東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
17
 
昭和22年、葛飾区鎌倉町
「それじゃぁ、次は昭和22年の地図を見てみよう」
「毎度お目にかかる例の地図だ。この地図が見やすくて一番好きだな」
「前回、鎌倉新田の中心部を囲む3つの神社について考えてみたんだけど、覚えてる?」
「水路の高低差が、鎮守さまの場所に絡んでるんじゃないかって話だったよな」
「そう。で、その前提として、3つの神社が集落の縁、それも小岩用水の反対側に並んでいたんだ」
「で、その神社を巡ってみるのもよいなぁと」
「3つの神社を巡るまちあるきね。そのルートは古い集落と水田の境界線に重なるんだけど、びっくりすることに旧村落当時の道がそのまま残ってるんだ。現在の地図でもちゃんと確かめられるよ」
「古都一周、ちょっとした歴史散歩ってことか。そういえば、昔、この辺に住んでた友だち意の家に遊びに行ったことあったな。今、思いだした」
「いつ頃の話?」
「もう何十年も前の話。ただ、なんとなく町の中に森がある、鎌倉って町の中にある森みたいなところだなとそんな印象が残ってる」
「古い樹木がたくさん残ってたとか?」
「いや、ほとんど覚えてない。具体的な場所も定かでないしさ」
「でも比喩としてまずまずの出来かもしれないね。こじんまりとした村落の道路が、そのまま残っているわけで、それはまさしく、町の中の森なのかもしれない」
「ところで本日のお題だけど、今日はその森の外側について」
「町はずれってこと?。集落の周りもさ、田圃のあぜ道がそのまんま道路になりましたって感じだよな。集落の中心から町のはずれまで数分、もうそこは一面の田んぼの世界、ってのが終戦直後の鎌倉ってことか。なんか、のどかな風景だ」
「はずれかどうかは知らないけど...。ほんとに『のどか』だったのかしらん?、それって安直な先入観なのかもしれないというお話。とりあえず、比較の為に昭和35年の地図を貼ってみようか」
昭和35年、葛飾区鎌倉町

●町の中心、町の周辺

「この頃になると、すっかり様変わりしてるわ。特に小岩用水の右岸、細田町と同じように四角形の直線的な街区になってる」
「小岩用水と細田町をつなぐ道路も、よく見ると、昔あった道を活かしてるんだけどね」
「まあ活かしてるといえば活かしてる。この道路は昔はこの道だったんだろなって、推測できるからさ。でも、なんか違う気がするわ」
「細田町の場合、ゼロから町を作り替えましたっていっていいくらいの大変化だったんだけど、鎌倉の場合、全ての道にどれも微妙に手が加えられてて、それで昔とは全く別のイメージになってるのかもしれないね。でも、それはあくまで地図を眺めただけの印象論でしかないよ」
「実際の町の風景はどうなんだろってことか?。小岩用水から途中、もう一本、用水路が分岐してるけど、その両岸なんて、すごい変わりようだけどな」
「まったくのニュータウンの風景なのか、鎌倉新田の風景の名残りが残ってるのかってことね。それは実際、歩いてみないと」
「対照的に、古くからの集落の中心部はそんなに変化してる様子はないな」
「すでに家が密集してて、手を加える余裕なんてなかったのかもしれない」
「ちょっといいか?」
「ん?」
「えっとさ、こういう話の流れだと、なんだか古くからのものが残ってるのが良くて、そうでない場所は悪いみたいなことになりかねないんだけど」
「そう思っていないと?」
「もちろん。実際、いろんな町を歩いてると、ちゃんと変化していく町がいろいろ面白いことが多いわけよ。そりゃ、どう変化するのかってのは大切ではあるんだけど、でも基本、葛飾の町って、『変化』が基調なんじゃねえのかって気がする。町全体は常にあらぬ方向に変化しててさ、だから、その中であまり変化しない場所もそれなりに面白く見える、みたいなことだと思うぞ」
「さきの森の話でいうと、変化しつづける町の中で、突然、変化の速度がゆっくりになる一角があって、そこを『森』と感じたのかもしれないね。そういう意味では、鎌倉は中心部の時間の流れはゆっくりなんだけど、周辺に行くほど変化が大きい」
「まあ、町のイメージってことになると、どうしたって風景が保守されてる場所に注目してしまうけど、おれ的には、ただただ変化してしてしまう風景の町にこそシンパシー感じてしまうな」
「よくわからないけど?」
「おれ、『変な風景が好きです!』ってよく人に説明するんだけど、これ、誤解されるんだよね。『変な』イコール『悪い、良くない』ってことじゃないのよ。『変』は『変化』の変。突然変化してしまったり、変化する予定が何かの拍子で変化を妨げられたり、変化自体に突然変異を強いられたりとかさ、そういうのが本当は味があるんだよ。だから、基本は変化なの」

