東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
15
 
細田のもっこり竹の子バス

「もっこり」
「...」
「もっこり竹の子」
「...」
「もっこり竹の子観光(株)のもっこり竹の子バス」
「...」
「細田のもっこり竹の子観光の...」
「だからなんなんだよ!」
「いやだから、葛飾ひゃっ景006のエントリ作品に決まってるだろ」
「なんでこれが、ひゃっ景なんだよ、もう」
「だってさ、細田町に関して日本で一番有名なのがこれじゃないかと思ってさ。インターネットじゃ、『もっこり竹の子バスみました』って話題で持ち切りだぞ」
「いやそういうことじゃなくてさぁ。これは葛飾の景観を追う企画じゃないのかよ」
「違うぞ。おれが追ってるのは『景』であって『景観』なんかじゃないぞ」
「おまえの云うことは、いちいち、よくわからんナ」
「いいじゃないか、細かいこと気にするな。そんなことより、おまえも声に出して読んでみろよ。しあわせな気分になれるぞ。斎藤孝先生もおっしゃってるぞ」
「云ってない、云ってない!」
「最初はさ、恥ずかしいんだけど、段々、快感になってくるんだ」
「なるか!、そんなもん」
「バスガイドさんも、最初は恥ずかしかったろうな」
「そりゃな」
「小学生の遠足とかにも使うのかな。きっと小学生にはバカウケだろうな」
「ああ、そうかもな」
「細田の小学生も使ってたのかな?」
「知らんわ」
「インターネットで調べたらさ、皇居でやる叙勲セレモニーの送迎の仕事が入ったんだけど、社名が社名だけに、宮内庁から『次回からはご勘弁ください』と断られたらしいぞ」
「まあ、ある意味、不謹慎だもんな」
「きっと、もうひとひねり必要だったんだな」
「なんだそれ?」
「こっそり『もっこり竹の子観光(笑)』に書き換えとけば、会場、大爆笑だったぞ。なあ、一応アドバイスしてあげたほうがいいかなぁ」
「おまえ、前回と違って、やけに饒舌だな」
「...」
スポンサーサイト
Tag : 細田 
    00:12 | Top
 
