東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
04
 
VIVA_TANBO_チラシ表 VIVA_TANBO_チラシ裏
スポンサーサイト
Tag : 葛飾区 
    13:00 | Top
 
04
 
大正6年、東京
「どう?、大正6年の葛飾まちあるきは考えた?」
「いや...なんかさ、行きづまっちゃってさ。ていうかさ、そもそも、『葛飾』ってのが微妙すぎるっていうかさ」
「なにそれ、どうゆうこと?」
「昔さ、京成に葛飾駅ってあったの憶えてないか?。で、あの辺には葛飾町って名前の町もあるんだよ。でさあ、そうやって考えてみると、葛飾区の辺りは『葛西』なのよ、俺のイメージ的には」
「まあ、それを云ったら東西線に葛西駅ってのもあるけどな」
「そりゃそうなんだけど...。つまりな、葛飾って元々、江戸の西の千葉・茨城・埼玉一帯を指す言葉だよね。でもって、葛飾の中心ってのも強いて云うと船橋市から市川市くらいまででしょ」
「葛西ってのは葛飾の西半分って意味で、東金町には葛西神社があるな。そもそも葛西氏って地方豪族が由来ってのもあるけど...」
「だからさ、ある意味、漠然と広い地域を指す言葉じゃないか、『葛飾』って。それを区の名前に使っちゃうってのはさ、意外と、苦し紛れに適当につけちゃった名前なんじゃないのって思えてきたのよ。やべ、もう名前が思い付かないよぉ...面倒くさいから、葛飾でいいか、みたいなさ」
「それも、おまえのとりとめのなさ説の理由付けかい?」
「いや、そういうわけでもないんだけどさ。でさ、ちょっと地図を見てくれよ」
「例の大正6年の地図だね」
「辺り一面VIVA田んぼ状態の土地があってさ、そのうち、江戸/東京に近い部分を新たに区として編入したんだよな。それで、葛飾区が出来上がった」
「廃藩置県で東京府葛飾郡になって、明治11年に東京府南葛飾郡に呼び名が変わって、昭和7年に東京市葛飾区って流れだな」
「大雑把に云うと、隅田川から江戸川の間を足立区・葛飾区・江戸川区の3つに分けたってことだよな」
「それで?」
「普通、大きな川が流れてたら、その川で分けるよね。実際、隅田川でも江戸川でもそうやってるしさ。なんで、中川で分けなかったんだろ?。つうかさ、なんで3つに分けたん?、2つに分ければ、ちょうど中川が区境になるし、その方が自然じゃん」
「2つじゃ、一つ一つが大きすぎるんじゃないか。江戸川区なんて、かなり細長くなっちまうよ」
「それならさ、2つじゃなく、4つに分ける案はどうよ?。足立区Aと足立区B、江戸川区Aと江戸川区B。これでも、中川が区境になって自然だよ」
「こだわるねぇ。想像だけど足立区は最初から足立区一本だったんじゃないかな。足立区の前身は南足立郡、葛飾区と江戸川区は南葛飾郡だろ。もともと、行政区が違っていたから、そこをガラガラポンする発想はなかったんだと思うぞ」
「なんで?」
「官僚にとって自分の管轄する土地を変更するのって重大事件なんだよ。土地が減っちゃった方は沽券に関わる。固定資産税なんかも減っちゃうだろ」
「なんか理不尽な話だなぁ」
「南足立郡と南葛飾郡の境界は古利根川なんだよ。それが延々踏襲されて、今の足立区と葛飾区の区境にもなってる。今の亀有の北側辺りな。まあそんなわけで足立区は確定。残りの南葛飾郡を2つに分けた。その場合、中川を区境にすると、2つの区の大きさがバランス悪すぎるんで、今の形になったんじゃないかな」
「なんか、それこそ、とりとめのない作られ方だなぁ、葛飾区ってそんなもんなのか?」
「いずれにせよ、そんなこんなで、大きな川が区の中心を通ってる、ある意味珍しい特徴を持つ葛飾区が誕生したって訳だ。そこは結構、大切な視点だよ」
「けどさあ、地図眺めて思うのはさ、葛飾区内の中川には一本も橋が架かってないんだよ、大正6年の時点では。川のこっちと向こうで1つの区ですなんて云われても、実感、ないんじゃないかなぁ」
「実際、地域の一体感というのかな、アイデンティティみたいなのがどうだったのか、これは興味ある問題だな」
「中川って、結構、大きな川だよね。渡しで行き来できるにしても、日常の生活の中で、頻繁に行き来する必要なんてあったとは思えないよ」
「いやまさしくそういう見方について、中川の両岸を歩くことで確かめるってのはいいテーマかもしれない」
「何の話だよ?」
「いやだから、大正6年の葛飾まちあるき...」
「そこに持ってたか。もう、忘れてくれたかと思ってたのに」
「それから、さっき出てきた古利根川の区境ってのも見どころかもしれない。中川左岸の小合溜、中川右岸の古利根川跡という対比になるな。小合溜自体も古利根川の跡を利用して造った溜井だし、江戸時代には亀有側にも亀有溜っていうのがあったらしいから」
「ふうむ」
「中川の両岸を対比すると他にも面白い切り口が生まれるかもしれない」
「葛飾、右岸と左岸の進歩と調和!。なんか大阪万博みたいだ」
「前のエントリでは舟に乗ったら面白いんじゃないか的なコメントももらってるから、その辺も忘れないでくれよな」
「なんか、勝手に話を進めてないか」
「じゃ、そういうことで、後はヨロシク!」
「...」
Tag : 葛飾区 
    07:43 | Top
 