●鎌倉の東の端、変化がつくった風景

「変化という意味では、鎌倉の町の東端は面白いんじゃないかな」
「昭和22年の地図では、川なのか用水路なのか、それがしっかりと流れてるな」
「最初に取り上げた3つの神社のうち、引っ越ししちゃった東神社はこの水の流れを守護してた」
「流れの周辺は、そんなに開発が進んでるようには見えないけどな。昭和35年の地図を見ても、道路は整ってないし。鎌倉町の中の片田舎って感じかな。あと、鎌倉小学校が出来てるわ」
「小学校って大きくまとまった敷地を必要とするからね。逆にいうと、それだけの土地がこの辺りにはまだ残っていたんだね」
「なるほど。で、それが変化の面白さとどういう関係が?」
「昭和22年の地図を、もう一度見てごらんよ。右下に小さく載せたやつね」
「これは小岩?、四角形だらけの町になってるわ」
「江戸川区側ではさ、戦前に耕地整理をやっていたのね。それで、総武線から京成線にかけて、辺り一面、こういう町が出来ていた。隣の新小岩駅も同じだよね。で、後の高度成長期を迎えると、こうした基盤整備が効をそうして、どんどん人が住み、商売も盛んになり、町が栄えていくんだ」
「鎌倉の風景とは大違いだ」
「でさ、さっき鎌倉の東端は『鎌倉町の中の片田舎』みたいなこといってたけど、それって、鎌倉中心の見方なのよ。別の目線、この場合、小岩中心の目線で鎌倉の東端を眺めると、まったく別の風景が立ち上がってくるよ」
「うーん...、駅前からずーっと整形の四角形の町が続いてて、新築の住宅やお店がどんどんできてる。その先はというと...、なぜだか突然、四角形の町が途切れてて、川だか用水路だからがっつり流れてたりする?」
「つまりさ、この一帯って、小岩の郊外開発の最先端、フロンティアな場所なのよ」
「整形な街区と直線の道路がここだけしょぼくなってて、『おいおい、どうなってんだよ!。道路くらい通しやがれ!』みたいな不満があっても不思議ではないわな。『江戸川区は綺麗に町つくってるのに、葛飾区は何へたれてるんだよ!』みたいなさ」
「だよね。実際、そうだったんじゃないかな。でも、葛飾区鎌倉側から見ると、旧集落辺りにはたくさん人が住んでて、だから、大規模な耕地整理やる理由も余裕もない。それでも、開発圧力は高まっていく。そんな状況で、とにかく急ごしらえで、インフラ整備に着手したってのが、昭和35年の鎌倉東端なんじゃないかな」
「急ごしらえ?」
「うん。新しい道路をつくろうとすると用地買収にお金がかかる。それでも意地でも道路通せ!てことになると、都市計画的には相当アクロバティクなこと、やらざるを得ない」
「例えばどんな?」
「最低限のものしか手をつけないとか。例えば、道路の碁盤目具合に手を抜いちゃうとか、道路の幅を端折っちゃうとか、極端にいうと区の公共事業じゃなく民間デベロッパーの開発に委ねちゃうとか。あくまで例えだけどね」
「けしからん話だな!」
「でもさ、そういう切羽詰まった事情があったりすると、いろいろ変わった、それこそおまえがいうところの『変な風景』が出現してる可能性大なわけで、だから行ってみる価値あるんじゃないかと思うよ」
「他にも、北総線とかもあるけどね。それは古い地図ではわからないから、今回取りあげなかったけど」
「なるほど。とりあえず、鎌倉の『変』は、1に旧集落の道路&用水路と3つの神社、2に細田町との境界付近のとりとめなさげな変容、3に鎌倉東端のアクロバティックな風景、ってことでいいかな」
「変は変化の変ってことでよろしく!」
「じゃ!。報告を楽しみにしててよ」
スポンサーサイト
Tag : 鎌倉 
    08:32 | Top
 
