東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
24
 
23鳩の町通り商店街_00

 こういうの見つけた。RICE+という伝説のカフェがかつてあって、結局やめちゃったんだけど、そこのオーナーさんのインタビュー記事。町のつくられ方、物理的な部分でのつくられ方と、文化というかそういう面でのつくられ方(というか、どうしたって引きずってしまう匂い?)、この辺かなと思った。

 それから、こういう風に町をみた時、Googleして見つけてチェックしたくなるお店って、大手のグルメ検索サイトだと全然引っかかってこないんだね。大手サイトを切り捨てて、個人サイトだけ追っかけないと見つからない。こういう状況ってなんなんだろ、というのが個人的に面白い状況だと思った。

《TKO_BBQ vol.04 エントリ一覧 2007.9.25》
00.向島、江戸の郊外散歩
01.墨田区をgoogle mapで見てみる。
02.朝の両国駅。
03.三枚の地図。
04.原色の国技館。
05.川とつながる旧安田庭園。
06.慰霊堂、九月。
07.両国、町の断層。
08.市井の両国回向院。
09.両国の看板建築。
10.竪川水門と両国橋。
11.水の町、柳橋。
12.柳橋の料亭。
13.ルーサイト。
14.町の緑色に思う。
15.ジュエル靴クリーム 靴のかとう。
16.松屋迷宮。
17.東武鉄道隅田川橋梁、川を渡って。
18.桜橋通り、カドの花火。
19.ある意味...
20.BLACK&BROWN
21.これは見事、向島の銅張り戸袋絵。
22.これは?
23.変化していく。
24.鳩の街通り商店街。
25.こぐま。
26.鳩の風景。
27.金のうんこ、鉄の
28.水と路地、その1.向島エリアの防災まちづくり。
29.水と路地、その2.向島エリアのアートとまちづくり。
30.お稲荷さん。
31.変わっていくなあ。
32.店、道の顔。
33.コッペパンの町、キラキラ橘商店街。
34.変わらないもの。
スポンサーサイト
    23:59 | Top
 
25
 

拡大地図を表示

 墨田区は北十間川の南と北で町の成り立ちが異なる町で、それはGoogleMapで眺めても一目瞭然。南は、江戸時代に隅田川以西の町がそのまま拡大していって、そのころの区画整理が下敷きになって出来た町なので、だから、町割りも縦横四角くなっている。北は、ちょっと川向こうでまったりしようかと、浅草辺りから舟で渡って遊びに行く郊外リゾート。向島という名称は、浅草方面から隅田川をのぞむと川の向こう側に島みたいに見える一角があって、だからそこを向島と名づけたということらしい。

 江戸時代のメインの運河は小名木川。江戸時代は、小名木川のあたりが、陸と海の境界線だった。行徳でつくられた塩や、越後から津軽海峡・太平洋を通ってきた米・海産物を江戸にすばやく運び込む為につくられたのが、小名木川。遠浅の海の海岸線沿いを掘って運河にしたというわけ。

 一番北側の運河は、北十間川になる。地名でいうと、墨田区押上あたりになる。ここから下は、運河が計画的に掘られてるのがわかる。縦横に運河があって、運河に沿って、道路を通すから、整形な街区の街並が出来る。区画整理で道路の幅は広くなってるけど、基本的な街区割りは江戸時代も今も変化してない。

 北十間川の上は、今でいう市街化調整区域みたいなもの。たんぼがあって畑があって、そういう風景だったんじゃないか。向島とか京島は、関東大震災まで畑そのまんまだったところに、被災者が仮住いをはじめて出来た町。テレビや雑誌で、下町らしい景色を使う時、向島・京島が使われることが多いのだけど、実は歴史はそんなに古くないというわけ。

 ちなみに、江戸幕府は、浅草寺と寛永寺をつなぐライン(現在の浅草通り)に寺を集中して配置した。寺ってのは都市の境界であり防衛線で、だから、そこより南側は市街地、北は郊外というのが実際上の区分けになる。吉原とか小塚原刑場は、当然、都市防衛線の外側につくられた。で、上野寛永寺と浅草寺を結ぶラインをまっすぐ東にのばす
と、見事に北十間川と重なる。ってことで、江戸の都市開発はかなり周到だし計画的だったなあと思う。