03
 
大正6年、葛飾(のようなもの)
「うひゃ~、あたり一面、田圃ばっかりだ」
「これは大正6年の地図だよ。この頃の葛飾はまだ東京市ではなく、南葛飾郡の一部だった」
「う~む、金町駅・亀有駅はあるけど綾瀬駅はない、小岩駅はあるけど新小岩駅はないや...。つうか、それどころの騒ぎじゃないわ。新中川もなけりゃ荒川も存在しないじゃないか」
「荒川も新中川も人工の放水路、荒川放水路は明治44年着工、完成は昭和5年だから、掘削工事の真っ最中。中川放水路は計画自体は太平洋戦争前にあったけど、開削が本格化したのはカスリーン台風(昭和22年)の被害があってからで、完成は昭和38年だから、ずーっと後の話だよ」
「新中川はともかく、荒川まで地図にないと、すごい不自然に感じてしまうわ」
「荒川・新中川のほうが、よっぽど『不』自然であったんだけどね。人間、慣れるもんだ」
「しっかし、見るからに田圃だらけだなぁ。あるのは村ばっか。ざっと見、町と名乗ってるのは新宿町だけじゃん。ぶっちゃけ、町歩きでなく村歩きになっちゃうな」
「葛飾の全ての村を歩きます。村人と一緒に歩いて、あるもの探しをします!って企画はどうよ?」
「いやそれ、しんどすぎるだろw。360度水田の風景の中にぽつんぽつんとある村を歩いて回るわけだろ。あるもの探しって、何かあるのか。ヘラブナやカエルなんてそこらじゅうにいるだろうから、そんなの注目しないよな。こだわりの鍬や鍬とか、この畦道の微妙なカーブ萌え!とか、夕日に筑波山が映えますなぁ、ああこりゃあ粋だぁとかか」
「葛飾の場合、低地だったせいで、移動用の小舟を持ってる農家が多かったらしいから、小舟のデザインとか、どうかな」
「村をひとつずつ見て回るってのは無理あるんじゃね?。そこまで辿り着くだけで日が暮れちまうよ」
「村を周遊するみたいなこと?。それだとコースを設定する必要があるな」
「おまえ、何か変な方向に話を持っていこうとしてるだろw」
「そのコースの見どころをキャッチコピーにまとめるのも重要だぞ」
「おいおい...」
「企画の名称は『VIVA!田んぼ!』でいいよな」
「...」
「早く、つづき書けよ。待ってるぞ」
Tag : 葛飾区 
    17:05 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

