東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
28
 
03 音無川親水公園-07.公園の奈落 音無橋をこえた少し先で親水公園は終端となる。
 向かって左が本流の音無川(石神井川)、写真右上のピンボケが親水公園の水源。ここから川の水をポンプで汲み上げ公園側に分流する。他に地下水も汲み上げているのだろうか?。親水公園を流れる水は循環処理されてる。本流はすぐ先で暗渠化し、都電の走る道路をもぐり、線路敷を超えて隅田川に直行する。
 親水公園が表舞台とすると音無川の三面張りは舞台裏になろうか。そして今立っているこの場所はさしずめ楽屋口。音無川を横目に階段をつたっていくと公園という舞台に登場するというしかけ。
 最初、川の底を覗き込んだとき親水公園の景色との落差に戸惑い、こりゃあんまりだと叫び、公園整備に拍手喝采の気分になった。いま、写真を眺めてもういちど振り返ってみると、三面張りの石神井川もなかなかわるくないなと思う。後日、もう一度、近くを訪れたときは川沿いのコンクリートの壁に沿って歩いたけど、親水公園には寄らなかった。ずっと眺めていたかったのは舞台裏のほうだったのだ。
 自分にとって都市を流れる川はいつも、明るく健康的な内に、恐ろしいものやそこはかとなく陰うつさを漂わせているものだったと。教科書や学校の先から川の自然の大切さを聞く、かといって、本当に川で遊んでいると何てことをしてるんだとこっぴどく叱られる。だから内緒で近寄る。壊れた自転車や生活の廃棄物や犬の死骸が流れてる。日が暮れて群青色の空になったころ我に返り、自転車をギコギコこいで逃げるように家に帰る。藍色の夜を背景に山吹色の灯りを見つけると泣きたくなってくる。奇麗だけど近寄ってしまってはいけない、だからこそ近寄って遊ぶ、そういうアンビバレントの魅力が都市の川だった。
 ひどいどしゃぶりで川の流れは洗濯機のよう。それでも水面は恐ろしく低く、その落差が恐怖心を呼び起こす。足下から水面まで垂直に落ちていくコンクリートの壁をみていると、「奈落の底」と言う言葉がぽっかり浮かんでくる。

《まちあるきの参考にしたWEBSITE》

 まちに出るまでこんなこと考えてもみなかったので特に参考にしたサイトというのはない。後日、川と親水公園の健康さとは別の陰影を書いているサイトはないものかと気になって検索してみた。面白いなと思ったのは、MacとCameraの言いたい放題の石神井川探検記。上流から隅田川まで自転車で巡るというもの。

その雷雨で石神井川が抱えている恐ろしさが少し把握できた。1時間程
度の降雨(激しく降ったのはもっと少ない時間だった)にもかかわらず、
あっというまに濁流と化した。


 自分が見た音無川とおんなじだ。
 もうひとつ、音無川親水公園の健康さへの違和感、というか個人の体感との奇妙なズレについて書かれていたのが電脳六義園通信所。気になること、どうしてもこだわってしまう些細なことを巡ってWEBを廻っていると何故かこのサイトに行きついてしまう、自分にとってすごく不思議なサイト。運営しているのはデザイナーさんかしら。

今の王子駅周辺は去勢されたように明るい。音無川の川底に降りて親水公園を歩いてみたりするが、もうこの町に「死者とともに手を繋いで歩ける道」は無くなったなぁという感慨があるだけである。


 王子のことも音無川のことも知っていることはほとんどない自分にとって、触覚的にどうにか近付いていける数少ないよりどころになった。それで、自分が生まれた町のことを思いだしたりしてしまったよ。
スポンサーサイト
    00:00 | Top
 