 とにかく、墨田区の二つの風景はこんなふうに出来た。

 江戸以来、整然とした市街地だったエリアは、整然としてるがゆえ建替えもスムーズで、却って特徴がわかりにくい一見普通の景色になってしまった。逆に、向島とか京島が下町の代名詞みたいになってる。前者の町には、江戸時代から続く由緒あるお店が残ってるのに対し、後者では、防災上最も危険な町なのに(だからこそ?)、カフェやギャラリーが出来始めてる。

 そんなことなので、墨田区を歩くポイントは、市街地のつくられかたの違いが今の町並みの違いにどれだけ関係してるかってのが一点、二点目は、「江戸の郊外リゾート」的な香り(というか文化)が今でも町なかに漂ってるのかしらん、というところ。

 まちあるきでは、南の都市街区をさらっと歩いてから、両国橋を渡り、柳橋ルーサイトギャラリーに戻り、江戸時代の交通動線に習い、浅草駅から向島に渡り、京島、さらにはその奥へ入って行こうかなと。
    00:00 | Top
 
25
 
01両国駅_00

コンコースをすすむ若い力士、力士の上には名横綱の肖像画。

01両国駅_01

ターミナル駅だった面影が残る駅舎、こじんまりとした上野駅みたいで結構好き。上野駅は前面をペデストリアンデッキで隠されてしまっているけど、ここはちゃんと駅舎を眺めることが出来る。時間貸しコインパーキングの設備は不粋だけどね。

01両国駅_02

夏休みに御宿に遊びに行く時にこの駅を利用した。かつては、このターミナルから房総半島行きの特急が出ていたのだ。両国駅始発の特急が廃止された頃、旧駅舎はビアホールになった。今の飲食店みたいにチープな江戸風味ではなく、モダンな東京のビアホールだったはずだ。そのビアホールに出入りする大人を見て、ああ大人ってかっこいいなあと、ビーチサンダル・ランニングシャツ姿の俺は思ったのだった。

《参考になるWebsite》
Tag : 両国駅 
    00:01 | Top
 
25
 
02三枚の地図_01

両国駅で人待ちしてる間にとった3枚の地図。

02三枚の地図_02

これは文化っぽいものを表示してる。

02三枚の地図_03

これはローカルちっくなお店の表示。

最初のやつは何を表示しているのかわからない。きっと地図を表示したいのだろう。小言の一つも主張するのも乙だけど、まあどうでもいいか。
Tag : 両国駅 
    00:02 | Top
 
25
 
RyÔgoku Kokugikan

まちあるきに限定すると、いかにも現代建築然とした国技館より、前庭に飾られる幟と太鼓櫓に心惹かれる。威勢がよくて派手でいいないいなと思う。よくみると「第三十四代 木村庄之助さん江」なんてのもあって、これは初めて知った。
太鼓櫓も近代的に!? - goo 大相撲
 かつての太鼓櫓は高さ五丈三尺(約16m)からなり、釘を一切使わないで約80本の丸太を荒縄で縛り上げて組んでいたそうだ。
 しかし時代が進むにつれて櫓を組む職人の不足などで安全面に弊害をきたし、平成7年五月場所から鉄骨製の櫓に様変わりした。
 昭和戦前の旧両国国技館ではすでにその前例があったといわれているが、新しく登場した鉄骨櫓は高さ19m。しかもエレベーター付きというハイテク櫓である。

へぇ~。

両国散歩BLOG: 相撲のぼり

相撲のぼりは木綿でできていて、大きさは、横幅90センチ×縦幅540センチ。
カラフルな色目が人目をひきますが、古来からその色使いには、縁起かつぎの制限がたくさんあるそうです。
負けを意味する“黒星”に繋がるからと、力士の名は黒文字を避ける。逆に、勧進元(贈り主)の名は、商売の“赤字”を嫌って“赤文字”を避ける、などなど。

