FC2ブログ

東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
14
 
Nippori, The Hongyou-ji Temple

谷中は空が高い」は、
この辺りについて語るとき、
決まり事のように登場するフレーズだったのだけどね。

ここは山手線の内側、つまり上野台地の上部。
で、背後に見える高層マンションは、山手線の外側。
ということはマンションの建ってる場所は、台地の下なのだ。
台地の上にも、台地の下にも、高い建物がなかったから、
結果、空が高いということだった。
でも、そんな悠長な世界も少しずつ変わっていくんだろう。

風景には始まりがあり、終わりがあるのだ。

これまで、東京の東半分、坂のない平らな場所ばかり歩いきたので、今年は守備範囲を広げて、武蔵野台地側も歩こうと思っている。それから、歩く場所だけでなく、歩き方も少し変えてみようと思っている。今までは、なんと言うか取り憑かれたように、とにかくひたすら歩き尽くすというような歩き方だった。もちろん、その理由はちゃんとあったし、今もそれをやめる気はないのだけど、今年は違う歩き方もやってみたい。サンダル履きでぺタペタ歩いて、その辺の中華そば屋でビールを飲んで帰ってくるというようなまちあるきをやってみるつもり。といっても、どのように歩いたらいいものか、まだ馴染んでない。それで、オリエンテーションのつもりの本日のまち歩き。

本日は、日暮里から田端まで行き、谷田川を超え、千駄木を通って再び谷中に戻ってくる。
スポンサーサイト
Tag : 谷中 
    09:57 | Top
 
15
 
Otowa-ya

人力車による谷中観光。
音羽屋さんがコンビニ前に常駐するようになって、もう6年。
すっかり、風景に馴染んでいる。

何十年か昔、近くに住んでる頃はもっと地味な町だった。
もちろん、その頃から、
地域ミニコミ誌とか、まちづくりとか、アートイベントとか、
そういうのはあったのだけど、
それでも全体としては、ひっそりした町だったように思う。

そういえば、
Lonely Planet Tokyo をながめてたら、
谷中の項目があって、
町を一周、散策するというモデルコースが記されていた。

《参考》
Tag : 谷中 
    15:13 | Top
 
19
 
Nippori redevelopment

「ありゃ、まったく町に来たみたいだ。」
というのが、日暮里駅の改札口でまっさきに思ったこと。
なにしろ、改札のあるコンコースからして、こんなのだ。

Nippori Sta

そして、駅を出た直後に目に飛び込んでくるのが冒頭の輪郭線。
なんか、馬鹿でかい。

忘れ去られた昭和の国電の駅舎、
よく手入れされていて清潔だけど、どうにもロートルな駅舎、
交通の拠点というよりも、地味な乗換駅。
以前、頻繁に利用していた頃の日暮里駅はそんなものだった。

うむ、それ以上、何を書けばよいかわからない。

...。

ここは、再開発事業よるビル群ということで、その計画(ひぐらしの里西・中央・北地区)は、「荒川区 地区別再開発事業概要 日暮里駅前地区」 (荒川区役所)に載ってる。このページをつくった人がこの再開発に関心がないのだろうと想像させるくらい、とてもそっけない紹介だ。ある意味、とても正直なつくりのページなのだろう。もうひとつ、再開発連絡協議会といういまひとつ意味不明な会による公式サイトもあって、こちらはいろいろ詳しく載ってる。(意味不明というのは、なにしろこのサイトには、再開発連絡協議会というものがどういう会なのか、いっさい説明がないのだ。)開発計画というページを見ると、『歴史と風土を活かした個性豊かな景観形成を図ります』というリードの下にこう書いてあった。

立体路地空間の創出
現在の地区及び地区周辺に見られる”路地”を施設内で立体的に再現し、歩いて楽しい空間の創出を目指します。
日本の素材を活かしたデザイン
日本古来の木や瓦といった素材や色調を基本とし、”縦格子”をモチーフに採用しながら、周辺に対する温かさ、親しみやすさを与える外装計画を目指します。
第一種市街地再開発事業 ひぐらしの里ホームページ 開発計画


それで、行ってみようかとも思ったのだけど、、、やめた。
『日本古来の木や瓦といった素材や色調を基本とし、”縦格子”をモチーフに採用しながら、周辺に対する温かさ、親しみやすさを与える外装』かどうか、コメントは差し控える。

行ってみようかと思った理由は、ここには以前、駄菓子問屋が並んでいて、その一部が再開発ビルにテナントとして入居していたからだ。俺が日暮里駅を利用していた頃、まだ駄菓子問屋は残っていたから、散歩のついでに店を冷やかしたけど、冷やかしだけで駄菓子そのものを買った記憶はない。そのかわり、谷中銀座で、コロッケとメンチカツを買った。コロッケとメンチカツは須藤公園で一服ついでに食った。これはめったやたらに旨かった。一度、谷中墓地で総勢20数名が集まるという花見会があって、メンチカツをレジ袋に山盛り差し入れたら、これはメチャ喜ばれた。

