる。なので、ここからツッコミ入れてくと何が見えてくるのか、突き進んでみよう。

まず「立石様」だけどwikipediaによると、
1.「立石」は全国に存在する。
2.「立石」は巨大な石だ。
3.「立石」の「立石様」は房州石で出来ている。
というのが客観的事実としてある。そこから類推して、「古代の官道(東海道)の道標」ということになってる。

看板の絵は江戸時代の書籍からの引用だ。引用元の「江戸名所図会」はwikipediaなどみると、江戸中後期のるるぶ、地球の歩き方のようなものだったと思われる。ちくまから文庫本が出てたけど絶版。次にネットで調べてみると...、ちゃんとありましたよ。立石村立石、近代デジタルライブラリー(国会図書館)のコンテンツ。さらに調べてみると、「わたし彩(いろ)の『江戸名所図会』~大人の塗り絵」なるブログも見つけた。こっちは、墨一色の元絵に色をつけて公開してる。

さてと、ここから本番。

江戸名所図会は全7巻20冊なのだけど、この立石村立石ってのは、第19冊の46/59で登場する。『日本橋から始まり、江戸の各町について由来や名所案内を記し、近郊の武蔵野、川崎、大宮、船橋などにも筆が及んで』る20冊のうちの19冊目ということで、当時の立石の郊外具合が推察できるというものだ。つまりは、かなりのローカル線の旅だということ。(←これが一点目)

次に、立石村立石の前後に何が出てくるかを調べてみる。るるぶや地球の歩き方的読まれ方をした書籍だとすると、善後に何が出てくる絵図とパッケージで読みとくのが当然だし。

で、結果は、こういう順番。

第20冊(2/56):新宿渡口
 ↑
第19冊(46/54):立石村 立石
 ↑
第19冊(45/54):立石 南蔵院 熊野祠
 ↑
第19冊(36/54):木下薬師堂(浄光寺)←(33/54)渋江←(31/54)葛西
 ↑
第19冊(43/54):平井 聖天宮(灯明寺)
 ↑
第19冊(42/54):釣鱚(逆井の渡し付近)
 ↑
第19冊(41/54):中川口(船番所)

次に、これをGoogle Mapに落とし込んでみると...

大きな地図で見る

これ見ると、立石って完全にさ、中川を巡る小旅行コースなのよ。
これって、俺にはかなり新鮮な発見。

立石様は「道標(みちしるべ)」っていうけど、江戸時代にはその道は川のことだったんじゃないか?

このあたりは、もともと低地で半分湿地みたいなところだった。もとはグチャグチャでズボズボな場所だったのよ。江戸幕府は、排水路つくって水はけよくして、上流から用水路引っ張ってきてフレッシュな水を確保して、グチャグチャズボズボを畑や田んぼとして開発していったわけ。江戸の食糧はそういうふうに確保されてた。それでも、依然、川は重要で物流は中川に頼ったんじゃないかしらん。

江戸から小名木川を東へ進んで、江戸市中のどんずまりまで行くと、そこに中川の番所がある。いまのイミグレとか税関だね、番所ってのはさ。ボーダーよ。そこから先は市外で、郊外の小旅行ということになる。で、使うのは当然、舟ということになる。中川は、幾重にも曲りくねって蛇か龍そのものだね。雨が降れば蛇も龍も暴れる。それでも陸でも水でもないグチャグチャズボズボを行くよりはるかにマシだ。

中川という蛇(龍)づたいに図会を頼りに名所を進んで行くと、少しだけ小高い、少しだけ安定してるように見える土地が見えてくる。そこが立石だ。そこからなら川から陸へ上がれる。青戸とか奥戸の「戸」には、水面から陸へのドアという意味がある。そういう目印だから立石。

(蛇足だけど、江戸~明治の土地利用図をみると、立石様の辺りは畑作だった。中川の両岸に出来た自然堤防は畑作、それ以外の低地は稲作というのが、標準的な土地利用みたいなんだけど、立石様近辺は、周囲より畑作地の面積が大きい。これは、土地が安定してるってことだと思う。)

立石仲見世は浅草発祥らしいんだけど、立石自体が浅草と似てるなあと思う。浅草にも小高い山があって待乳山と呼ばれてる。待乳山の由来は「真土(まつち)山」で、頂上には待乳山聖天が祭ってある。近くの土地は「花川戸」とか「今戸」と呼ばれてる。