28
 
音無川親水公園-05.音無川の聖橋 駅反対側のサンスクエアと共に、今回のお気に入り。正確な名称は音無橋。
 渓谷、コンクリートのアーチ、重厚な曲線と垂直のスリット。で、誰もが思うのはお茶の水にある聖橋との関連。聖橋は単連だけど音無橋は三連アーチ、なので三倍偉い!ということもないが、三連をひとつながりに眺めると聖橋とは違った趣きがある。
 永代橋で橋梁デザインの自信を深めた山田守。彼が聖橋を設計したのは翌年昭和2年(1927年)のこと。音無橋の架橋は昭和6年だからそれから4年後、つまり舟串橋のように親水公園が先にあったというわけではない。もともとこういう橋だったわけだ。山田守の作品集に音無橋は載っていないし山田の設計ではないようだ。昔は、橋のたもとに船着き場があったらしい。(舟串橋の意匠もとってつけたわけではなく、昔そこにあった橋に似せてる。)
 当時、滝野川区と王子区は広大な軍用地を持っていたある種の軍都だったし、音無橋の目と鼻の先の陸軍造兵廠では鉄砲をつくってた。それゆえ、当時の政府が帝都としての格をこの橋梁に求めたとしてもおかしな話ではない。少なくとも聖橋は官からも評価され、都市デザインの型として認められていたのではなかろうか。
 音無橋が公園のためにデザインされたかのように思わせる、その絶妙の効果をもうひとつ。
 音無川親水公園は、地べたより相当低い場所につくられてる。で、王子駅側からみて、音無橋を超えたすぐ先で、どん詰まりに行きつく。そこが親水公園の終着点で、突如、地べたから壁がたち立ちはだかる感じになる。音無橋のアーチが、その閉塞感を上手にやわらげ、奥行きをつくっている。音無橋のアーチが公園にとってはプロセニアム・アーチの役割をしているのだと思った。
 親水公園と音無橋を比べると、音無橋のほうが肌になじんだ感触を感じる。それはデザインの善し悪しということではなくて、経過した時間の積み重ねのせいだと思う。親水公園だって出来た当初に比べれば土地になじんできた。うまく言い表せないけど、新しい風景が古い風景の力を借りる際にある種の親密さを継承できていたら、それって良い風景なのだと思う。
 聖橋を見上げる角度で眺めるのは難しいけれど、ここはそれができる。親水公園の渓谷風味に一役買っているし、それが古い風景の力を借りるということなのだろう。そのアーチの下は夏の強い日差しを避ける絶好の避暑ポイントになるという。そのアーチの下で音を発したり手を叩くと、もわ~んとした余韻が残るのだという。
 写真が陰うつなのは、テクニックの未熟さと降り出した雨のせい。昼下がりの時刻なのに何かの賞を取ったらしい街灯にはすでに灯がともっていた。
 帝都だからといって加藤保憲がドーマンセーマン振りかざしたりはしないよ。

《まちあるきの参考にしたWEBSITE》

 音無橋の現在の全景は、Sight-seeing Japanで、かつての全景は土木学会図書館戦前土木絵葉書ライブラリで見られる。どちらのサイトもとても充実している。わたしも気になった音無橋と聖橋の関係については、散歩の変人が取り上げていた。

1930(昭和5)年建築のこの橋は御茶ノ水の聖橋と酷似しています。今調べてみたら、聖橋の建築年は1929(昭和4)年、東京市復興局橋梁課架設で、設計は山田守でした。旅をしていると時々でくわす、気になる建築家です。


 山田守については、公式サイトである山田守建築事務所、それから分離派建築博物館が詳しい。これはまちあるき後に知ったサイトだけど、幕末から近代にかけての古写真は、長崎大学付属図書館 幕末・明治期 日本古写真メタデータ・データベースがとても充実していて、WEBで数々の古写真をみることができる。「王子滝野川」「王子の茶屋」で連想検索すると、舟串橋の原型となる橋?や音無川沿いの建つ扇屋の往時がみられる。
    00:00 | Top
 
28
 
音無川親水公園-03.公園の巨樹「メタセコイアだよ」と管理人さんが教えてくれた。メタセコイアって「生きたカセキ」のメタセコイア?、公園のコンセプトになじまない名前だなと気にかかっていた。
 1939年、三木茂博士がセコイアに似た化石が発見、『メタセコイア』と命名。
 1945年、中国四川省磨刀渓村に同種が現存することを確認。
 1949年、国と皇室が中国から挿し木と種子を譲り受け、日本に広まる。
小石川植物園、皇居、水元公園をかわきりに全国各地に植樹されたというから、ここのメタセコイアもその中のひとつかもしれない。
 それにしてもデカイなぁ。最終的には30~40mになるらしいので、数十年後にはどうなってるんだ?
 わが国の
 たちなほし来し
 年々に
 あけぼのすぎの木は
 のびにけり
 これは昭和天皇が謳われた句。戦後復興の願いを重ねていたという説がある。メタセコイアの学名はMetasequoia。英名のdawn redwoodを訳して、和名アケボノスギ。dawn redwoodって奇麗な名前だ。冬の空を背景に冴える木々の枝振りをイメージする。
音無川親水公園-06.コミュニティガーデン 都電の走る道路と親水公園に挟まれた一角、メタセコイアの巨樹の下。元はビルが建っていた敷地跡だと思う。おじさんが竹と木で庭周りの柵を修繕していた。
 道路からみて一段下がったところがコミュニティガーデンになっていて、そこからもう一段下がると親水公園になるという塩梅。で、この高低差が秀逸。道路から一段下がってるおかげで、落ちついて花の手入れができる。道路から花を眺められる、その向こうには親水公園の渓谷が見える。なにより花が美しく見える。
 親水公園の緑とこっちの緑は質が異なる。親水公園のほうは大掛かりで大きな組織が整然とやってますというかんじ。もちろんよく手入れされていて清潔感いっぱい、とても現代的。こちらはスモールスケールで手の感触が伝わってくる。土の匂いも感じる。細かくて多様。どちらがより優れているということではなく、二つが並んでいることで、両方が活きてるかんじ。
 ガーデニングしているのは地主さんの知り合いなのだろうか、それともサークル活動のグループなのだろうか?。いずれにせよ巨樹の下の庭はテンポラリーな存在なのだろう。新築の計画がたったら閉じるのだろう。いつまで続くのかわからないけど、ちょっと惜しい存在であると思う。
 公園の管理人のおじさんに経緯を尋ねてみたがよくわからないとのことだった。そのかわり、管理人のおじさんは北区の観光地図を持ってきてくれた。メタセコイアの話はこの管理人さんから聞いた。

