東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
23
 
 『こち亀』の作者秋本治がその緻密な扉絵に登場する町への思い入れを語る本。左ページに歴代の扉絵、右ページが関連するエピソードとなっていて、さながら、両さんと歩く下町散歩案内という趣向。
 「亀有公園前派出所」自体はフィクションであっても、『コチ亀』の扉絵に描かれる町がやたら緻密でリアルであることは、多少なりとも亀有の町を知っている者には常識。その扉絵について、秋本治は、最初は『取材ののときに撮った写真なんかで、いいものがあればただ扉絵にする』程度の者だったのが、あるシリーズをきっかけに『両さんのいる風景』として『自覚して下町を描こう』と思い至ったのだそうだ。そのことによって、両さんの目と秋本治の目が重なり合うことになった。
 自分は、本来の下町・山の手の一回り外周の町、かつて郊外だった町の人による"郊外本"として読んだ。
ザリガニと鉄塔

 秋本の照れ隠しのエクスキューズから本書は始まる。

『僕たち住民は葛飾区、足立区、荒川区、江戸川区辺りも含めて下町と呼び習わしてきました。』(p12)


 本来の下町とは、せいぜい墨田区ぐらいまでなのだが、住民が『呼び習わして』きたのだという。その住民の息子である秋本治の目の前に広がっていた風景とはザリガニと鉄塔なのだという。辺りで唯一のアスファルト舗装だった家の真ん前の旧道が近所の子供にとって格好の落書き場だった、小学校へ続く道が畑や水田だらけだった、そこでマッカチンを採ったこと、そんな"郊外の(!)子供"として思い出を語った後、秋本はこう続ける。

『ザリガニに象徴される自然が東京から消えた後で、鉄塔と工場に象徴される高度成長時代がやってきました。これは図式的な解釈かもしれませんが、だからこそザリガニと鉄塔が印象に残ったということはあると思いますし、その二つに象徴されるような時代の変化は、同時期に日本の各地で起こっていたと思うんです。そう考えればザリガニと鉄塔は、僕と同じ昭和30年代に育った子供たちに共通する記憶といってもいいかもしれません。』(p22)


 ここで秋本は、ザリガニを善き自然な記憶、鉄塔を悪しき人工の記憶としては描いていない。どちらも同じノスタルジー、懐かしい風景として描いているのだ。なぜなら、鉄塔が象徴するものこそ、『町全体が生活の場であるような感覚』(p30)の拠り所であったからだ。

亀有という下町

 秋本は亀有の風景について『東京都内の街にはよくある風景』だけれど、『川に囲まれた環境』であること、そしてどの川も人為的につくられたり、意図的に改修が加えられてきた川であることが、亀有の亀有たる所以なのだという。

『亀有では川べりの広い土地に作られた大工場が、戦後の高度成長時代のシンボルとなりました。工業の発展に伴って街に人が集まり、映画館やら娯楽施設もどんどんできて、新たな家電製品が生活様式を変えていく。もちろんこれは亀有だけでなく、高度成長期の都市周辺の街でなら、どこででも起きた変化のはずです。』(p50)


 ここでも秋本は、亀有を高度成長期の都市周辺の街、つまり”郊外”と重ねて見ている。大工場があって、たくさんの町工場があって、びっくりするくらいたくさんの工員が社宅に住んで、シフト空けの平日には町に出てくる。だから、映画館や娯楽施設が流行り、レコード屋には新人の演歌歌手が営業で立ち寄り、社内結婚で子供を設けて、近場の借家に引っ越しした後も、商店街の肉屋で総菜を買い、本屋で小学館の図鑑を買う。地元の子供も、『大工場の社員用のプールで遊ばせてもらい』『大きなお風呂にいれてもらった』(p50)りする。よく言われる"下町=人情"的な部分だが、これも、一日中、町中に人がいるという生活環境が生んだ生活の知恵なのではなかしらん。とにかく、『そういう生産の現場と生活の場とが密着』(p51)していることが、秋本のいう『懐かしさにあふれた場所』(p50)であることの理由なのだ。

 これは余談だけど、秋本の生家の隣は亀有名画座という映画館だったのだが、その映画館の所有者は、なんと鈴本演芸場だったらしいのだ。そういえばと思い出したのは、駅前にあった亀有楽天地という歓楽街。その歓楽街は戦後すぐに玉の井の業者12名が、銘酒屋開業の許可を得て開業したことに始まるのだっだ。そして当初の建物は日立亀有工場の「日立青年学校」を転用したものだった。なるほど大工場の町なのだと思う。

 ちなみに、秋本治は1952(S27)年生まれ、なぎら健壱も同じ1952(S27)年生まれ、隣接する足立区生まれの北野武は1947(S22)、この世代の描く地元は、みんな『町全体が生活の場であるような感覚』の町なのだな。

両さんに仮託した秋本治の亀有発見の旅

 まず、目次の構成に注目。生まれ育った亀有を起点に、千住・浅草、隅田川・佃島、上野、神田と続く。つまり、本来の下町ではないと自らいう亀有から、本来の下町へ進むという構成になっているのだ。