和楽 隅田川 あらかわ遊園 奥戸街道 同潤会 門前仲町 ベルコリーヌ南大沢 尾久 丸健水産 呑んべ横丁 ベネッセコーポレーション東京ビル 八潮 玉の井(墨田3丁目) 熊野商店街 奥戸 京成本線 京成日暮里駅 水道橋駅 浅草松屋 一葉記念館 荒川放水路 中川 たつみ橋 両国 サトリ珈琲店 金町 立石仲見世 熊野神社(新宿) 日本橋川 神田川 俎橋 清澄長屋 東大島駅鉄橋 パルテノン多摩 いこい 青戸 荒とよ 新小岩 三平坂 味とめ 南橋大橋(ちんちん山) 竜泉 八幡堀水路跡 赤羽台トンネル 扇屋 上川口屋 雑司が谷旧宣教師館 愛知屋 隅田キリスト教会 勝ちどきマリーナ 21 豫園飯店 金田 小菅 玉姫公園 金町関所 谷中 ふくろ 隅田川駅 吉原 浅草寺・浅草神社・二天門 大塚坂下町公園 白鬚防災団地 鎌倉 東立石 荒川自然公園(三河島水再生センター) 吹上稲荷神社 東京都慰霊堂 二毛作 新宿(葛飾区) 平賀源内墓 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 雑司ヶ谷案内処 新宿中央公園 芭蕉庵 亀戸中央公園 ボンドストリート 竪川水門 大島百貨店 水元香取神社 水元さくら堤(桜土手) 旧安田庭園 聖橋 両国駅 直居アパート 鷲神社 小菅神社 来集軒 勝ちどき橋 三河島朝鮮マーケット 赤羽台団地 四季の路公園(京王堀之内) 中華そばターキー 福富川公園 新小岩ポンプ場跡 三ノ輪アパート 浜前水門 千束稲荷神社 清水坂公園 南砂 白髭橋 高砂諏訪橋 船方神社 伊勢屋・中江 三河島 天王洲水門 社会文化会館 亀久橋 東堀切 赤羽西 王子 千住回向院 あっぷるロード 森下 仲之橋(神田川) 江戸橋JCT 満願稲荷 普門院 旧玉の井(東向島5丁目) 谷中初音小路 大塚坂下通り 亀戸餃子 両国回向院 醸造試験所跡地公園 逆井橋 旧小松川閘門 東京スカイツリー 辰巳新道 證願寺 十条駅 平久橋 日暮里 宝幢院前道しるべ 浜町公園 赤羽緑道公園 品川インターシティ 富岡八幡宮 立石 三河島仲町商店街 寛(雑司ヶ谷) 平久川 赤坂プリンスホテル新館 赤羽 首都高 日本堤 九段会館(旧軍人会館) 多摩センター 天王洲アイル 両国JCT 上下之割用水 深川神明宮 赤羽一番街 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 西井掘せせらぎ公園 水元公園 新小岩公園 都電もなか明美 小名木川 隅田川神社 東立石水神社 都電 音無もみじ緑地 福田稲荷神社 青龍神社 荒川ロックゲート カフェこぐま 法真寺(赤羽) 神田川水神社 待乳山聖天 カド 千本桜(神奈川県大和市) 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) カフェ下ノ谷 王子神社 鳥房 新大橋 三井アウトレットパーク多摩南大沢 真生寺坂 立石様 鐘ケ淵駅前商店街 平井 中川番所跡 橋場 鬼子母神通り商店街 三郷 十条富士見銀座 今戸 押上 T.Y.HARBOR_BREWERY 木場 パラティカインドネパールキッチン 東金町 いろは会 江戸川 江戸東京博物館 九段下ビル 新金線 倉井ストア 鳳生寺 東立石緑地公園 昭和館 雑司ヶ谷 小菅水再生センター 三ノ輪 三菱製紙金町工場跡 番所橋 尾久の原公園 柴又 竪川河川敷公園 雑司ヶ谷鬼子母神 梶原商店街 立石(旧赤線) 斉藤酒場 キラキラ橘商店街 砂町銀座 小松川神社 静勝寺 サンスクエア 古隅田川 向島 東金町運動公園 多摩中央公園 白山堀公園 今戸橋 水道橋 音無川親水公園 吉原弁財天・吉原観音像 亀戸 日本橋浜町 日の丸酒場 旧米軍王子野戦病院 音無さくら緑地 十条仲原 土手通り 玉の井いろは通り 同潤会三ノ輪アパート 東用水せせらぎ通り 神田神保町 稲付公園 深川不動堂 吉原神社 逆井庚申塚通り 高砂駅 中央卸売市場築地市場 鳩の街通り商店街 護国寺 赤羽香取神社 町屋 十条銀座商店街 洲崎緑道公園 国技館 日光御成街道 サンリオピューロランド のらくろーど 柳橋 諏訪台通り もみじ橋 御茶ノ水駅 東京駅 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 奥戸天祖神社 京島 サンロード中の橋 ルーサイト・ギャラリー 八広 大島 御茶の水 コツ通り 王子装束稲荷 荒川 京成本線 東陽 東日暮里 元町公園(文京区) 稲荷公園 西日暮里 飛鳥山公園 萬年橋・新小名木川水門 赤羽八幡神社 西ヶ原一里塚 小松川テクノタウン 品川浦 西井掘 高砂 千登利 清澄庭園 水元 しちりん半 新宿地下通路 名主の滝公園 山谷 鶴見(神奈川県横浜市) 平澤かまぼこ店 戸ケ崎 荒川車庫 青砥駅 南大沢輪舞歩道橋 品川宿 王子の森集合住宅 まるます屋 廿世紀浴場 三ノ輪橋 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 神田川出入口 隅田湯 伝法院通り 玉の井(墨田3丁目) タカラトミー 南大沢 東向島駅 細田橋 日本堤大林 立石熊野神社 博多 リバーシティ 葛飾区 品川富士 上平井水門 サンストリート亀戸 ミツワ ハト屋(コッペパン) 東墨田 細田 雑司ヶ谷電停 両国橋 堀切 さくら新道 浅草橋 雑司ヶ谷弦巻通り コリナス長池(京王堀之内) 小沢理容店 浄閑寺(投げ込み寺) 浅草 虹の大橋 宮田ボクシングジム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。