東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
17
 
まちあるきのときのポイントを調べたり、反対に、まちをあるいたとき気になったモノを調べるためにWebを使ってる。最初は、名所旧跡名物名店などさらっと理解できればよしという風に使っていた。それで、何度もまちをあるいて、何度もWebを使うというようなことを繰り返してるうち、何故かしら、いつも同じサイトに辿り着いてしまうというようなことがままあった。

そういうのをいくつか、ダラダラと書き綴ってみようかな、と思うわけです。

(以上は仮置きの文章。気持ちの重心はもう少し違うところにあるんだけど、うまく説明できない。「Webで歩く」をつづけてるうちに、「Webを歩く」も「まちを歩く」と同じことなんだと、そういうことを言いたい...。なので、この文章は仮置き。後日、何度も修正する事になるということで。)
スポンサーサイト
    04:57 | Top
 
05
 
Title page

広重の名所江戸百景をgoogle mapにプロットしてみた。
inframeで表示してたんだけど重すぎという声があるので、通常のリンクに変更しました。
リンク先はこちら
    08:24 | Top
 
10
 

より大きな地図で TKO-BBQ data.06 Walkway of Historic Culture in Tokyo を表示

どっかに都内(特に23区)のまちあるきを統括して扱うコンテンツがあるんじゃないかと、探して回って見つけたのがこれ。なにしろ制定したのは東京都自身だし、23区は網羅されてるし、コース案内の本まで売ってた。ってことで、まちあるきの定番コンテンツ決定版か?

見つけた先は、「さんぽみち総合研究所」というところ。んっ?、さんぽみち研究?、業務内容ってページには、「みち」の再発見・評価をして、楽しく歩く「みち」の整備設計をして、ポケットパーク、休憩施設、広場を計画・設計して、サインを計画・設計するところらしい。ってことで、コンサルだ、たぶん。

ところで、「歴史と文化の散歩道」でググってみても、肝心要の東京都様公式サイトでは引っかかりもしない。一応、昭和58年に制定された、東京都生活文化局コミュニティ文化部という部署が関わったということまでは確認できたが、それ以上のことは皆目わからない。よくわからないと調べてみたくなる性格なので、もうちょっとググって見ると、

「歴史と文化の散歩道」の案内板、標識について、...、行方不明で確認できないもの、傷・汚れ等のあるもの合計で148基が報告されているが、...、維持管理を行う関係機関に対して全く情報提供していない。調査結果を関係機関に対して早急に情報提供すべきである。


などという、監査報告が見つかったりして、うーむ...。その情報提供されてない案内板は、これ。ありゃ、さっきのコンサルさんの制作ではないのかしらん。ちなみに、さっき書いた紹介本も、当然のように現在は売られてない。なんやかんだで、哀しい状況ではあることのみ確認できた。(こういったもので哀しくないものなどないのだけど。)


一般の散歩紹介サイトでも、東京都の歴史と文化の散歩道に制定されてるコースですという売り文句を掲げているところが結構あったので、それなりに有名なものなんだろうけど、どうなんだろ?

というわけで、必死にgoogle mapに落とし込んでみた。

落とし込んでみたら、いろんな意味で味のあるものだったので、これをネタに書いてみるつもりなんだけど、長くなったのでつづく。
    12:20 | Top
 
21
 
16艶かしい首都高_01

で、気づかされたのはどこでよ?ってのが、このエントリの主旨。

橋の裏側萌え 2010年第2回橋裏特集: 東京Peeling!
全国の橋の裏側萌えのみなさま(<何人いるんだw?)、たいへんお待たせいたしました!


この文字列が目に入って数秒後、脳内で、何かが不思議にうごめきだした。
橋裏萌え???
で、引用元のエントリを下まで読んでみたんだけど、なんかそわそわしてて、うまく読めなかった。
しようがないので、もう3回くらい、読み直した。
それで、気づいた。
脳内でうごめきだしたのは、橋裏の風景の断片だったのだ。

自分の場合、暗渠だったり坂だったりという一貫した興味があるわけではないし、
いつも行き当たりばったりで、結果、面白いもの「も」見つかる、そんなまちあるきなので、
後から振り返ると散漫だなあと思うことしばしば。
で、散漫な自分のまちあるきにあって、不思議なことに、橋裏の写真だけはいつも残ってる。
なんだか残ってた。

冒頭のは、江東をあるいたときのやつ。

音無川親水公園-05.音無川の聖橋

たぶん一番最初に撮った橋裏。
ボケボケなので迷ったのだけど、
気に入った空気が写ってたのはこれだけだったんで、
やむなく載せた記憶がある。
本文に「もわ~んとした余韻が残る」と書いてた。
同じ日に、JR高架下の写真も撮ってて、
これは緑色の橋裏に銀色の都電のレールが滑り込んでいく、
その角度が気に入ってシャッター押したのを覚えてる。