13
 
TITLE
「今度の土曜は葛飾区鎌倉まちあるきだね」
「うひょー、もう次回がやってくるのかぁ!」
「なにせ1年で葛飾区内全30町を歩き尽くす企画だからね。工程はタイトなんだ」
「つうかさ、堀切も東堀切も何にもエントリ上げてねぇぞ。まとめ作業遅すぎだぁ」
「おまえの無駄話が多すぎるせいじゃないの?」
「いや、おまえの能書きが多すぎるんだと思うぞ」
「まあどっちにしろ、まとめ方を考えないとまずいよね」
「だからさ、さっさと本題に入ろうぜ」
「っつうことで、これは昭和7年、葛飾区鎌倉町」
「何でいちいちさ、"葛飾区"ってつけるん?、鎌倉でいいじゃないか」
「だってさ、鎌倉っていったら普通は神奈川の鎌倉だろ。googleからとんでくる人もほとんどが、そっち目当てだと思うんだ。だからさ、『いや、ここは違いますよ。これは葛飾区のですから』って書いとかないと誤解招くだろ。なんておれって親切なんだろ!」
「またそうやって、無駄に字数増やしてるわけだ...。昭和7年の鎌倉町だけど、これは昔ながらの村落の形のままってことでいいのか?」
「京成線が町のど真ん中を分断しちゃったけど、それ以外は見るからに農村って感じだよね」

●小岩用水の反対側、村を囲む3つの神社

「北側にさくらみちがあって、町を南北に小岩用水が流れてる。この2つの用水路に挟まれたところが町の中心部だな」
「鎌倉小学校のバス停から鎌倉町バス停辺りまでだね。こじんまりとしたエリアだ」
「鎌倉は江戸時代の新田開発で村落としての体裁が整ったんだ。この辺りが葛飾区鎌倉のオリジナルなんだろうね。ところで、町の北側と東側に鳥居が合計3つあるのわかるかな?」
「町の北側、さくらみち沿いのが八幡稲荷神社、北東に建ってるのが八幡神社、東のはずれのやつは...、今の地図には載ってないや」
「東のは鳥居のマークこそ載ってないけど、その場所とおぼしきところが緑地広場のような色がついてるね」
「歩く際に確かめてみるするかな」
「で、3つの神社だけど、それも、村落と水田との境い目、しかも用水路に隣接して建ってるね」
「なるほど...、どれも用水路と収穫の神様ってことだ!。でもそれって変じゃないか?。天下の小岩用水が鎌倉新田のど真ん中を突っ切ってるんだぜ。なんで神様は北側のさくらみち用水路のほうにいるんだい?」
「うん、それは、時間軸と空間軸の両方から考えてみる必要があるね。でも、なかなか深い質問だよ」
「勿体ぶらずにさっさと答えろよ。で、答えは?」
「最初にさくらみちの用水路があって、鎌倉の村が出来た。小岩用水はあとから出来た」
「なんだよ、期待させといて、そんなのが答えかよ!」
「さくらみちって正確には佐倉街道っていうんだけど、これは江戸時代に整備された。鎌倉新田も江戸時代の新田開発だ。小岩用水もそう。江戸時代ってことで単純に済ましてしまうけど、どこから手を着けて、どういう順番で整備されていったのか、いまいち、よくわからない。まったくゼロからの開発なのかというと、あまがちそうでもなく、もっと古い時代から人が住んで農業やってたってこともある。だから、小岩用水が一番後に整備されたとしたら、3つの神社が小岩用水と無関係に建ってる理由になるよね」
「神様は佐倉街道用水で手一杯だったってことか...。神社が創建されたのはいつの頃だろ?」
「順番に行こう。最初は八幡稲荷神社、創建年代は不詳。ここは覆屋が赤く塗られてるんで、地元では赤稲荷と呼ばれてる。2番目の八幡神社、ここは旧鎌倉新田村の鎮守で、相模鎌倉出身の源右衛門、この人がここを開発したんだけど、そのときに鎌倉八幡宮を勧請したと伝えられてる。時代は寛永年間のことだね。3番目の地図に載ってない神社だけど、実はこれは引っ越ししてる。鎌倉1丁目に浄光院ってお寺があるのわかる?。そこに東稲荷って呼ばれてる神社があるんだけど、江戸時代には鎌倉新田村東寄りに建ってたから、東神社と呼ぶらしいよ」
「出てくる年代はせいぜい寛永年間じゃないか。由来を聞いてる限りでは、やっぱり江戸時代より遡るのは難しいし。ってことで、小岩用水後回し説はダメダメなんじゃねえの?」
「まあそういうなって。いろいろな角度から考えてみるって姿勢が大切なのよ。実際、鎌倉新田の鎮守様は寛永生まれだということ、そして、その鎮守様は最初から今の場所、つまり、村から見て小岩用水と反対側に建っていたことがわかったじゃないの。これって、鎌倉新田にとっては佐倉街道の用水路が生命線だった可能性を示しているわけで、すごく興味深いことだと思うよ」
「そうか?、おれには何にも疑問は解決してないとしか思えないわけだが...」
「じゃ、もう一つのアプローチ、空間軸編へ進んでみよう。次の地図を見てよ」

