東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
31
 
Arakawa Lock Gate 06

ああ、これを見るためにここまで歩いてきたんだ、と思った。
今回のまちあるきだけでなく、葛飾を用水路沿いに縦断したのも、ここに来るためだったのだ。

(1)中川を歩く

Mizumoto Park 01 I'm waiting...

最初は水元小合溜だった。
中川から分岐してつくられた溜。
虫捕りと釣り。水郷の風景。
本来の灌漑用水路を暗渠化して以来、その水の循環は機械的にポンプが受け持っていた。
壮大な機械仕掛けは水郷の風景のためのアーキテクチャーなのだ。
水元小合溜の水郷はそうやって維持されていた。

Nakagawa Bridge 01 Shin-Nakagawa passing water memorial park

かつての宿場町、新宿にかかる中川橋。
川の向こう側、亀有の工場跡地にはどでかいショッピングセンターが建っていた。
奥戸。本来の中川と人工の放水路の分岐点。
ここで中川は大量の水を抜き取られる。
そのことで、中川は下流で蛇行することを許される。

中川、走れ自転車少年。

それでも元気一杯やる気マンマンの中川。
走れ自転車少年!

Okudo, bank 01 橋のたもとで - 奥戸街道 -

奥戸陸上競技場、陸の中をかつての川の土手が走っていく。
中川は、東京の最低標高地めがけ、流れていく。
土手の痕跡は競技場の観客席になっていた。
奥戸橋、橋の下の路地へつづく深い階段。

水神社、紫陽花の小径。 Kami-Hirai Water Gate

東立石川端、水神社下の紫陽花。
土手の一部が湾曲し、こんもりとした緑の中に水神社が祀られている。
水神社から用水路の痕跡が続き、紫陽花が咲いていた。
中川と生活が折り合いをつける風景。
立石を歩いていて見つけた。
上平井水門、中川はここで荒川に吸収合併される。
荒川もまた人工の放水路。

川の交差点 そして旧中川へ

その対岸、ここにも水門がある。
その木下川水門の先の中川は、風景が一変する。
変わるのは風景ばかりでない、すでここは中川ではない。
「旧」中川なのだ。
旧中川にかみそり堤防はなく、両岸はただ空き地のごとく河川敷が広がる。
そのある種の殺風景さに中川の原風景を思った...

(2)中川の終り

そうやって歩いてきて、京葉道路とぶつかる所から、再び中川を歩いたということになる。
今回歩いた中川は、やっぱりかみそり堤防はなく、低い緑のなだらかな土手が続いていた。
それは殺風景というのでも殺伐というのでもないけど、僕には、どこかシムシティの鳥瞰を思い出させた。
元々の原野のコマがあると、ブルトーザーで削って、芝生のコマを置かずにいられない。
そういうシムシティとどこかしら似てると思ったのだ。
そして、そうやって今、目の前にある風景が江戸に近いことにアンビバレントな不思議を感じた。

ところで、中川は隅田川の一本東を流れる東京の大河川ということになっている。
隅田川は江戸の一部に取り込まれ、江戸の風景・風物を代表する河川になっていったのに対し、
中川は江戸の辺境・境界をかたちどるものになっていった。
そして、東京になってからも二つの性質は維持されてきた。
そのことが中川の風景をつくっていると思う。
上流から、中川の終りまで歩くと、そのことが実感できる。

中川は胴体を切り刻まれ、水(それは龍の血でもあるのだけど)を抜き取られるよう仕掛けられている。
竜の殺害、その様が風景の変化なのだ。
殺害を企んだのは誰か?
いうまでもなく、それは東京そのものだろう。
そして、荒川ロックゲートは殺害計画の総仕上げなのである。

ここで龍は頭部をばっさりやられる。
それが冒頭の風景なのだ。
荒川ロックゲートを出入りする水は、竜への点滴だろうか。

(3)風の歌を聴け

以下、シムシティみたいな風景だと書いたことの補足。

Lock Gate

上の図の濃い紫色になってるところがいわゆるゼロメートル地帯に該当する。
ゼロメートル以下なのにどうして陸が存在するのか?ってカラクリが上の図というわけ。
濃い紫の北側・西側は徐々に色が薄くなっていって、やがて海抜ゼロメートルを越える。
巨大な水たまりの淵をイメージすればよい。
南側の埋立て地は想像以上に高い地盤面になってる。
これは当たり前のことだけど、地図に色つけてみるとびっくり。
で、今回歩いた地図の東側はというと、
荒川の堅牢な堤防、高さ10メートルはあるんじゃないかと思える堤防がそびえている。
堤防というか、ダムに近い。
で、その内部を流れる川は人工的に水位を下げている。
そういう役目をしてるのが、図に示す3つの水門ということになる。