03浜町の隅田川_00

これは冒頭の江東編と同じ日。
浜町公園でいちばん川を楽しんでるのは、こういう人達なのではないかしらん。」などと、
社会批判めいた能書き吐いてるけど、本当は、
川自体が巨大な橋裏になってるという風景に萌えて写したのだと白状しておこう。
このエントリには数枚の橋下写真も載せてるけど、
あまりに多くの写真を撮ったのでどれを使うかとても迷ったのだったなあ。

a tunnel channel 02 a tunnel channel 02

葛飾の水元公園から水路跡を歩いたときの一枚、常磐線の高架下。
想像だけど、この通路、用水路の名残なんじゃないかしらん。
真四角なトンネルとその先の線路に挟まれた住宅、覆い被さる橋裏。
自分の中では、二枚でひとつの組写真。
東京Peeling!さんにコメント書く際、こっちの写真にしようかどうしようかと迷ったのがこの写真。

Shiotsuru-bashi bridge, Trurumi 02

これは鶴見を歩いたときの一枚、もはや説明の必要はないだろう。
ここでポカリスエットをちゅーちゅー飲みながら、
沖縄そばにしようか国道下で焼き鳥にしようか、ずっと考えていたのだ。

鶴見川の堤防、モダニズムの香りがしてよかったなあ。
この手すりなんて、すりすりしたくなっちゃう。
自分は、嘘っぽい親水モード入ってる川岸よりこっちのが好きだ。

うーむ、切りがない...

こういうのに関心持ったときは、別のことに関心があって、だから別の書き方をしていたはずだ。
それぞれ、何の関連もないエントリだと思っていたのよ、橋裏という文字を見つけるまではさ。
うーむ、そうか、橋裏だっだのか...
少しずつ、自分の中で東京がつながり始めてる気がする。

以上、このエントリは、気づかせてくれた人へのリスペクトであります。
    07:38 | Top
 
27
 
spd_hall_01
「眉毛が長いのは長生きの証拠いいんだけど、白髪が交じってると老けて見えるから、奇麗にしときますね」って床屋のおばちゃんに言われて、それが理由という訳でもないのだけれども、ふと見に来たくなりました。
通称三宅坂と称されるとおり、写真左手に見えるのがR246です。
地下鉄の駅から坂を下って行き、手前の道路を曲がったところで一枚。
spd_hall_02
東京オリンピックの年、1964年の竣工というわけあって、なるほど、昭和のファサードです。
spd_hall_03
写真奥4階は、政権をとったとき、ここから挨拶するために用意されたバルコニーらしいです。
spd_hall_04
R246側に戻って、首都高下かた見上げてみました。
高架下の駐車場には街頭宣伝用でしょうか、社民党の自動車が駐車してました。
それにしても、高速道と建物の壁、ギリギリすぎ。
spd_hall_05
元々、社会党の本部は別のところにあったらしく、そこが道路拡張にかかり、それで国有地であるこちらに引っ越してきたとのこと。
いわゆる代替地なわけです。
それにしてもギリギリ。
当時、どうやって工事したのか、ちょっと興味あります。
spd_hall_06
一階外壁に掲げられてる消防設備の区画図。
図で下方向がメインの入口、左上の長方形の角が欠けてる部分が、さっきの首都高との納まり部分になります。
メインの入口もこちら側なのは、R246に高架でつくられた首都高を意識してのことでしょうかね。
spd_hall_07
落下物防止のネット越しに見える外壁。
こりゃ総統痛んでます。
表面の仕上げ部分だけじゃなく、コンクリ躯体まで剥離しちゃってます。
これじゃ、事実上の使用禁止になるのも無理はないわ、です。
spd_hall_08
メインエントランス。
防護シートが貼られた今は引っ越しの真っ最中。
spd_hall_09
上から二番目の文字だけ新しいです。
うっすらと映ってるの、おいらです。
spd_hall_10
三宅坂ホールはいろいろ貸し出しもしてたらしく、一度、来てみたかったです。
なんていうかね、党の威信をかけたホールだろうし、夢みたいなのもあっただろうし、そういうのがどうデザインに反映されてるのか、興味あったのですが、すでに時遅し。
spd_hall_11
入口正面の受付。
浅沼さんの銅像は、まだ置いてありました。
台座は重すぎるので銅像部分だけ引っ越しするみたいです。
台座の銘版はどうするんだろう?
spd_hall_12
一階廊下部分。
スケール感は、昭和40年代に建てられた学校建築の廊下と瓜二つ。
間仕切り壁上部の採光窓も学校建築そのまんま。
右手の壁が窓だったら昭和の学校って言い張っても通じちゃいそう。
ああ、当時の公共建築ってこういうのだったよねえ。
spd_hall_13
一階左手の男子便所。
体が冷えきっていて尿意をもよおしたので入ってみたのですが、何か遠慮してしまい、そそくさと外に出ることにします。
spd_hall_14
記念にヤクルトでも飲むかと思ったのですが、いかんせん、尿意が...
右手奥に、引っ越しの日通さんの車が停まってます。
spd_hall_15
それにしても、建築限界線ギリギリだよね。
どうやって解体すすめるんだろ?
spd_hall_16
10センチ強しかないんじゃないかな。
もしかして、どっかの時期、首都高は通行止めにするんでしょうかね。
spd_hall_17
おいらの他にも大勢の人が建物見にやってきてました。
spd_hall_18
以上、1月26日の社旗文化会館でした。
    13:14 | Top
 