13
 
江戸川縁領々地図

「細田の町を語った時、とりとめのなさの理由が弱すぎるって云ってたじゃないか」
「まあ...」
「たしか、『空間的にはエアポケット、経済的には地主さんの存在、この2つの理由で土地の流動化が起きず、結果、ある種の風景の構造が残り続けた、でもそれだけじゃない』とか、小難しげに講釈してたんだけど、あれ、ちゃんと説明してよ」
「...ああ...」
「何だよ、その乗り気の無さ加減は?」
「...じゃあ云うよ。おまえさあ、他人様の町を歩くなら、もうちょい謙虚になった方がいいんじゃないか?」
「通行人の邪魔にならない、大勢でつるまない、住宅の中まで覗かない、その辺は気をつけてるつもりだけど..。面白いもの見つけたりすると大声出しちゃうんで、それは反省してる。それから、町への感謝を込めて打上げはちゃんとその町の呑み屋でやってるぞ」
「いや、そういうのは大切なんだけどさぁ、なんて云うかな、もうちょい下調べしてから町に出た方がいいんじゃない?」
「...。何が気にさわってるんだよ?。まあ、細田の町で話を聞かせてくれたおじさんにも、そっくり同じこと云われたんだけどさ」
「だろ。ここまでの話を聞いてて、町の歴史みたいなことが全然出て来ないじゃないか。それが気になったんだよ。やっぱ、その辺は欠かせないよ」
「...。具体的に説明してよ」
「じゃあ、まずはこれ。冒頭の絵図は何だかわかる?」
「江戸時代だな。左は中川で右は江戸川だから、現代の葛飾区・江戸川区だね。画面真ん中に『細田』の文字が読める」
「薄い水色のラインは用水路だよ。小合溜から用水路が流れてる。上下之割用水だ。この用水路のおかげでこの辺りの農業用水が確保できた。いわば江戸食料安保の生命線だね」
「これは以前、歩いたことあるな。そのときは高砂から西側の用水路に沿って中川まで歩いたんだ」
「小合溜から流れだした用水路は新宿で小岩用水と分水する。さらに曲金・細田辺りで、東用水・中用水・西用水に分岐する。東側を流れる用水が、この前見てきた『東用水せせらぎ通り』に当たる」
「うん。東用水と西用水は実際に歩いたからわかる。中用水は?」
「西用水と中用水に2つに分かれる場所は今の細田橋あたりだね。中用水の進路は今の新中川と重なってるんだ。だから中用水は中川放水路の川底に沈んでしまったのさ」
「中川放水路も新金線もない時代の細田には、2本の平行する用水路が目立ったろうね。細田のランドマークだ」
「平行する2本の幹線用水路、その合間に広がる田圃。その風景って本当に想像できる?」
「たぶん。いや、念を押されると自信なくなってきた...」
「じゃあ、次の地図」
昭和22年新東京区分詳細図
「新金線は開通してるね。環七はもちろん、中川放水路もまだ出来ていない」
「昭和22年、太平洋戦争直後の葛飾区だよ。細田町について気づくことは?」
「あれっ、道路がごちゃごちゃだ。今と全然違う。まっすぐなのは東用水だけで、それ以外は見事にねうねしてる」
「当然、田圃もうねうねしてて、全然、四角形じゃない。gooのマップに当時の航空写真が載ってる」
「昔から当たり前のように整形だったのかと思ってた。東用水と新金線の直線に惑わされてた。完全に思い込みだ」
「だろ?、勉強してから町へ出ろって云ったのはそういうことなんだよ」
「区画が整形になったのはいつだろう?」
「じゃあ、3つ目の地図」
昭和35年都市計画図
「中川放水路が地図に登場してる。細田町は...整地されてる。今と同じ道路だわ」
「これは昭和35年の都市計画図だよ。中川放水路の通水式典は昭和38年だから、まだ水は流れてはいない。放水路の姿は見えてきたけど、まだ工事の最中で土ぼこりが立っていたんじゃないかな」
「ふうむ、整地されたのは昭和20年代から30年代にかけてのことなのか。意外と最近の風景なんだ。しかもとんでもなく人為的な風景だというのにびっくりだな。この薄い黄色は何を示してるの?」
「当時の都市計画で、赤は商業地域、濃い黄色は住居地域、薄い黄色は緑地地域だね」
「リョクチ?」
「うん、緑地地域。平ったく云えば、農業のための土地ですってこと。農家の人の自宅とか農業の仕事に関わる建物しか建てちゃいけない、薄い黄色はそういう意味だね。それも、今のスキマだらけの風景に繋がっているのかもしれない」
「それにしても、道路も田圃も町ごと直線になって、目の前では中川放水路の大工事の真っ最中、なんか騒がしい時代だな。その割には、都市計画的には依然として農業の場所のままだったんだな。別の意味で、とりとめないわ、これ」
「耕地整理があって中川放水路の大工事があって、町の風景は激変した。放水路通水の翌年には東京オリンピックが開催される。時代的には三丁目の夕日とそのまま重なるんだよ。そして、細田の町の姿の骨格であるはずの東用水は、町の風景が出来でくるのと平行して、皮肉にもドブ川でしかなくなっていく。これって、三丁目の夕日的な下町物語では知ることのできないトリビアな風景だと思いませんかタモリさん68へぇ」
「おまえ、突然ボケを入れるんじゃないよ、わかんねえよ。まあでも、今回は勉強になったナ」
「いま、まだ終わりじゃないよ。もうひとつ見せたいものがある」
「いや、見るのはいいけどさ...。今回のエントリ、長過ぎるよ。いい加減、飽きてきた」
「まあそういうな。もうちょっとだからさ。で、ちょっとこれを見てよ。隣町である新小岩の変遷を追ったページなんだけどさ」
「なんで新小岩が隣町なのよ?」
「ヒントは新金線。貨物専用線に客車を通して、細田に駅が出来るって噂、聞いたことない?」
「そういえばそんな噂があったって、町の人から聞いた。細田小学校のある場所が駅になるはずだったんだって云ってた」
「新金線は新小岩と金町を結んでる。だから、バーチャル細田駅から見たら、新小岩は隣町に当たる。という前提で、これを見てよ」
「見たけど。随分、綺麗な色使いだなあ。わかりやすくて、まちあるきの助けになる」
「でね、新小岩駅が出来る前の新小岩は細田と同じように、道路も田圃もぐにゃぐにゃの風景だったんだ。駅が出来て耕地整理やって、そうしたら昭和30年代に急激に発展していくわけよ。駅が出来たのは昭和3年、耕地整理はそれ以降。いずれも、細田の耕地整理より一時代遡る頃の話になる」
「細田の人も、新小岩みたいになることを期待してた?」
「それは人さまざまだろうね。町が発展することを期待する人もいれば、今のままでいいからそっとしておいてくれという人もいたに違いない。でも、隣町の耕地整理後の変化をリアルに見てた人にとって、駅が出来るかもという噂は、期待にしろ不安にしろ大きなインパクトを与えたんじゃないかな」
「でも、幸か不幸か、そうはならなかった... 」
「おまけに中川放水路が出来たために、新小岩はちょっと離れた町になってしまった。耕地整理、一変する風景、駅への期待...その辺の心情を思うと複雑だな」
「うん。本当にとりとめがなとしかいいようがない」
「そうだね。実にとりとめがない」
「...」
    22:49 | Top
 