 そして、左ページに排された。概ね目次に沿うように並んでいるのだけど、終盤、神田の章で、再び地元の風景に立ち返る。神田明神の祭りの次にくるのは、押上の町、そして、葛飾区堀切、葛飾区西亀有、足立区綾瀬を並べて、帝釈天で大団円となる。山田洋次との対談へ引き継ぐ意味もあって、最後が柴又帝釈天なのは当然として、そこに至る扉絵の構成が面白い。

 そして、二枚の葛飾、一枚の足立に描かれた風景は、古隅田川が水路になり、さらにその水路が親水公園風に変化した風景であり、農村の名残りの社の風景なのである。やはり、ここで秋本は生粋の下町から葛飾亀有を発見しているのである。

 個人的に一番気に入ったのは、葛飾区青戸(p155)の扉絵。これはちょっと凄い。京成電車に横切るように用水路が流れてる。用水路はすでに溝のようになっている。用水路の両側は民家が際まで迫ってきている。右側は錆びたトタンで覆われ、足下はコンクリートブロックで補強してある。左側もトタンの家。トタンにはツタが絡まり、用水路の上にかけられたドブ板の上にはありとあらゆる生活道具が溢れている。植木鉢も並べられてる。そのドブ板の上で両さんはしゃがみこみ、用水路の水面を嬉しそうに眺めているのである。

下町を残すために

 なんだかこういう風に書いてると、ノスタルジー満載、三丁目の夕日みたいな本に思えるかもしれないけど、それだけではない。文体も秋本治ってこんなにウェットな文体なの、イメージ違うわという印象を持つ人もいると思うけど、これは秋本氏が語ったものをライターがまとめたものということ。

 最終章に『下町を残すために』という節があるけど、秋本は、何が何でも現状のままでいろとは言わない。

『両さんの父親ならよろず屋建て替えの話が出たとすると、「オレはここから動かねえ!」と頑固に言うかもしれません。でも夏春都なら店をマンションのビルにする話が出ても、「それも悪くないわね」と言うでしょう。』(p222)


 そして、秋本はこの夏春都のキャラクターこそ『未来に向かって懐かしいものを引き継いで行く方法』なのではないかと書いている。ここでも秋本は、流れの中に身を置きつつも、ザリガニと鉄塔のバランスに立ち返っている。

 本当にそれが下町を残すことにつながるのかはわからない。『生産の現場と生活の場とが密着』は依然として課題であるように思える。



両さんと歩く下町 ―「こち亀」の扉絵で綴る東京情景 (集英社新書)
秋本 治
集英社新書
2004

【目次】
はじめに
第1歩 亀有回想
こちら葛飾区亀有/中川とザリガニと鉄塔と/亀有に大工場があった日/東の香取神社、西の曳舟通り/風呂といえば銭湯だった/ゆうろーど散策/亀有という下町
第2歩 千住、浅草、行き帰り
煙突が消え、球場が消えた/千住に本田、三ノ輪に都電/浅草羨望/あs草中心街を歩く/浅草寺物語/祭りがいちばん似合う街
第3歩 隅田川界隈
橋づくし1/橋づくし2/橋づくし3/佃島定点観測
第4歩 上野七変化
上野駅今昔/じゅらくとプリン・アラモード/アメ横あれもこれも/不忍池幻影/亀有少年の上野公園/博物館動物縁駅よ残れ/「下町散歩シリーズ」のころ/谷中・根津・千駄木
第5歩 超神田寿司の神田へ
擬宝珠纏・誕生/聖橋と纏と/湯島聖堂と神田明神/神田祭りをめぐって/下町を残すために
山田洋次×秋本治特別対談 葛飾に愛をこめて
あとがき
参考文献
下町地図
関連記事
    15:36 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