29
 
Akasaka_Prince_Hotel_01
社会文化会館を見てから、再び坂を上り、赤坂プリンスホテル新館へ。
解体つながり。
カーテンウォールに反射する冬の低い陽の光がまぶしい。
Akasaka_Prince_Hotel_02
首都高高架下からお堀越しに眺める。
このプロポーション、これはこれでありかなと思う。
Akasaka_Prince_Hotel_03
別の角度から。
こういう風に仰ぎ見ると、やっぱり、違和感あるわな。
Akasaka_Prince_Hotel_04
仮囲いされてるところが、解体が行われてるサイト。
最上階屋根は残したまま、フロアをジャッキで支えながら上から解体していく。
高層ビルがゆっくり溶けていく、そんな風景。
Akasaka_Prince_Hotel_05
ホテル脇の街頭地図、すでにホテルは消されてる。
営業開始は1983年、2011年閉館だから、たった30年の運命でしかなかった。
バブルの象徴ではあったな。
おいらもいろいろな意味でお世話になったんだけどさ。
Akasaka_Prince_Hotel_06
カーテンウォールのサッシュ割。
同じ丹下健三の東京都庁のうるさいファサードよりこっちの方が好きだった。
最後にここを使ったのはもう10年も昔のこと。
何かのシンポジウムでお偉いさんがたくさん来てた。
なんといいう名称だったか、大理石づくりのロビーがある。
キラキラ輝くクリスタルだったはずのロビーは、うっすらとホコリのベールがかかっているようで、妙にもの哀しいロビーになってた。
季節外れの船橋ヘルスセンターみたいだった。
Akasaka_Prince_Hotel_07
赤坂東急側からみた風景、真冬の土曜日の昼下がり。
なんだかプレゼン用の建築模型を眺めているみたいだ。
    22:52 | Top
 
07
 
tokyo_sta_01
「もっと見上げるようにお願いします」
こんな角度でしょうかね。
tokyo_sta_02
天井はこんな感じでした。
tokyo_sta_03
Tag : 東京駅 
    15:10 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