《まちあるきの参考にしたWEBSITE》

 というか、メタセコイアにしろコミュニティダガーデンにしろ事前に調べてはいない。帰ってきてから、音無川親水公園のメタセコイアを検索した。ちゃんと出てた。で、骨身にしみたことは、第一に興味がなければGoogleを使ってもたどり着かない。第二に存在を知らなければGoogleを使ってもたどり着けない...。メタセコイアに関する説明・エピソードは、WikipediaY.HADA'S Home Pageなど。
 メタセコイアに限らず、東京の公園の成り立ちや植生については、(財)東京都地質調査協会の技術ノートNO.31が分かりやすかった。この技術レポートシリーズは、東京の地質にとどまらず、地理や都市計画を知る上で絶好の資料、隠れた名サイト。あんまりすごいのでタイトルを並べてみる。

東京の地名と地形、多摩川、東京湾、東京の斜面と災害、東京の野菜、大江戸線、三宅島、東京のお酒、東京の公園、首都圏を支える鉄道網、東京のまちなみ、東京の水辺、東京の道、東京の台地、東京の川・神田川、東京の防災、東京のトンネル、東京の運河、東京?フ低地、東京の上水道、東京の山、東京のエネルギー、東京の下水道、東京のベイエリア、山手線、都内の庭園、東京の温泉、東京の高速道路、東京の遺跡、新東京都庁舎、東京の石、東京の地下鉄、隅田川の橋、建築基礎工法の変遷、東京の川と水、東京湾の埋立、江戸城なりたち、超高層ビルの地質と基礎形式、東京都の地形区分図・地質断面図