10
 
東用水せせらぎ通り

「これは?、歩行者用の専用道路?」
「『東用水せせらぎ通り』って云うんだ。昔、ここに農業用水が通ってて、そこを暗渠にしてこうなった。かれこれ10年くらい前のことみたい。この通りも、『細田中央通り商店街』に負けず劣らず、どこまでもまーっすぐに延びてるんだぜ」
「用水路だから『せせらぎ』ってわけか...」
「でも、地元の人の感覚は100%ドブ川って感じだった。50~60歳くらいの人、何人かに聞いてみたんだけど、ありゃドブだね、夏場は臭った、かなりくさかった、ザリガニなんていねえよ...、こんな話ばかりでさ。ちなみにザリガニ採りは高砂の怪無池まで行ってたらしい。怪無池は歩いたことあるんだけど、まったりしてていいところだよ。きっと当時の面影を残してるんだろうなぁ」
「今回は細田のまちあるきなんで、話題、戻していい?。地元の人のせせらぎ通りへの思い入れみたいなのはどうなの?」
「うーん、正直云ってわからない。たかだた1時間歩いただけなのに、そこまで詮索するのは失礼だしね。ただ個人的な印象で云うと思い入れ云々は感じなかったな。あまりに日常化してしまっているせいかもしれんけど」
「どういうこと?」
「さっき云ったように、昔の風景を知ってる人達は『臭いドブ』に蓋が架かってすっきりした、でしょ。そうそう、せせらぎ通りで小学生2人組に出会ってさ、いろいろ話し聞きながら町を歩いたのよ。でさぁ、『なあ、おまえら、ここで遊んだりする?』って聞いてみたのよ。」

細田小学校脇の市民農園?
 ↑
細田小学校の隣にある市民農園?、小学生に案内してもらった。ここを管理してるおじさんにも話を聞いた。

「そしたら?」
「なんか夏にはここで遊ぶらしい。写真にもちょっだけ写ってるけど、歩道脇に水が流れる風の仕掛けがあるのよ。温泉街の駅前とかに観光用の足湯があるじゃない、あれイメージしてもらえばいいけど。で、夏場の暑い盛り、1週間くらいかな、実際に水を流すらしいんだよ。その時はここにやってきて遊ぶんだ、みたいなこと云ってた。でもそれって、思い入れとはちょっと違うかも」
「でも、親しまれてるんだから、それでいいじゃないか」
「うん...でもなぁ...なんかなぁ...ああそうだ!。もうひとつ、『この道はどこまで続いてるの?』ってのも聞いてみた。そしたらさぁ『ずーっと!』って答えが応ってきて、でも俺も負けずに『でも終点はあるんだろ?』って言い返したら『あるっ!』って、がぜん話に乗ってきてさ。二人とも終点の話に熱くなってさ、手を引っ張って終点まで連れていこうとするのよ」
「なにそれ?、単に子供にウケましたってこと?」
「いや、なんかさ、おまえの云う『思い入れ』っていうのか?、それって俺なりに思うのはさ、『この道はどこまで続いてるの?』みたいな探究心と近いものではないかと思うんだ。せせらぎ通りってさ、明らかに変な道じゃないか。どう見たって普通の道路じゃない。道路の真ん中がピカピカツルツルのタイルで敷き詰められててさ、子供、特に男の子はそういう変なものが目の前にあったら探検したくなるのよ。この先はどうなってるんだろ?って思って歩き始めたりするわけさ」
「それでいいじゃん。小学生2人組もそうだったんだろ?」
「いやよくない。普通はさ、そんなに簡単に答えなんかでないんだよ、だって道路に終点なんて無いからさ。最初は気紛れで歩き始めたら、全然、終点が見つからなくて、そのうち日が暮れて、家に帰れなくなりそうで、泣きながら戻ってくる。次の日、早起きして、駄菓子屋で食べ物調達して、覚悟を決めて探検に出かける。そういう経験の残骸のことを『思い入れ』って云うんじゃないかと思うんだ」
「深い体験に至ることなく、あっさり終点が見つかっちゃうのが残念ってこと?」
「まあ、そうかもしれない。男の子の好奇心ってさあ、どこかにはみだしていくものに向かうものじゃないか。学校でも塾でも自分の住む町でも、そういう場所から、はみだしていく先に何か得体の知れない気配を感じてさ。せせらぎ通りも、そういう雰囲気があってもいいのかもしれない。別にさあ、ああいう風にきちんと整備されて無くてもいいと思うんだよ。終点があって終わりじゃなくてさ、その先に余韻があって、その余韻がなんか怪しいとかさ。なんつうかさ、今の感じだとRPGゲーム的に難易度が低すぎる気がする」
「でも、そういうのって安全面でクレーム来るんじゃないかな」
「だろうなあ...」