へぇ~、へえ~。こういう符丁は楽しいやね。

両国国技館 - Wikipediaによると、
本所回向院の国技館「大鉄傘」(1909-1917)
・1917 火事で消失
 ↓
靖国神社境内の仮小屋
 ↓
両国国技館(1920-1944)
・1944 風船爆弾の工場として接収
・1945 東京大空襲により焼失
・敗戦でGHQが接収、改装(1945-1952)
・日大講堂(1958-1982)
 ↓
後楽園球場、神宮外苑相撲場(野外興行)
日本橋浜町仮設国技館、蔵前仮設国技館
 ↓
蔵前国技館(1954-1984)
 ↓
現国技館(1985-)

とこれも数奇な運命だなあと思う。矢吹丈が金竜飛と試合したのや、キャンディーズがコンサートしたのが蔵前国技館だというのは覚えている。と、相撲にめっぽう詳しくない俺としてはこうなってしまうな、ごめん。

《参考になるWebsite》
Tag : 国技館 
    00:03 | Top
 
25
 
Kyu-Yasuda park

タイトルはウソ。当初は繋がっていたのだけど、隅田川が汚くなっちゃったんで取水口を閉じちゃった。今は人工的に潮の満ち干を再現してるらしい。ここの庭園が確固とした庭園であり続けているのは、他のサイトも指摘しているとおり、両国公会堂の曲線フォルムとの相性ゆえだろう。現在は老朽化して使用禁止状態なのだが、さりとてこれだけマッチしているものをおいそれと破壊するわけにもいくまい。で、どうするよ?と問われても困ってしまうし、これから先ずっと困り続けるのだろう。

両国公会堂の保存・活用に関する要望書(PDF)

2009年1月28日
墨田区長 ○○○○様

社団法人日本建築家協会(JIA)
関東甲信越支部 支部長 ○○○○
同 保存問題委員会 委員長 ○○○○
同 城東地域会 代表 ○○○○

拝啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 貴区におかれましては日頃より建築文化の継承に理解を示され、また本協会の活動に格別のご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、旧安田庭園内の両国公会堂は、安田銀行創立者、初代安田善次郎の遺志により、東京市への寄附の一環として、大正 15 年 6 月 26 日に竣工した建築物です。円形を基本としたユニークなプランで、1階にエントランスロビー、2・3階を 790 席のホールとし、頂部をドームで覆った鉄筋コンクリート 4 階建てで、当初、本所公会堂と呼ばれておりました。区立本所公会堂ができたことから昭和 16 年 4 月 1 日に両国公会堂と改名され、同42 年 4 月に貴区に移管され区民の文化向上のために活用が図られてきました。
 この両国公会堂の設計者は、東京帝国大学工科大学建築学科において辰野金吾のもとで学び、明治 30 年に卒業した森山松之助で、稀代の名デザイナーとして数多くの質の高い建築を設計したことで知られ、特に、台湾総督府営繕課在任中には、台湾各地で官庁建築を数多く手がけております。
 彼の作品は台湾では大切に使い続けられているものが少なくありませんが、国内においては民間建築が多いため残念ながら現存するものが少なく帰国後設計された両国公会堂は貴重な存在となっています。
 そして何よりも、大正から昭和初期にかけての歴史的遺構が希少となった今日、この両国公会堂は貴区にとってもかけがえのない文化的財産と考えられます。
 貴区は、平成 13 年 3 月の利用休止に先立ち、両国公会堂の改修等を行うため「両国公会堂施設整備現況調査」を行い、改修とともに建て替えの検討をされております。また、周辺に多くのホールをもった施設がつくられたことを考慮して、平成 18 年 12 月に貴区の基本計画に於いて両国公会堂を廃止し、民間の文化、観光機能をもつ施設を誘致することとしておられます。さらに平成 20 年 3 月に報告書をまとめ、この中で建て替えも見据えた改修による活用を検討されておりますが、さらに国外活用事例にも目を広げ検討されることが望まれるところであり、また、昨今の潮流は、歴史的・文化的な価値を考え、多少の差額を出してでも歴史的建造物を保存・活用する方向へと変わりつつあります。貴区におかれましてもこの状況を十分理解し、地域の歴史を育んできた掛け替えのない両国公会堂を保存・活用することを強く要望致します。
 なお、社団法人日本建築家協会関東甲信越支部、及び同保存問題委員会,同城東地域会は、建築の専門家という立場からできる限りの協力をさせて頂くことを申し添えます。