立石熊野神社 赤羽香取神社 船方神社 土手通り 神田川水神社 竪川河川敷公園 亀戸餃子 平澤かまぼこ店 古隅田川 コリナス長池(京王堀之内) 水道橋 静勝寺 八幡堀水路跡 鐘ケ淵駅前商店街 直居アパート 浅草寺・浅草神社・二天門 日本橋川 飛鳥山公園 音無さくら緑地 青龍神社 高砂駅 同潤会三ノ輪アパート 斉藤酒場 東堀切 亀戸 大島 東日暮里 上下之割用水 もみじ橋 T.Y.HARBOR_BREWERY サトリ珈琲店 ベルコリーヌ南大沢 千住回向院 あっぷるロード 番所橋 奥戸 ふくろ いこい ルーサイト・ギャラリー 鶴見(神奈川県横浜市) 西井掘 荒川 柴又 深川不動堂 赤羽 元町公園(文京区) 旧米軍王子野戦病院 荒川自然公園(三河島水再生センター) 旧安田庭園 醸造試験所跡地公園 赤羽一番街 森下 音無川親水公園 富岡八幡宮 水元公園 新金線 吹上稲荷神社 同潤会 大塚坂下町公園 待乳山聖天 立石様 東立石水神社 南砂 両国駅 大島百貨店 雑司ヶ谷 白鬚防災団地 四季の路公園(京王堀之内) パルテノン多摩 ベネッセコーポレーション東京ビル 西井掘せせらぎ公園 東向島駅 三ノ輪 タカラトミー 多摩センター 葛飾区 東金町運動公園 浅草橋 逆井庚申塚通り 高砂諏訪橋 大塚坂下通り 谷中 あらかわ遊園 王子装束稲荷 新小岩公園 普門院 荒川ロックゲート 王子 金町関所 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 三河島朝鮮マーケット 豫園飯店 赤羽台団地 勝ちどき橋 神田川出入口 カフェ下ノ谷 二毛作 三ノ輪橋 竜泉 新小岩ポンプ場跡 立石仲見世 愛知屋 浄閑寺(投げ込み寺) 堀切 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 上川口屋 東京駅 吉原神社 小菅水再生センター 京成本線 京成日暮里駅 砂町銀座 三菱製紙金町工場跡 宝幢院前道しるべ 両国橋 赤羽西 押上 満願稲荷 両国JCT 味とめ 町屋 福富川公園 虹の大橋 社会文化会館 清澄長屋 小松川テクノタウン 東立石緑地公園 證願寺 深川神明宮 赤坂プリンスホテル新館 南大沢輪舞歩道橋 浅草 雑司ヶ谷案内処 法真寺(赤羽) 白髭橋 東用水せせらぎ通り 仲之橋(神田川) 赤羽緑道公園 雑司ヶ谷鬼子母神 三河島仲町商店街 萬年橋・新小名木川水門 清水坂公園 のらくろーど 玉姫公園 俎橋 新宿中央公園 諏訪台通り 隅田川 天王洲アイル 鷲神社 ボンドストリート ハト屋(コッペパン) 三ノ輪アパート 芭蕉庵 奥戸街道 逆井橋 サンストリート亀戸 京島 南大沢 たつみ橋 伊勢屋・中江 両国回向院 熊野商店街 三平坂 パラティカインドネパールキッチン 首都高 日本堤 御茶ノ水駅 旧小松川閘門 江戸川 新宿地下通路 さくら新道 三郷 小名木川 高砂 梶原商店街 都電 赤羽台トンネル 名主の滝公園 御茶の水 向島 尾久の原公園 品川浦 隅田キリスト教会 品川宿 博多 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) カフェこぐま 千本桜(神奈川県大和市) 平賀源内墓 新宿(葛飾区) 呑んべ横丁 西ヶ原一里塚 今戸橋 京成本線 21 橋場 稲付公園 都電もなか明美 小菅神社 多摩中央公園 サンリオピューロランド 小沢理容店 門前仲町 青砥駅 十条富士見銀座 八潮 赤羽八幡神社 木場 サンスクエア 奥戸天祖神社 和楽 荒とよ 青戸 戸ケ崎 柳橋 八広 まるます屋 鳳生寺 日の丸酒場 雑司ヶ谷電停 辰巳新道 吉原 中川 東墨田 一葉記念館 カド 山谷 いろは会 日本橋浜町 洲崎緑道公園 中華そばターキー 倉井ストア 小松川神社 九段会館(旧軍人会館) 東立石 東京都慰霊堂 サンロード中の橋 尾久 熊野神社(新宿) 亀戸中央公園 今戸 来集軒 十条仲原 音無もみじ緑地 立石 伝法院通り 鎌倉 吉原弁財天・吉原観音像 東金町 宮田ボクシングジム 隅田川神社 勝ちどきマリーナ 日本堤大林 コツ通り 細田 雑司が谷旧宣教師館 鳥房 雑司ヶ谷弦巻通り 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) 金町 玉の井(墨田3丁目) 中川番所跡 上平井水門 白山堀公園 江戸東京博物館 両国 浜前水門 王子の森集合住宅 天王洲水門 真生寺坂 九段下ビル 神田神保町 平久川 扇屋 清澄庭園 十条銀座商店街 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 玉の井いろは通り 金田 平久橋 荒川放水路 水元 日光御成街道 ミツワ 鳩の街通り商店街 千登利 江戸橋JCT 中央卸売市場築地市場 小菅 国技館 神田川 護国寺 王子神社 東陽 平井 十条駅 昭和館 水元さくら堤(桜土手) 稲荷公園 鬼子母神通り商店街 浜町公園 しちりん半 聖橋 隅田湯 福田稲荷神社 細田橋 浅草松屋 谷中初音小路 新大橋 品川インターシティ 三井アウトレットパーク多摩南大沢 水元香取神社 廿世紀浴場 品川富士 千束稲荷神社 竪川水門 玉の井(墨田3丁目) 旧玉の井(東向島5丁目) 隅田川駅 亀久橋 立石(旧赤線) 新小岩 キラキラ橘商店街 東京スカイツリー 荒川車庫 水道橋駅 寛(雑司ヶ谷) 東大島駅鉄橋 三河島 リバーシティ 丸健水産 西日暮里 南橋大橋(ちんちん山) 日暮里 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。