斉藤酒場 コツ通り 土手通り 吉原神社 大島百貨店 玉の井いろは通り 三河島 隅田川神社 十条仲原 のらくろーど 旧米軍王子野戦病院 玉の井(墨田3丁目) パルテノン多摩 サンスクエア 和楽 稲付公園 葛飾区 白髭橋 十条駅 多摩中央公園 東大島駅鉄橋 あらかわ遊園 福富川公園 奥戸 南橋大橋(ちんちん山) ふくろ 普門院 八幡堀水路跡 清澄長屋 東京スカイツリー 京成本線 京成日暮里駅 九段会館(旧軍人会館) 吹上稲荷神社 飛鳥山公園 東京都慰霊堂 上下之割用水 南大沢 両国橋 雑司ヶ谷弦巻通り 青戸 竜泉 梶原商店街 王子 新大橋 竪川水門 三郷 細田橋 いろは会 萬年橋・新小名木川水門 赤羽 もみじ橋 荒川自然公園(三河島水再生センター) 亀久橋 九段下ビル 赤羽香取神社 聖橋 豫園飯店 小菅神社 谷中 金町 水元公園 立石様 旧玉の井(東向島5丁目) 博多 日本堤 王子装束稲荷 平賀源内墓 品川浦 東立石水神社 立石 荒川車庫 雑司ヶ谷鬼子母神 新小岩 水元香取神社 中華そばターキー 稲荷公園 タカラトミー 水道橋駅 旧小松川閘門 千束稲荷神社 大塚坂下通り 音無さくら緑地 亀戸中央公園 東立石 昭和館 T.Y.HARBOR_BREWERY さくら新道 森下 三ノ輪橋 二毛作 浜町公園 小菅 日の丸酒場 新小岩公園 サトリ珈琲店 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) パラティカインドネパールキッチン 元町公園(文京区) 雑司ヶ谷 国技館 平澤かまぼこ店 白鬚防災団地 社会文化会館 小沢理容店 大塚坂下町公園 ルーサイト・ギャラリー 扇屋 西井掘 日本橋川 満願稲荷 今戸橋 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 21 細田 亀戸餃子 首都高 三河島仲町商店街 深川神明宮 直居アパート ハト屋(コッペパン) 両国JCT カフェ下ノ谷 浅草松屋 俎橋 鎌倉 西ヶ原一里塚 三ノ輪 名主の滝公園 天王洲アイル 鐘ケ淵駅前商店街 三河島朝鮮マーケット 両国回向院 静勝寺 水元さくら堤(桜土手) 亀戸 神田川出入口 中川 京島 来集軒 船方神社 十条富士見銀座 十条銀座商店街 小名木川 吉原 醸造試験所跡地公園 品川インターシティ 伊勢屋・中江 小松川神社 隅田キリスト教会 上川口屋 立石熊野神社 王子の森集合住宅 古隅田川 日本橋浜町 山谷 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 待乳山聖天 東陽 リバーシティ 赤羽八幡神社 吉原弁財天・吉原観音像 法真寺(赤羽) 三菱製紙金町工場跡 三平坂 たつみ橋 ベネッセコーポレーション東京ビル 高砂駅 芭蕉庵 番所橋 鬼子母神通り商店街 江戸東京博物館 荒とよ 熊野商店街 ベルコリーヌ南大沢 東日暮里 新金線 新小岩ポンプ場跡 西井掘せせらぎ公園 音無もみじ緑地 雑司ヶ谷案内処 赤羽台トンネル 鳩の街通り商店街 玉姫公園 一葉記念館 神田川水神社 浜前水門 東金町 赤羽一番街 愛知屋 御茶ノ水駅 カフェこぐま 隅田川 谷中初音小路 大島 京成本線 サンロード中の橋 白山堀公園 東京駅 日光御成街道 逆井橋 中川番所跡 東向島駅 赤坂プリンスホテル新館 青砥駅 都電 東堀切 平井 奥戸街道 鳥房 尾久 鶴見(神奈川県横浜市) 高砂諏訪橋 神田川 西日暮里 都電もなか明美 金町関所 熊野神社(新宿) カド 辰巳新道 小松川テクノタウン 寛(雑司ヶ谷) 品川宿 真生寺坂 浄閑寺(投げ込み寺) 同潤会三ノ輪アパート 同潤会 砂町銀座 王子神社 雑司が谷旧宣教師館 宮田ボクシングジム 荒川放水路 丸健水産 立石(旧赤線) 神田神保町 高砂 千登利 廿世紀浴場 虹の大橋 雑司ヶ谷電停 赤羽西 清水坂公園 千本桜(神奈川県大和市) 四季の路公園(京王堀之内) 仲之橋(神田川) 戸ケ崎 サンストリート亀戸 伝法院通り 天王洲水門 新宿中央公園 御茶の水 尾久の原公園 江戸橋JCT まるます屋 荒川ロックゲート 東墨田 水元 門前仲町 奥戸天祖神社 宝幢院前道しるべ 旧安田庭園 音無川親水公園 木場 江戸川 八広 味とめ しちりん半 両国 倉井ストア ミツワ 護国寺 サンリオピューロランド 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 證願寺 東立石緑地公園 赤羽緑道公園 柳橋 洲崎緑道公園 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 柴又 青龍神社 コリナス長池(京王堀之内) 隅田川駅 諏訪台通り 清澄庭園 新宿(葛飾区) 浅草寺・浅草神社・二天門 南大沢輪舞歩道橋 両国駅 堀切 平久橋 隅田湯 ボンドストリート 東金町運動公園 逆井庚申塚通り 上平井水門 立石仲見世 多摩センター いこい 呑んべ横丁 押上 赤羽台団地 竪川河川敷公園 日本堤大林 品川富士 三井アウトレットパーク多摩南大沢 東用水せせらぎ通り 向島 小菅水再生センター 町屋 荒川 勝ちどき橋 日暮里 八潮 キラキラ橘商店街 鳳生寺 橋場 浅草 富岡八幡宮 深川不動堂 あっぷるロード 中央卸売市場築地市場 鷲神社 平久川 金田 玉の井(墨田3丁目) 三ノ輪アパート 水道橋 新宿地下通路 浅草橋 南砂 千住回向院 福田稲荷神社 勝ちどきマリーナ 今戸 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。