ね、すごいでしょ。
    00:00 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

西井掘 東堀切 立石(旧赤線) 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 三ノ輪橋 西ヶ原一里塚 鎌倉 青戸 水道橋駅 鐘ケ淵駅前商店街 清澄長屋 T.Y.HARBOR_BREWERY 鳳生寺 東日暮里 宝幢院前道しるべ 竪川水門 葛飾区 西井掘せせらぎ公園 直居アパート 赤羽西 雑司ヶ谷電停 白山堀公園 日の丸酒場 赤羽緑道公園 隅田川駅 21 青砥駅 竜泉 大塚坂下通り 雑司ヶ谷鬼子母神 都電 廿世紀浴場 上平井水門 逆井橋 細田 尾久 新小岩 日本橋川 東立石緑地公園 東陽 三ノ輪アパート 吉原神社 御茶の水 大塚坂下町公園 ベネッセコーポレーション東京ビル 満願稲荷 三郷 白鬚防災団地 名主の滝公園 旧安田庭園 のらくろーど 赤羽一番街 東墨田 土手通り 亀戸 立石 平賀源内墓 新宿中央公園 隅田キリスト教会 西日暮里 浅草寺・浅草神社・二天門 荒川放水路 扇屋 護国寺 両国回向院 新小岩公園 十条銀座商店街 谷中 二毛作 雑司ヶ谷弦巻通り 王子神社 八幡堀水路跡 千登利 寛(雑司ヶ谷) 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 愛知屋 赤羽香取神社 日本橋浜町 荒川車庫 上下之割用水 平井 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 倉井ストア 高砂諏訪橋 萬年橋・新小名木川水門 サンリオピューロランド 多摩中央公園 王子装束稲荷 カフェこぐま 王子 九段下ビル 両国 あっぷるロード 中央卸売市場築地市場 音無川親水公園 四季の路公園(京王堀之内) 両国JCT タカラトミー 番所橋 東立石 天王洲水門 ふくろ たつみ橋 荒川自然公園(三河島水再生センター) 呑んべ横丁 三河島 赤坂プリンスホテル新館 京成本線 カフェ下ノ谷 戸ケ崎 高砂駅 ボンドストリート 旧玉の井(東向島5丁目) 梶原商店街 多摩センター 深川神明宮 十条仲原 門前仲町 勝ちどきマリーナ 谷中初音小路 東京都慰霊堂 浜前水門 十条駅 稲付公園 都電もなか明美 新宿地下通路 音無さくら緑地 橋場 竪川河川敷公園 浅草松屋 パルテノン多摩 両国駅 江戸橋JCT 元町公園(文京区) 品川浦 来集軒 立石熊野神社 吉原弁財天・吉原観音像 東金町運動公園 江戸東京博物館 小沢理容店 水元さくら堤(桜土手) 雑司ヶ谷 斉藤酒場 小松川神社 もみじ橋 ベルコリーヌ南大沢 新大橋 亀戸中央公園 柳橋 諏訪台通り 首都高 聖橋 荒とよ 天王洲アイル 王子の森集合住宅 千住回向院 吹上稲荷神社 大島 平久橋 細田橋 博多 東立石水神社 ミツワ 平久川 品川富士 サンストリート亀戸 赤羽 砂町銀座 醸造試験所跡地公園 福富川公園 三河島仲町商店街 東大島駅鉄橋 深川不動堂 千束稲荷神社 南大沢輪舞歩道橋 三ノ輪 旧米軍王子野戦病院 熊野商店街 福田稲荷神社 同潤会三ノ輪アパート 日本堤 逆井庚申塚通り 柴又 日光御成街道 金町 サンスクエア 南大沢 奥戸天祖神社 山谷 町屋 玉の井いろは通り 昭和館 雑司が谷旧宣教師館 待乳山聖天 江戸川 真生寺坂 大島百貨店 いろは会 京成本線 京成日暮里駅 小名木川 浅草橋 小菅 隅田川神社 赤羽八幡神社 浄閑寺(投げ込み寺) 赤羽台団地 隅田川 普門院 青龍神社 京島 證願寺 パラティカインドネパールキッチン 玉の井(墨田3丁目) 九段会館(旧軍人会館) 押上 豫園飯店 三平坂 伝法院通り 鬼子母神通り商店街 国技館 丸健水産 立石様 十条富士見銀座 東金町 船方神社 静勝寺 旧小松川閘門 コツ通り 亀久橋 水道橋 隅田湯 八潮 玉の井(墨田3丁目) 法真寺(赤羽) 清澄庭園 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 三河島朝鮮マーケット 伊勢屋・中江 水元公園 清水坂公園 荒川 中川 社会文化会館 水元 鷲神社 新宿(葛飾区) 古隅田川 リバーシティ 浅草 東向島駅 和楽 玉姫公園 サンロード中の橋 東用水せせらぎ通り 中華そばターキー 飛鳥山公園 熊野神社(新宿) まるます屋 いこい カド 富岡八幡宮 辰巳新道 味とめ 音無もみじ緑地 三菱製紙金町工場跡 同潤会 中川番所跡 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 御茶ノ水駅 鳥房 新小岩ポンプ場跡 さくら新道 日本堤大林 コリナス長池(京王堀之内) 新金線 奥戸街道 鶴見(神奈川県横浜市) 鳩の街通り商店街 ルーサイト・ギャラリー 亀戸餃子 今戸橋 堀切 三井アウトレットパーク多摩南大沢 仲之橋(神田川) 虹の大橋 南橋大橋(ちんちん山) 水元香取神社 ハト屋(コッペパン) 洲崎緑道公園 サトリ珈琲店 金田 芭蕉庵 小菅水再生センター 東京駅 日暮里 雑司ヶ谷案内処 立石仲見世 金町関所 稲荷公園 荒川ロックゲート 宮田ボクシングジム 神田川水神社 しちりん半 八広 奥戸 今戸 品川宿 小松川テクノタウン 吉原 向島 勝ちどき橋 高砂 木場 上川口屋 浜町公園 俎橋 赤羽台トンネル 一葉記念館 神田川出入口 平澤かまぼこ店 森下 両国橋 品川インターシティ キラキラ橘商店街 小菅神社 尾久の原公園 神田神保町 南砂 千本桜(神奈川県大和市) 東京スカイツリー 神田川 あらかわ遊園 白髭橋 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。