ゼロメートル地帯というのはそんな風に東西南北を囲われているわけだ。
ダムに近いどころの話じゃなくて、ダムそのもの。
正確には周到なダムの底みたいになってるのだ。

旧中川の龍の精力を抜き取られた姿、堤防が柔な感じがするのはそのため。
巨大な凹地の底で、徹底的に管理されて、ようやく生きながらえてるのが旧中川。

Water Line 01

荒川の氾濫を示す表示は、旧中川という竜の墓碑銘ではないかと思えてくるのは俺だけ?
そんな東京の地の底に極めて人工の丘が築かれ、風の広場と名付けられている。

だからさ、
風の歌を聴けよ。
スポンサーサイト
    12:35 | Top
 
31
 
Arakawa Lock Gate 04


今回のまちあるきの目的地到着。
荒川ロックゲート、完成は2005年とのことだけど、旧小松川閘門を模した意匠はポストモダン。
ポストモダンって、これまた懐かしい響きだなあ。

Arakawa Lock Gate 01

風の広場を下に降り、旧中川に架かる橋を渡って東大島に向かう。
ちょうど江戸川区と江東区の区境でもある。
荒川ロックゲートを眺めるなら、圧倒的に荒川から(つまり江戸川区側)が適してるとは思うけど、
今回は、あえてそっちは行かない。
(そのうち行く、いつか)

Arakawa Lock Gate 02

水上標識。

Arakawa Lock Gate 03

手前が旧中川。
柵に囲われてる。

Arakawa Lock Gate 05

柵沿いにぐるりと回り込むように歩く。
柵の下は地面でなく、堤防。
それもカミソリ堤防。
堤防と民地の境界は、まさにぎりぎり。
それでこんな風景が出来てる。

ああいつも見慣れた川だ。
最後の最後に来て。妙に安堵する俺。
    08:31 | Top
 
27
 
Akabane Pedestrian Path 01

赤羽緑道公園、もとは軍用貨物の線路跡だった。
路面には線路模様のデザイン。
お決まりといえばそうなのだけど、それ、打破するのは難しいだろうね。
そんな話をしながら歩いた。

Akabane Pedestrian Path 02

こういうの、自分にはあまり書くことがない。
結局、自分が興味あるのは廃線跡なのであって、廃線跡公園ではないのだよな。

しつこく念入りに歩き回れば、
何か痕跡を発見できたかもしれないけど、
赤羽台団地へ急ぐことにした。
    13:03 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