どんぐり拾った
 ↑
「どんぐり拾った」と自慢げに見せてくれる小学生。東用水せせらぎ通りにて

「ところで、町を何人くらいで歩いたんだい?」
「えっと、4~5人でグループになって、そのグループが2つ。片一方のグループは町の反対側まで行ったらしいんだけど、俺がいたグループは、何か見る度に立ち止まっちゃうせいか、ほんの少ししか歩けなかった」
「町の人、子供達のことは聞いたけど、まちあるきした人達は『せせらぎ通り』にはどんな感想持ったんだい?」
「歩行者専用道の脇が、ゴミ収集場になっててさ、そういうのに感心が集まってた。あと、ほんの少しだけど、鋪装されてない土がむき出しの部分があって、そこに野菜が植えてあるの誰かが見つけて、それも面白いって事になった。ああそうか、そういうのがRPG的に難易度に貢献すればいいのか」
「おまえは何に関心持ったんだい?」
「俺?、俺はポンプ室だな」
「ポンプ室?」
「さっき夏場に水を流すって云ったじゃない。その水を流すときの動力だよ。歩道に忽然と意味不明のオブジェが立ちはだかってて、何かそそられるなあって。俺が子供だったら間違いなく潜入したね。『あそこ、潜入したことある?』って聞いてみればよかったな」
「やっぱ、おまえ自身がクレームの対象だ!」
「...」
    11:52 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