立石様(巨大な石)~立石~青戸・奥戸。
待乳山聖天~真土山~花川戸・今戸。

グチャグチャズボズボの中に残された、数少ない安定した土地。立石の立石様は地面に潜っていてどこまで大きいのかわからない。わからないほど大きな岩が地面に潜んでるってのは、グチャグチャズボズボの土地では畏敬の対象になると思う。

ふっきー氏のブログ「東立石の水神さまの歴史」に、中川の水面佇む鳥居の写真が載っていて、とても興味深いわけで、一度その場所に行ってみたいと思ってる。鳥居のしめ縄の意味について、「蛇か龍じゃないの?」とコメントしたのだけど、立石様含めて、陸と水のインターフェィスとして考えた方が面白いように思えてきた。房州産の石ってのも、水運で運んだに違いないしね。
Tag : 立石様 
    00:00 | Top
 
26
 
謎の立石様。

小さい鳥居ともっと小さな鳥居があって、やけにパースペクティブが強調されてる。二つの鳥居をつなぐ痕跡。地面を囲ってあって、その真ん中から岩のようなものが少しだけ顔を出してる。

道標だったと思われるものが信仰の対象というのも面白いけど、なんか小さめの雑居な公園という風情がすごい興味ひかれた。アニメに出て来る土管が横たわってる原っぱ、なんだか知らんけど、あれ、思い出しちゃった。

俺が子供だったら、遊具より立石様のアバンギャルドさに魅力感じるよな。立石様に入り込んじゃう遊びとか、入ったら大人に怒られるとか、そういうことの繰り返し。立石の町の子供はそういうことはしないんだろうか?

大人だって、これ有り難がって、もってちゃう人いたんだろうな。

《WEBでちょっと調べてみる》

Wikipediaの解説はこれ。

東京都葛飾区立石八丁目37番17号にある。現在は児童公園に併設する祠の中心に鎮座している。付近にかつて古墳があったことやその材質(房州石という凝灰石の一種)から、古墳の石室などと同様千葉県鋸山付近より同地に持ち込まれたと推定されている。また、奈良・平安時代には立石付近を横断していた古代の官道(東海道)の道標として転用されていたと考えられている。
江戸時代には高さ60センチ以上あり、「根有り石」とも呼ばれていた。名所として諸本(兎園小説、明細帳、江戸名所図会など)にも登場し、立石様の根を掘ったことで災いが起きたなどの伝説を生んでいる。
後に、立石様を欠いて持つと病気に効くという信仰や日清・日露戦争時に弾よけのお守りとして欠いて持つ人が現れたことや地盤沈下などの結果、現在では地表より数センチ程度の高さしかない状況である。


他に、「葛飾の魅力 探求」がかなり詳しく突っ込んでる。さらに調べてみたら、立石遺跡現地説明会(123)なんてのまであった。やっぱ、WEBすげえ!
Tag : 立石様 
    00:00 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