敬具


《参考になるWebsite》
Tag : 旧安田庭園 
    00:04 | Top
 
25
 
05慰霊堂_02

東京都慰霊堂が創建されたのは昭和5年(1930)、関東大震災の身元不明の遺骨を納め、死亡者の霊を祀られた。講堂の位牌のひとつはこれになる。それから、東京大空襲の身元不明の遺骨も納められ、合祀される。講堂の二つ目の位牌はこれになる。この日は9月25日、お彼岸である。まちあるきのメインは向島・京島と決めていたのだけど、両国スタートとしたのはそういうことである。

05慰霊堂_01

三重塔、基部は納骨になってる。

05慰霊堂_00

子供の頃、何かの拍子で横網公園に来てしまったことがある。遠いところから自転車こいで偶然辿り着いてしまった。なんと不気味なお寺なのだろうと思った。怖かった。来てはいけない場所に迷い込んでしまったと思い、自転車で遠出したことを後悔した。ここがどういう場所なのか知るのはずいぶんと後になる。

入口付近を竹ぼうきで掃除している年輩の女の方がいらっしゃった。

《参考になる Website》

    00:05 | Top
 
25
 
06両国、町の断層_00

木造二階建て、手前のコインパーキング、奥の三階建て。
東京の地層、サンプル見本みたい。
Tag : 両国 
    00:06 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