●2つの主用水路と水の流れ方

葛飾区鎌倉の地形
「おお、今までに見たことない地図が登場したぞ」
「えっとね、これは地形に関するデータのうち、特に水に関係するものを集めた地図なのよ」
「見方がわかんないんだけど...。淡い黄色の土地にところどころ薄茶色の区域があるのは何?」
「薄茶色のところは自然堤防を示してる。ちょうど鎌倉新田のころから村落だった旧市街地と重なってるね。こういう場所では、稲作だけでなく、畑で作物をつくったりもしていたんだよ。けど、今回注目してほしいのは、それじゃなくって、濃い茶色の線の方ね」
「地図左上から佐倉街道に沿って、それから今の柴又街道を下って、途中から左下に向かってる。その内側にもやたら入り組んだ線が書いてあるな」
「これ、等高線なのよ。最初の柴又街道沿いのが標高1.5m、入り組んでる方が標高1m。大雑把に云って、北から南に、東から西に土地が低くなっているんだよ」
「葛飾って、まっ平らなイメージだけど、結構、斜なんだな」
「まあ葛飾でもこの辺は一番急な土地、急って云っても微々たるもんだけどさ。それでも、北東から南西方向に水が流れていくのは理解できるかな」
「微々たるもんだけどな」
「つまりさ、佐倉街道用水路と小岩用水では数10cmから場合によっては50cmくらいの高低差があるのよ。2つの用水路は隣町の柴又で分岐してるんだけど、この辺まで来ると、高低差ははっきりわかるくらいの差になる」
「佐倉街道用水路が高い場所を流れてて、小岩用水は低い場所を流れてるってことか」
「そうなんだ。でさ、それって、何故3つの神社全てが小岩用水の反対側に建っている理由を説明してると思うのよ」
「水が入ってくる方角に神社があるってことかい?」
「推測だけど、主に佐倉街道側から給水してたんじゃないかな」
「まあ、理屈としては筋が通ってると云っておこうじゃないか」
「随分と偉そうだな。でもさ、こういう風に地図を読んでみると、3つの神社に興味出てくるじゃないか。神社脇の用水路はどれだとか?、高低差はあるのかいなって腰を屈めて覗いてみたりしたくならないか?」
「たしかに、神社なんて由来を聞いても関心わかないからな。何も知らずにまちあるきしても、『ああそうですか』で素通りかもしれない。3つの神社をぐるっと回って見ようかしらんと、ちょっとだけ思ったよ」
「おk!、じゃ、次の地図、行ってみよう!」
「うーむ、もうお腹一杯なんだが、まだやるのか...」
Tag : 鎌倉 
    11:02 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