清水坂公園 扇屋 十条銀座商店街 平井 船方神社 新宿地下通路 平賀源内墓 旧小松川閘門 赤羽八幡神社 聖橋 天王洲水門 諏訪台通り 三河島 同潤会 砂町銀座 王子の森集合住宅 和楽 八潮 宮田ボクシングジム 赤羽西 萬年橋・新小名木川水門 音無川親水公園 三河島仲町商店街 九段会館(旧軍人会館) 中川番所跡 俎橋 一葉記念館 のらくろーど 橋場 玉の井(墨田3丁目) 白山堀公園 品川浦 尾久 雑司ヶ谷弦巻通り 平久川 西ヶ原一里塚 辰巳新道 水元香取神社 谷中初音小路 サンロード中の橋 博多 水元公園 東堀切 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 鎌倉 水元 キラキラ橘商店街 赤羽香取神社 醸造試験所跡地公園 荒川放水路 国技館 静勝寺 小松川神社 高砂諏訪橋 新宿中央公園 天王洲アイル 吉原 東大島駅鉄橋 伝法院通り 福田稲荷神社 三ノ輪橋 中川 三ノ輪アパート 立石 神田川 江戸東京博物館 東陽 日暮里 王子装束稲荷 八幡堀水路跡 福富川公園 金田 門前仲町 鐘ケ淵駅前商店街 大塚坂下通り あっぷるロード 日本橋浜町 カフェこぐま 青砥駅 ふくろ 高砂 豫園飯店 廿世紀浴場 呑んべ横丁 江戸橋JCT 荒川自然公園(三河島水再生センター) 立石仲見世 平久橋 東立石水神社 三菱製紙金町工場跡 赤羽一番街 奥戸 鷲神社 京成本線 隅田川 飛鳥山公園 都電 浜町公園 清澄長屋 鬼子母神通り商店街 ボンドストリート 東京都慰霊堂 新小岩 青龍神社 八広 浄閑寺(投げ込み寺) 平澤かまぼこ店 コリナス長池(京王堀之内) 赤羽緑道公園 深川神明宮 満願稲荷 浜前水門 山谷 倉井ストア タカラトミー 京成本線 京成日暮里駅 白髭橋 三平坂 新宿(葛飾区) 番所橋 四季の路公園(京王堀之内) 芭蕉庵 千登利 鶴見(神奈川県横浜市) 柴又 水道橋 真生寺坂 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 西井掘 玉姫公園 梶原商店街 両国駅 元町公園(文京区) 両国回向院 十条駅 押上 三井アウトレットパーク多摩南大沢 東立石緑地公園 勝ちどき橋 南橋大橋(ちんちん山) 荒川 小菅 新大橋 神田神保町 鳳生寺 立石(旧赤線) さくら新道 ベネッセコーポレーション東京ビル 森下 日本堤大林 ハト屋(コッペパン) 立石熊野神社 竪川河川敷公園 亀戸中央公園 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 赤羽 堀切 昭和館 21 隅田川神社 十条仲原 伊勢屋・中江 西井掘せせらぎ公園 雑司が谷旧宣教師館 京島 立石様 荒川車庫 護国寺 赤羽台トンネル 細田橋 水道橋駅 木場 コツ通り サンストリート亀戸 ミツワ 南大沢輪舞歩道橋 両国JCT 両国 カフェ下ノ谷 浅草 品川宿 日光御成街道 日本堤 竜泉 九段下ビル 新金線 カド 奥戸天祖神社 細田 洲崎緑道公園 鳩の街通り商店街 尾久の原公園 町屋 西日暮里 熊野神社(新宿) パルテノン多摩 宝幢院前道しるべ 熊野商店街 大島 竪川水門 吉原神社 吉原弁財天・吉原観音像 同潤会三ノ輪アパート 首都高 今戸 土手通り パラティカインドネパールキッチン 日本橋川 荒川ロックゲート 丸健水産 待乳山聖天 ベルコリーヌ南大沢 日の丸酒場 多摩センター 東用水せせらぎ通り もみじ橋 小菅水再生センター 南大沢 雑司ヶ谷鬼子母神 王子 三ノ輪 奥戸街道 小名木川 品川インターシティ 千本桜(神奈川県大和市) 二毛作 深川不動堂 逆井橋 東京駅 谷中 古隅田川 ルーサイト・ギャラリー 隅田湯 金町 雑司ヶ谷案内処 中華そばターキー 吹上稲荷神社 御茶の水 亀戸 葛飾区 旧玉の井(東向島5丁目) 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 来集軒 新小岩ポンプ場跡 隅田キリスト教会 上下之割用水 味とめ いろは会 赤羽台団地 證願寺 リバーシティ 東京スカイツリー 小沢理容店 雑司ヶ谷 東墨田 江戸川 小菅神社 青戸 法真寺(赤羽) 赤坂プリンスホテル新館 普門院 名主の滝公園 逆井庚申塚通り 浅草松屋 東向島駅 富岡八幡宮 三河島朝鮮マーケット 大塚坂下町公園 いこい 鳥房 浅草橋 稲荷公園 勝ちどきマリーナ 小松川テクノタウン 虹の大橋 東金町 品川富士 大島百貨店 新小岩公園 三郷 亀久橋 水元さくら堤(桜土手) サンリオピューロランド 十条富士見銀座 あらかわ遊園 王子神社 千束稲荷神社 音無もみじ緑地 金町関所 愛知屋 斉藤酒場 東日暮里 社会文化会館 向島 今戸橋 浅草寺・浅草神社・二天門 寛(雑司ヶ谷) 隅田川駅 サンスクエア 両国橋 旧米軍王子野戦病院 雑司ヶ谷電停 白鬚防災団地 直居アパート 上川口屋 神田川水神社 T.Y.HARBOR_BREWERY 御茶ノ水駅 上平井水門 東立石 サトリ珈琲店 玉の井(墨田3丁目) まるます屋 神田川出入口 亀戸餃子 多摩中央公園 音無さくら緑地 戸ケ崎 東金町運動公園 稲付公園 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 柳橋 旧安田庭園 しちりん半 たつみ橋 千住回向院 仲之橋(神田川) 高砂駅 荒とよ 玉の井いろは通り 南砂 清澄庭園 中央卸売市場築地市場 都電もなか明美 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。