九段会館(旧軍人会館) 三ノ輪 小菅 十条仲原 倉井ストア 千本桜(神奈川県大和市) 東金町運動公園 荒川ロックゲート 宝幢院前道しるべ 伝法院通り 三郷 同潤会 東京駅 しちりん半 隅田川 丸健水産 番所橋 大島 三菱製紙金町工場跡 小菅神社 ボンドストリート 新大橋 亀戸 尾久 竪川水門 南大沢輪舞歩道橋 水元公園 旧玉の井(東向島5丁目) 神田川 大塚坂下通り 愛知屋 浄閑寺(投げ込み寺) 両国JCT カフェ下ノ谷 八幡堀水路跡 江戸橋JCT 東墨田 コツ通り 王子神社 東金町 カド 立石 雑司ヶ谷 旧安田庭園 旧小松川閘門 荒とよ 三平坂 深川神明宮 寛(雑司ヶ谷) 南砂 あらかわ遊園 鷲神社 金田 今戸 直居アパート 江戸川 玉の井(墨田3丁目) 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 鶴見(神奈川県横浜市) 小菅水再生センター 21 都電もなか明美 西日暮里 多摩中央公園 竪川河川敷公園 真生寺坂 サンストリート亀戸 砂町銀座 日本橋浜町 両国駅 王子 上下之割用水 たつみ橋 鎌倉 浅草 玉の井いろは通り 奥戸天祖神社 醸造試験所跡地公園 堀切 水道橋駅 サンリオピューロランド 鳳生寺 尾久の原公園 新小岩公園 京成本線 首都高 清澄庭園 福富川公園 隅田湯 隅田キリスト教会 いこい 浅草橋 王子の森集合住宅 両国回向院 日暮里 玉姫公園 梶原商店街 江戸東京博物館 西井掘せせらぎ公園 高砂 東立石 多摩センター T.Y.HARBOR_BREWERY 水道橋 隅田川神社 宮田ボクシングジム 名主の滝公園 洲崎緑道公園 聖橋 白髭橋 二毛作 音無もみじ緑地 豫園飯店 平井 稲付公園 廿世紀浴場 東立石緑地公園 立石(旧赤線) 王子装束稲荷 同潤会三ノ輪アパート 扇屋 斉藤酒場 新小岩ポンプ場跡 門前仲町 水元 千登利 荒川車庫 千住回向院 カフェこぐま 亀戸中央公園 あっぷるロード 両国 青砥駅 西ヶ原一里塚 三井アウトレットパーク多摩南大沢 元町公園(文京区) 稲荷公園 大塚坂下町公園 芭蕉庵 両国橋 小沢理容店 もみじ橋 高砂諏訪橋 キラキラ橘商店街 京成本線 京成日暮里駅 谷中初音小路 小名木川 天王洲水門 今戸橋 浜町公園 御茶ノ水駅 町屋 国技館 立石様 玉の井(墨田3丁目) 九段下ビル 音無川親水公園 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 大島百貨店 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 神田神保町 新宿(葛飾区) 勝ちどき橋 平澤かまぼこ店 赤羽台団地 東日暮里 音無さくら緑地 白鬚防災団地 吉原神社 品川富士 三ノ輪橋 パラティカインドネパールキッチン 竜泉 いろは会 吉原 新宿地下通路 東用水せせらぎ通り 東京スカイツリー 高砂駅 旧米軍王子野戦病院 サンスクエア 逆井庚申塚通り 隅田川駅 品川インターシティ 伊勢屋・中江 一葉記念館 雑司ヶ谷電停 パルテノン多摩 熊野神社(新宿) 亀久橋 荒川 飛鳥山公園 赤羽八幡神社 満願稲荷 十条駅 のらくろーど 鐘ケ淵駅前商店街 御茶の水 サンロード中の橋 柴又 白山堀公園 タカラトミー 富岡八幡宮 荒川放水路 土手通り 赤羽緑道公園 八潮 三河島仲町商店街 葛飾区 品川浦 東京都慰霊堂 上川口屋 山谷 東大島駅鉄橋 逆井橋 戸ケ崎 品川宿 上平井水門 十条銀座商店街 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 昭和館 ふくろ 金町関所 證願寺 神田川出入口 都電 浜前水門 味とめ ベネッセコーポレーション東京ビル 浅草寺・浅草神社・二天門 天王洲アイル 金町 小松川テクノタウン 鬼子母神通り商店街 谷中 鳩の街通り商店街 立石熊野神社 辰巳新道 奥戸 新小岩 東陽 日本堤 清澄長屋 雑司が谷旧宣教師館 三河島 ルーサイト・ギャラリー 神田川水神社 京島 コリナス長池(京王堀之内) 東向島駅 赤羽一番街 雑司ヶ谷鬼子母神 船方神社 ミツワ 浅草松屋 向島 清水坂公園 水元香取神社 橋場 護国寺 萬年橋・新小名木川水門 水元さくら堤(桜土手) 古隅田川 諏訪台通り 東堀切 吉原弁財天・吉原観音像 サトリ珈琲店 深川不動堂 博多 雑司ヶ谷弦巻通り 俎橋 中川番所跡 東立石水神社 待乳山聖天 社会文化会館 立石仲見世 青龍神社 勝ちどきマリーナ 吹上稲荷神社 平賀源内墓 奥戸街道 虹の大橋 赤羽西 日光御成街道 静勝寺 来集軒 日本堤大林 日本橋川 中川 仲之橋(神田川) 普門院 和楽 新金線 日の丸酒場 赤羽台トンネル まるます屋 呑んべ横丁 千束稲荷神社 荒川自然公園(三河島水再生センター) 細田橋 雑司ヶ谷案内処 鳥房 小松川神社 さくら新道 南大沢 三河島朝鮮マーケット 赤坂プリンスホテル新館 ハト屋(コッペパン) 三ノ輪アパート 熊野商店街 赤羽香取神社 西井掘 中央卸売市場築地市場 亀戸餃子 新宿中央公園 赤羽 中華そばターキー 平久橋 平久川 柳橋 押上 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 南橋大橋(ちんちん山) 四季の路公園(京王堀之内) ベルコリーヌ南大沢 福田稲荷神社 十条富士見銀座 法真寺(赤羽) 木場 リバーシティ 青戸 八広 森下 細田 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。