新宿中央公園 一葉記念館 いろは会 和楽 三河島朝鮮マーケット 日の丸酒場 浅草 玉姫公園 待乳山聖天 浅草寺・浅草神社・二天門 王子 サンストリート亀戸 天王洲水門 俎橋 京島 三菱製紙金町工場跡 九段会館(旧軍人会館) 八幡堀水路跡 芭蕉庵 ルーサイト・ギャラリー サンロード中の橋 新金線 三郷 清澄庭園 直居アパート 廿世紀浴場 立石熊野神社 ミツワ 都電 丸健水産 両国JCT 江戸川 森下 亀戸 品川富士 西井掘 飛鳥山公園 神田神保町 戸ケ崎 三ノ輪橋 日光御成街道 小菅神社 満願稲荷 静勝寺 逆井橋 勝ちどきマリーナ 隅田川 富岡八幡宮 さくら新道 鳩の街通り商店街 東立石 たつみ橋 新大橋 キラキラ橘商店街 旧安田庭園 水元香取神社 江戸東京博物館 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 呑んべ横丁 吉原神社 護国寺 奥戸街道 上川口屋 品川宿 九段下ビル 来集軒 金町 都電もなか明美 サンスクエア 荒川放水路 高砂 東陽 三ノ輪 奥戸天祖神社 王子の森集合住宅 旧小松川閘門 小松川テクノタウン 立石仲見世 天王洲アイル 十条銀座商店街 南橋大橋(ちんちん山) 深川神明宮 隅田川駅 サトリ珈琲店 京成本線 竜泉 三井アウトレットパーク多摩南大沢 福田稲荷神社 三ノ輪アパート 両国回向院 首都高 新小岩 東大島駅鉄橋 高砂駅 亀戸中央公園 高砂諏訪橋 新小岩公園 浜前水門 尾久 あっぷるロード 十条駅 赤坂プリンスホテル新館 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) パルテノン多摩 隅田キリスト教会 梶原商店街 白髭橋 虹の大橋 大塚坂下通り 柴又 尾久の原公園 雑司が谷旧宣教師館 雑司ヶ谷 平久川 四季の路公園(京王堀之内) 赤羽西 浄閑寺(投げ込み寺) 水道橋 平澤かまぼこ店 辰巳新道 勝ちどき橋 中華そばターキー 千束稲荷神社 新小岩ポンプ場跡 隅田湯 音無さくら緑地 伝法院通り 味とめ 鳳生寺 立石(旧赤線) 東立石緑地公園 熊野神社(新宿) 鐘ケ淵駅前商店街 葛飾区 ベルコリーヌ南大沢 神田川出入口 柳橋 大塚坂下町公園 名主の滝公園 両国駅 小沢理容店 倉井ストア 稲付公園 白鬚防災団地 東向島駅 三河島仲町商店街 小松川神社 鷲神社 洲崎緑道公園 両国橋 東用水せせらぎ通り 日本橋浜町 門前仲町 普門院 八広 西ヶ原一里塚 十条富士見銀座 谷中 堀切 パラティカインドネパールキッチン 千本桜(神奈川県大和市) 同潤会三ノ輪アパート カフェこぐま 吉原弁財天・吉原観音像 竪川河川敷公園 中川番所跡 新宿地下通路 金町関所 鳥房 御茶ノ水駅 斉藤酒場 八潮 上平井水門 二毛作 ふくろ あらかわ遊園 町屋 古隅田川 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 昭和館 亀戸餃子 清澄長屋 小菅 社会文化会館 細田 タカラトミー 伊勢屋・中江 東墨田 東京スカイツリー 元町公園(文京区) 旧玉の井(東向島5丁目) 向島 玉の井(墨田3丁目) 博多 東日暮里 水元さくら堤(桜土手) しちりん半 中川 奥戸 浅草松屋 千登利 日本堤 鬼子母神通り商店街 醸造試験所跡地公園 平久橋 サンリオピューロランド 青砥駅 雑司ヶ谷弦巻通り 法真寺(赤羽) 十条仲原 江戸橋JCT 雑司ヶ谷鬼子母神 雑司ヶ谷案内処 赤羽八幡神社 三河島 熊野商店街 上下之割用水 新宿(葛飾区) 稲荷公園 白山堀公園 木場 国技館 押上 赤羽台トンネル のらくろーど 證願寺 青戸 南砂 日暮里 雑司ヶ谷電停 音無川親水公園 東金町運動公園 山谷 王子装束稲荷 橋場 真生寺坂 御茶の水 赤羽一番街 船方神社 同潤会 カフェ下ノ谷 荒川 吹上稲荷神社 大島百貨店 西井掘せせらぎ公園 東堀切 小菅水再生センター 両国 東京都慰霊堂 中央卸売市場築地市場 カド 番所橋 愛知屋 玉の井(墨田3丁目) 多摩センター 聖橋 東立石水神社 西日暮里 宮田ボクシングジム 今戸橋 京成本線 京成日暮里駅 水元公園 千住回向院 ハト屋(コッペパン) 浅草橋 リバーシティ 品川浦 荒とよ 神田川水神社 浜町公園 諏訪台通り 土手通り 平賀源内墓 赤羽 荒川自然公園(三河島水再生センター) 吉原 T.Y.HARBOR_BREWERY 21 日本橋川 逆井庚申塚通り 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 水元 神田川 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 南大沢 東金町 鎌倉 東京駅 赤羽台団地 王子神社 砂町銀座 南大沢輪舞歩道橋 荒川車庫 ベネッセコーポレーション東京ビル 福富川公園 今戸 鶴見(神奈川県横浜市) 小名木川 平井 いこい 旧米軍王子野戦病院 隅田川神社 竪川水門 コリナス長池(京王堀之内) 仲之橋(神田川) ボンドストリート 深川不動堂 扇屋 玉の井いろは通り 赤羽香取神社 大島 豫園飯店 まるます屋 細田橋 品川インターシティ 寛(雑司ヶ谷) 水道橋駅 日本堤大林 赤羽緑道公園 多摩中央公園 音無もみじ緑地 清水坂公園 三平坂 もみじ橋 青龍神社 宝幢院前道しるべ 立石 荒川ロックゲート 谷中初音小路 立石様 萬年橋・新小名木川水門 亀久橋 コツ通り 金田 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。