東京バーベキュー ~歩くひと、佇むひと~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
14
 
 Motomachi_Park_1

御茶ノ水駅から東京医科歯科大で折れ、神田川沿い、順天堂大学の前を過ぎたあたり、駿河台の台地がはっきりと下り坂になるあたり、こんもりとした木々の下に、ヨーロッパ風のこてこてとした壁が見えてくる。台地の斜面、その壁に向かってのびる階段は、壁の前でふたつに分かれる。周囲を気にも留めず通りすぎるだけの人には、古びた洋館の廃墟と思っているかもしれない。そんな一角。

 Motomachi_Park_2

外堀通り、歩道から見えるのは、こんな風景。前面の印象は、ルネッサンスのようであり、帝国ホテルのライトのようでもある。たぶん、いろんな印象が頭をよぎるけど、そのどれもが廃墟趣味のごとし。

元町公園は、昭和5年、関東大震災の復興計画としてつくられた。復興計画では、ウォーターフロントの墨田公園、ビジネス街のホワイトカラー向けの浜町公園(ここは以前歩いた)、工場街の工員向けの錦糸公園が三大大規模公園として有名だけど、それより小振りの小公園、より町に密着した小公園が数多く計画されていた。元町公園はそのひとつ。そして、当時の形が少なからず残っているのは、ここだけらしい。隣接する小学校跡地と合わせ、再開発ビル建設の計画があったはずだが、どうなったのだろう。

 Motomachi_Park_4

入口の階段、壁の前で二つに分かれた先には、どちらの側にも、外堀通りに向かって張り出すように露檀が設けてある。神田川の眺望を明確に意識しているのが伝わってくる。

 Motomachi_Park_5

アーチ模様の壁。そこはかとなく死の臭いを感じてしまうのは、厳格な左右対称の壁の中央が、水の枯れた壁泉のせいに違いない。

 Motomachi_Park_8

壁泉。

 Motomachi_Park_3

二つに分かれた先の階段。階段には見事なつくりの水の流れ(カスケードというらしい)が設けられている。このカスケードも枯れている。

その裏側には、これまた見事な水飲み台。ここから湧いた水で手を洗い、のどを湿し、余った水は階段のカスケードへ零れていく...

 Motomachi_Park_6

ここを訪れたのは何年ぶりだろうか。以前はあったレトロな水飲み台が見当たらないのは、老朽化して壊されてしまったのかな。やたらとかっこいい滑り台とか、いくつか見てまわりたいところだけど、今日は疲れた。ベンチに座って、本を読み始める。いい加減暑いのだけど、それでも外堀通りのアスファルトとは段違いの涼しさ。8/15のお約束、街宣車の喧噪はもう聞こえてこない。地元の人がのんびり昼寝してる。

 Motomachi_Park_7

...『滝山コミューン一九七四』を読め読めとしつこく薦められたのは、数年前、友人と酒を飲みへべれけになったときのことだ。いろいろ町を歩いて、東京はどんどん変わっていくなあという話が、いつしか、地域コミュニティを操作するってのは結構やばいんじゃないのという話題に展開し、そこで『滝山コミューン一九七四』が出てきたのだった(はずだ)。

東京郊外の団地とそこに併設された小学校、その均質的な空間で、学級集団づくりというのが行なわれる。生徒は班に所属し、学校というコミュニティを舞台に、班が闘争し、全体が呼応し、次第に強い『力』を自覚したコミューンが形成される。そんな内容だと教えられた。この件ずっと忘れていたのだけど、最近、郊外ばかり歩いていたこともあり、ひょんなことで、そのことを思い出したのだ。東北大震災後のコミュニティ再建が気になっていたというのもあるかもしれない。

で、ググって見ると、この本、文庫化されていた。それで、今日は文庫版『滝山コミューン一九七四』を入手するというのが主な目的というわけ。で、本はあっさり入手できた。家に帰ってゆっくり読めばよいのだけど、学校・コミュニティ・地域、、、とキーワードを脳内に並べてみたら、ここ、元町公園のことを思い出したというわけ。

元町公園に話を戻そう...

帝都復興院は3つの大公園と52ヶ所の小公園がつくられた。大公園は東京府、小公園は東京市の施行になる。小公園の一番の特徴は、そのほとんどすべて、小学校に隣接してつくられたことだ。用地確保の容易さ、校庭と公園の併用という合理性、プラクティカルにはそのような理由から、このような案が採用されたのだろう。

完成した近代的な学校公園は、地域の中心に置かれ、庶民は朝起きると、歯ブラシとタオルを持って公園に向かい、水道とトイレを使って、パーゴラの下で憩った』のだという。町の『サロン』といったところだ。

で、常々、気になっていたのは、公園にあるパーゴラ。たしかにパーゴラなのだけど、大抵、地面から一団高くなっていて、公園全体から見渡せる場所にあったりする。これ、完全に舞台、ステージだよね。地域コミュニティらしきものを想定していたことは間違いないにしても、その舞台とは具体的に何だったのか、例えば都市計画の本を漁ってみてもいまいち判然としない。今で云うまちづくりや市民集会ではないだろう。一糸乱れぬラジオ体操?、まさか。『隣組』が制度化されたのは、昭和15年のこと、52の小公園から10年も後のことだ。