どうも、筆が進まない。

子供の頃、駄菓子屋というのは、子供用の悪所だったように思う。いいとこの子供は、そんなとこに行っては駄目だと親から念を押されていたし、それでも近所の子供は全員が駄菓子屋に集結する。親が止めても、ガタイのでかい年長が陰でカツアゲしても、集結する。集結して、酢イカ食って、モンジャ食って、粉ラムネで咳き込みながら、子供なりの世間話で盛り上がる。誰かが拾ってきた平凡パンチのグラビアヌードで盛り上がり、そんな雑誌を拾える場所に探検に行く。子供の流行とはそういう場所から広がっていく。あれは問答無用の子供用の最先端の大衆酒場だった。

今、流行ってる駄菓子屋というのは、昭和レトロを売りにしていて、最先端を求める子供よりも、ノスタルジーを求める大人がターゲットみたいに思える。あるいは、子供の中にも、「レトロが流行りなんだよ!」という世界があるのかな。なんにしても、悪所ではないみたいだ。

駄菓子屋が残っていた当時の風景がどっかにアップされてないかググったら、「レトロスポットガイド「昭和チック天国」 再開発カウントダウンの中で・・・~日暮里菓子玩具問屋街~」というのがあった。

ああ、そうそう、こんな路地のトタンから木造の庇が張り出していて、庇の下にチープな原色の駄菓子が並んでた。トタンと長屋風の家屋というのは、当時はありふれた風景で、日暮里の駅前ですら、長屋風家屋とペンシルビルの雑居ビルが半々くらいだったように記憶してる。だから、駄菓子問屋の一角も、駄菓子が並べられてる軒先に視線が行かなければ、まるまる町に溶け込んでしまう、ありふれた風景だったのだ。そういえば、「あのぉ、駄菓子屋街はどう行けばいいんですか」と尋ねられたことがあった。尋ねられた場所は、駄菓子屋街まで徒歩20歩くらいの場所だった。確かに駄菓子屋より大衆酒場が目立つ町だったのだ。
Tag : 日暮里 
    10:41 | Top
 
28
 
Suwa-dai alley, Yanaka

日暮里駅から谷中方面に折れ、
諏訪台通りを歩いていく。

諏訪台通りは、
さんさき坂上から谷中墓地脇を抜け、
諏訪神社に至る道で、
上野台地の尾根を一文字に走っている。

通り抜けの車が多くて、
さほど歩きやすい道ではないのだけど、
空の開放感が好きで、昔、よく歩いたものだ。

例によって、
背景に見えるのは日暮里の再開発ビル。

こういった高層ビルの場合、
ビル直近の土地が受ける圧迫感が社会問題になることが多い。
具体的には、日照権とかビル風とかが該当する。

ビルから相当離れた土地では、
なんとなく、ビルが土地に刺さったピンみたいだなあと、
そんな風に風景がつくられて、
まあ、どっか遠くの土地のランドマークということになる。

日暮里再開発と諏訪台通りくらいの距離だと、
そのどちらとも違っている。
日照でもないし、かといって、
どっか遠くのランドマークではない。

俺は諏訪台通りを歩くのが好きなのだけど、
歩いてるときの俺は、
天空360度を一気に視野に入れるわけではない。
たいていは、こんな風に、
道の両側に立つ寺社やお店やすれ違う人を眺めてるのだ。
そういう視線の背景として、空があったわけで、
そんなときに、ああ谷中は空が広いと感じたはずなのだな。

諏訪台通りを歩いてくと、
再開発ビルが視界を追っかけてくる。
そして、首を右に傾けるたびに、
こいつが視野に入ってくる。

で、これは相当うざかったりする。
いいかげん、ついてくるな。
こっち向くな。
ついつい、そんなことを思ってしまう。

天空率とかそういう数値には還元できない風景があるのだ。
    05:45 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