仲之橋(神田川) 千登利 浄閑寺(投げ込み寺) 鳩の街通り商店街 柳橋 一葉記念館 キラキラ橘商店街 清澄庭園 古隅田川 金田 江戸橋JCT 白山堀公園 コリナス長池(京王堀之内) 王子装束稲荷 都電もなか明美 辰巳新道 カフェ下ノ谷 上川口屋 多摩センター 小名木川 カフェこぐま 押上 赤羽台団地 醸造試験所跡地公園 新小岩ポンプ場跡 十条駅 ベネッセコーポレーション東京ビル 玉姫公園 深川不動堂 南大沢 東陽 橋場 東立石緑地公園 三ノ輪橋 丸健水産 千住回向院 立石(旧赤線) ミツワ リバーシティ 普門院 雑司が谷旧宣教師館 新金線 高砂駅 稲付公園 静勝寺 三菱製紙金町工場跡 吉原神社 カド 浅草松屋 荒川放水路 八幡堀水路跡 東向島駅 旧小松川閘門 青龍神社 サンスクエア 南橋大橋(ちんちん山) 鷲神社 隅田キリスト教会 東京都慰霊堂 同潤会 隅田川 平賀源内墓 平久橋 鶴見(神奈川県横浜市) 十条富士見銀座 中川番所跡 東日暮里 21 京成本線 町屋 立石様 玉の井(墨田3丁目) 隅田湯 中央卸売市場築地市場 両国橋 鬼子母神通り商店街 倉井ストア 白鬚防災団地 三平坂 御茶ノ水駅 立石 荒川ロックゲート 待乳山聖天 高砂諏訪橋 日本橋川 両国回向院 旧安田庭園 飛鳥山公園 国技館 新宿地下通路 八広 ハト屋(コッペパン) 小沢理容店 小松川テクノタウン パルテノン多摩 亀戸 のらくろーど 日光御成街道 千束稲荷神社 隅田川神社 旧玉の井(東向島5丁目) 東大島駅鉄橋 今戸 雑司ヶ谷電停 来集軒 尾久の原公園 味とめ サトリ珈琲店 品川インターシティ ルーサイト・ギャラリー 赤羽台トンネル 四季の路公園(京王堀之内) 音無もみじ緑地 廿世紀浴場 昭和館 日本橋浜町 両国駅 パラティカインドネパールキッチン 扇屋 南大沢輪舞歩道橋 西井掘せせらぎ公園 谷中初音小路 タカラトミー 吉原弁財天・吉原観音像 ボンドストリート 千本桜(神奈川県大和市) 鐘ケ淵駅前商店街 新大橋 新宿(葛飾区) 山谷 法真寺(赤羽) 九段下ビル まるます屋 南砂 満願稲荷 赤羽西 荒川 細田橋 東堀切 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 名主の滝公園 浜前水門 大島 王子 聖橋 三河島 青砥駅 伝法院通り 虹の大橋 呑んべ横丁 真生寺坂 新小岩公園 上平井水門 俎橋 東用水せせらぎ通り 玉の井(墨田3丁目) 王子神社 日の丸酒場 清水坂公園 東金町運動公園 和楽 鎌倉 しちりん半 元町公園(文京区) 竪川河川敷公園 さくら新道 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 高砂 護国寺 神田川出入口 あっぷるロード 福田稲荷神社 奥戸街道 隅田川駅 雑司ヶ谷案内処 水道橋 大塚坂下町公園 八潮 三ノ輪アパート 平久川 三河島朝鮮マーケット 梶原商店街 逆井庚申塚通り サンロード中の橋 東立石 いろは会 白髭橋 西ヶ原一里塚 浅草寺・浅草神社・二天門 萬年橋・新小名木川水門 芭蕉庵 両国JCT 宝幢院前道しるべ 京成本線 京成日暮里駅 水元さくら堤(桜土手) 門前仲町 神田川水神社 稲荷公園 直居アパート 小菅神社 福富川公園 熊野商店街 東京駅 亀久橋 三河島仲町商店街 吹上稲荷神社 水元香取神社 京島 熊野神社(新宿) 東立石水神社 品川富士 十条銀座商店街 同潤会三ノ輪アパート 東金町 コツ通り 立石仲見世 金町 荒川自然公園(三河島水再生センター) 奥戸 深川神明宮 あらかわ遊園 新小岩 堀切 大塚坂下通り 西日暮里 斉藤酒場 三ノ輪 多摩中央公園 愛知屋 新宿中央公園 小菅水再生センター 伊勢屋・中江 ふくろ 音無川親水公園 青戸 水元公園 旧米軍王子野戦病院 小松川神社 番所橋 柴又 いこい 浅草橋 日暮里 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 荒とよ 船方神社 金町関所 向島 十条仲原 社会文化会館 森下 諏訪台通り 浅草 赤羽 T.Y.HARBOR_BREWERY 赤羽緑道公園 中川 御茶の水 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 玉の井いろは通り 中華そばターキー 江戸川 両国 立石熊野神社 平井 尾久 ベルコリーヌ南大沢 洲崎緑道公園 勝ちどきマリーナ 東墨田 赤羽一番街 神田川 竜泉 鳳生寺 たつみ橋 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 豫園飯店 清澄長屋 小菅 日本堤大林 勝ちどき橋 赤羽八幡神社 吉原 細田 葛飾区 江戸東京博物館 水道橋駅 天王洲アイル 寛(雑司ヶ谷) 奥戸天祖神社 都電 竪川水門 天王洲水門 雑司ヶ谷 三井アウトレットパーク多摩南大沢 音無さくら緑地 東京スカイツリー 品川宿 サンストリート亀戸 博多 今戸橋 鳥房 上下之割用水 サンリオピューロランド 宮田ボクシングジム 日本堤 戸ケ崎 浜町公園 神田神保町 九段会館(旧軍人会館) 逆井橋 首都高 雑司ヶ谷弦巻通り 三郷 赤羽香取神社 荒川車庫 大島百貨店 木場 土手通り 西井掘 王子の森集合住宅 平澤かまぼこ店 谷中 亀戸中央公園 證願寺 品川浦 水元 砂町銀座 雑司ヶ谷鬼子母神 もみじ橋 亀戸餃子 富岡八幡宮 赤坂プリンスホテル新館 二毛作 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。