鶴見(神奈川県横浜市) 亀戸中央公園 赤羽西 小菅神社 西ヶ原一里塚 南橋大橋(ちんちん山) 小松川神社 多摩中央公園 白山堀公園 東京都慰霊堂 サンスクエア 十条仲原 鬼子母神通り商店街 東立石水神社 千束稲荷神社 千住回向院 御茶ノ水駅 法真寺(赤羽) しちりん半 水道橋 吹上稲荷神社 旧小松川閘門 音無川親水公園 深川神明宮 今戸橋 京成本線 南大沢輪舞歩道橋 西井掘せせらぎ公園 両国JCT 小菅水再生センター 高砂諏訪橋 鳩の街通り商店街 亀久橋 元町公園(文京区) 俎橋 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 新金線 日本橋浜町 浅草橋 十条銀座商店街 味とめ 三井アウトレットパーク多摩南大沢 愛知屋 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 水元公園 新小岩ポンプ場跡 四季の路公園(京王堀之内) 白鬚防災団地 平井 亀戸餃子 鷲神社 来集軒 サンロード中の橋 古隅田川 柳橋 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 音無もみじ緑地 さくら新道 小菅 呑んべ横丁 ベルコリーヌ南大沢 雑司ヶ谷鬼子母神 豫園飯店 伝法院通り 門前仲町 赤羽一番街 東堀切 いこい あっぷるロード 王子装束稲荷 東京駅 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 熊野神社(新宿) 尾久の原公園 丸健水産 平賀源内墓 普門院 梶原商店街 赤羽緑道公園 番所橋 清澄長屋 水道橋駅 雑司ヶ谷弦巻通り 諏訪台通り 三ノ輪橋 博多 品川インターシティ 鐘ケ淵駅前商店街 日本堤 満願稲荷 旧安田庭園 辰巳新道 船方神社 青龍神社 新小岩 神田川水神社 立石様 カド 深川不動堂 コツ通り 廿世紀浴場 大島 奥戸天祖神社 土手通り 神田神保町 ベネッセコーポレーション東京ビル 昭和館 新小岩公園 直居アパート 21 勝ちどき橋 荒とよ 千本桜(神奈川県大和市) 浅草 三河島朝鮮マーケット 吉原神社 両国回向院 雑司が谷旧宣教師館 南砂 パラティカインドネパールキッチン 清水坂公園 白髭橋 三郷 奥戸街道 山谷 町屋 たつみ橋 橋場 新大橋 雑司ヶ谷 赤羽八幡神社 洲崎緑道公園 逆井庚申塚通り 荒川自然公園(三河島水再生センター) タカラトミー 尾久 ミツワ 浅草松屋 扇屋 和楽 十条富士見銀座 待乳山聖天 あらかわ遊園 三河島 水元さくら堤(桜土手) 赤羽台トンネル 荒川放水路 東墨田 八潮 玉の井(墨田3丁目) 九段会館(旧軍人会館) 中華そばターキー T.Y.HARBOR_BREWERY 小名木川 京島 旧米軍王子野戦病院 中央卸売市場築地市場 細田橋 大塚坂下通り 東陽 中川 鳳生寺 隅田川駅 コリナス長池(京王堀之内) 天王洲アイル 王子 隅田キリスト教会 大島百貨店 吉原弁財天・吉原観音像 王子神社 富岡八幡宮 キラキラ橘商店街 江戸川 竪川河川敷公園 サンリオピューロランド 両国駅 竜泉 カフェ下ノ谷 中川番所跡 玉の井(墨田3丁目) 同潤会 虹の大橋 東大島駅鉄橋 萬年橋・新小名木川水門 雑司ヶ谷案内処 砂町銀座 青砥駅 護国寺 東向島駅 三菱製紙金町工場跡 高砂 まるます屋 日光御成街道 仲之橋(神田川) 清澄庭園 御茶の水 小松川テクノタウン 浜町公園 国技館 一葉記念館 いろは会 赤羽香取神社 赤羽 平久橋 八幡堀水路跡 浅草寺・浅草神社・二天門 浜前水門 伊勢屋・中江 赤坂プリンスホテル新館 両国橋 赤羽台団地 金町関所 浄閑寺(投げ込み寺) 柴又 青戸 八広 ボンドストリート 玉姫公園 細田 水元香取神社 隅田湯 福田稲荷神社 證願寺 音無さくら緑地 谷中 森下 日本堤大林 ふくろ 十条駅 真生寺坂 都電もなか明美 東立石 日暮里 寛(雑司ヶ谷) 福富川公園 立石 品川富士 堀切 サトリ珈琲店 王子の森集合住宅 三ノ輪 稲荷公園 東金町運動公園 隅田川神社 平澤かまぼこ店 立石仲見世 品川宿 サンストリート亀戸 ルーサイト・ギャラリー 小沢理容店 千登利 今戸 三平坂 江戸東京博物館 社会文化会館 上川口屋 多摩センター 倉井ストア 西日暮里 稲付公園 芭蕉庵 亀戸 上下之割用水 葛飾区 日の丸酒場 平久川 勝ちどきマリーナ 日本橋川 旧玉の井(東向島5丁目) 戸ケ崎 立石(旧赤線) 同潤会三ノ輪アパート 新宿中央公園 向島 神田川出入口 西井掘 宮田ボクシングジム 二毛作 荒川車庫 三河島仲町商店街 もみじ橋 ハト屋(コッペパン) 上平井水門 荒川ロックゲート 隅田川 両国 九段下ビル 玉の井いろは通り 雑司ヶ谷電停 南大沢 宝幢院前道しるべ のらくろーど 神田川 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 飛鳥山公園 品川浦 熊野商店街 鎌倉 木場 東金町 大塚坂下町公園 新宿地下通路 水元 醸造試験所跡地公園 東立石緑地公園 東用水せせらぎ通り 東日暮里 新宿(葛飾区) 東京スカイツリー パルテノン多摩 立石熊野神社 三ノ輪アパート 高砂駅 カフェこぐま 金町 聖橋 荒川 首都高 鳥房 都電 天王洲水門 逆井橋 金田 リバーシティ 斉藤酒場 名主の滝公園 奥戸 吉原 押上 京成本線 京成日暮里駅 江戸橋JCT 静勝寺 竪川水門 谷中初音小路 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。