ベルコリーヌ南大沢 平久橋 玉姫公園 土手通り 青砥駅 旧玉の井(東向島5丁目) 大塚坂下通り 小沢理容店 富岡八幡宮 呑んべ横丁 王子の森集合住宅 木場 東陽 中華そばターキー 八幡堀水路跡 立石熊野神社 諏訪台通り 千住回向院 十条富士見銀座 荒川放水路 新小岩 もみじ橋 東向島駅 小松川神社 カフェこぐま 亀戸餃子 同潤会 赤羽台団地 奥戸天祖神社 多摩中央公園 三河島朝鮮マーケット 両国回向院 平澤かまぼこ店 森下 辰巳新道 コツ通り 稲付公園 サンリオピューロランド 雑司ヶ谷 大塚坂下町公園 高砂駅 赤羽 奥戸街道 浅草松屋 青戸 ボンドストリート 三菱製紙金町工場跡 千束稲荷神社 赤羽香取神社 神田川 清澄庭園 荒川ロックゲート 品川インターシティ 細田橋 サトリ珈琲店 たつみ橋 白髭橋 熊野商店街 のらくろーど 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 逆井橋 カド 京成本線 京成日暮里駅 橋場 元町公園(文京区) 仲之橋(神田川) T.Y.HARBOR_BREWERY 普門院 赤羽八幡神社 東金町 サンストリート亀戸 證願寺 中川番所跡 両国 金町 柳橋 鶴見(神奈川県横浜市) 立石仲見世 静勝寺 御茶の水 神田川出入口 隅田川神社 南大沢輪舞歩道橋 品川宿 日本橋浜町 小菅神社 いろは会 水道橋駅 新宿地下通路 九段下ビル 鳥房 両国橋 三ノ輪アパート 堀切 雑司ヶ谷案内処 音無さくら緑地 浄閑寺(投げ込み寺) 東大島駅鉄橋 鬼子母神通り商店街 ベネッセコーポレーション東京ビル あらかわ遊園 直居アパート 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 多摩センター 京成本線 東立石水神社 押上 旧小松川閘門 音無川親水公園 梶原商店街 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) パルテノン多摩 神田神保町 立石(旧赤線) 愛知屋 九段会館(旧軍人会館) 南大沢 今戸 鷲神社 荒川自然公園(三河島水再生センター) 護国寺 隅田湯 吉原神社 四季の路公園(京王堀之内) 中川 斉藤酒場 隅田キリスト教会 両国JCT 大島百貨店 小松川テクノタウン 隅田川 鐘ケ淵駅前商店街 しちりん半 カフェ下ノ谷 浅草寺・浅草神社・二天門 品川富士 深川不動堂 21 谷中 東墨田 立石 西ヶ原一里塚 ルーサイト・ギャラリー 廿世紀浴場 旧安田庭園 尾久の原公園 鳳生寺 浜町公園 日光御成街道 千本桜(神奈川県大和市) 福富川公園 西井掘 日本堤 伊勢屋・中江 醸造試験所跡地公園 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 三井アウトレットパーク多摩南大沢 社会文化会館 天王洲水門 三ノ輪橋 三河島 寛(雑司ヶ谷) 奥戸 名主の滝公園 新宿(葛飾区) 玉の井(墨田3丁目) 聖橋 吉原弁財天・吉原観音像 日暮里 隅田川駅 青龍神社 新宿中央公園 八広 倉井ストア 十条駅 御茶ノ水駅 東立石 荒川 東京スカイツリー 雑司ヶ谷鬼子母神 小菅水再生センター 首都高 平井 荒とよ 門前仲町 中央卸売市場築地市場 東立石緑地公園 亀戸中央公園 平久川 虹の大橋 リバーシティ 東日暮里 同潤会三ノ輪アパート 小名木川 江戸橋JCT 千登利 東堀切 新小岩ポンプ場跡 金町関所 玉の井いろは通り 博多 戸ケ崎 柴又 芭蕉庵 来集軒 新大橋 音無もみじ緑地 白山堀公園 江戸東京博物館 深川神明宮 今戸橋 竜泉 ミツワ 日本橋川 丸健水産 鎌倉 竪川水門 キラキラ橘商店街 上川口屋 王子神社 立石様 東京都慰霊堂 さくら新道 赤羽緑道公園 向島 王子 赤羽一番街 高砂 三河島仲町商店街 金田 品川浦 新小岩公園 熊野神社(新宿) 浜前水門 パラティカインドネパールキッチン 亀久橋 赤羽台トンネル 宝幢院前道しるべ 南橋大橋(ちんちん山) 和楽 江戸川 神田川水神社 二毛作 天王洲アイル 平賀源内墓 勝ちどき橋 旧米軍王子野戦病院 両国駅 高砂諏訪橋 浅草 満願稲荷 雑司ヶ谷弦巻通り 水道橋 逆井庚申塚通り 待乳山聖天 日本堤大林 ハト屋(コッペパン) 十条仲原 細田 砂町銀座 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 一葉記念館 雑司ヶ谷電停 鳩の街通り商店街 新金線 萬年橋・新小名木川水門 京島 日の丸酒場 上下之割用水 水元 コリナス長池(京王堀之内) 尾久 大島 国技館 十条銀座商店街 東京駅 豫園飯店 水元香取神社 南砂 ふくろ タカラトミー 清澄長屋 都電 番所橋 洲崎緑道公園 いこい サンスクエア 稲荷公園 竪川河川敷公園 上平井水門 サンロード中の橋 荒川車庫 吹上稲荷神社 三平坂 赤坂プリンスホテル新館 清水坂公園 浅草橋 白鬚防災団地 飛鳥山公園 葛飾区 雑司が谷旧宣教師館 真生寺坂 小菅 まるます屋 赤羽西 山谷 亀戸 味とめ 俎橋 船方神社 吉原 西日暮里 勝ちどきマリーナ 都電もなか明美 法真寺(赤羽) 東金町運動公園 東用水せせらぎ通り 西井掘せせらぎ公園 伝法院通り あっぷるロード 古隅田川 昭和館 福田稲荷神社 扇屋 水元さくら堤(桜土手) 宮田ボクシングジム 水元公園 三郷 三ノ輪 谷中初音小路 八潮 町屋 王子装束稲荷 玉の井(墨田3丁目) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。