そういえば、滝山コミューンに登場する『班(Team)』というのも軍事用語だったはずだ。滝山コミューンだけでなく、まちづくりの場面でも班分けはよく登場する。大抵、『班』とは呼ばず、グループと呼んだりりする。

パーゴラの下のサロン、隣組、あるいは班、あるいは細胞。
コミューンとコミュニティって?
パーゴラ下のステージでは、誰が何を演説するのだろう?
街宣車の去った8/15の小公園、パーゴラ脇のベンチに座って、本を読みはじめた。
(本の感想は、いつか、ここに書くつもり。)

《追記》

このエントリを書いてから、公園開設当時の辺りの風景はどんな感じだったのだろうと、気になりだした。それで、いろいろググって見たら、以下のサイトに出合った。

逸見 享「本郷元町公園」: Clocks & Clouds
夜の街の明かりのシルエットと、画面を斜めに横切る坂道と神田川の石垣が黒々と背景にあり、その前に公園の階段を上る帽子をかぶった紳士とパーゴラの円柱が浮かび上がっている。あたりはかなり暗いはずだが、左手に薄ぼんやりと頼りなさげに街灯の明かりが点っている。公園の隅の柱には石が貼ってあり、モダンな様子がうかがえる。この薄暗い公園の階段を上る紳士の寂しさの漂う姿と川の向こうに見える街の明かりの輝きは、江戸や明治から完全に隔絶された昭和初期の都市生活風景を鮮やかに切り出して見せている。


江戸や明治から完全に隔絶された昭和初期の都市生活風景、、、僕自身、昭和初期の都市生活風景をうまく想像できないままでいるのだけど、これって、東京のいたるところに潜んでいるのかもしれない。東京を歩くとき大切な視点のように思いはじめてる。

《さらに追記》

Clocks & Clouds』って、どこかで目にしたワードだなあと、薄ぼんやり感じてたんだけど、あっ、以前トラバいただいたサイトではないか!。先の引用は、グーグル経由で見つけたんだけど、すごい偶然。ちょっとびっくり。
関連記事
    14:43 | Top
最近の写真
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tko_bbq. Make your own badge here.
最近、行ったところ
まとめ
Archive Map is Here.
Katsushika+100 is Here.
過去ログ
コメント
トラックバック
検索
歩くひと

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

tko_bbq(あ)yahoo.co.jp

場所(整理中)

赤羽台団地 浅草松屋 廿世紀浴場 水元香取神社 平久橋 鎌倉 青砥駅 堀切 東立石水神社 平賀源内墓 赤羽 待乳山聖天 浜前水門 両国 荒川放水路 日本堤大林 三河島朝鮮マーケット 江戸東京博物館 門前仲町 虹の大橋 江戸橋JCT 上川口屋 鳳生寺 三井アウトレットパーク多摩南大沢 高砂 キラキラ橘商店街 隅田川 金町関所 大島 雑司ヶ谷弦巻通り 東大島駅鉄橋 二毛作 押上 三平坂 赤羽西 西井掘 富岡八幡宮 サンストリート亀戸 小名木川 普門院 萬年橋・新小名木川水門 江戸川 いこい 亀戸 細田 木場 諏訪台通り 三ノ輪 竜泉 鳩の街通り商店街 上下之割用水 水元 赤羽緑道公園 逆井庚申塚通り 中華そばターキー 南砂 東墨田 平井 立石熊野神社 十条仲原 三ノ輪橋 もみじ橋 伊勢屋・中江 俎橋 稲付公園 鳥房 水元さくら堤(桜土手) 呑んべ横丁 町屋 日光御成街道 谷中 三河島 隅田キリスト教会 日本橋川 赤羽香取神社 和楽 高砂駅 のらくろーど 醸造試験所跡地公園 新小岩ポンプ場跡 品川富士 立石様 梶原商店街 静勝寺 青戸 洲崎緑道公園 玉の井いろは通り 旧米軍王子野戦病院 宮田ボクシングジム 白山堀公園 九段下ビル 三河島仲町商店街 赤羽一番街 千本桜(神奈川県大和市) 芭蕉庵 清水坂公園 雑司ヶ谷電停 清澄長屋 東京スカイツリー 隅田湯 立石(旧赤線) 十条富士見銀座 愛知屋 東日暮里 西町通り買い物通り(鐘ケ淵) 王子装束稲荷 清澄庭園 東陽 西ヶ原一里塚 雑司ヶ谷案内処 白髭橋 王子 中央卸売市場築地市場 博多 金町 豫園飯店 雑司が谷旧宣教師館 さくら新道 国技館 東金町運動公園 日本橋浜町 八幡堀水路跡 荒川ロックゲート 土手通り 八潮 四季の路公園(京王堀之内) カド 亀戸餃子 コリナス長池(京王堀之内) 多摩中央公園 神田神保町 十条駅 小菅水再生センター サトリ珈琲店 小菅神社 鬼子母神通り商店街 今戸 昭和館 立石仲見世 首切地蔵延命寺(小塚原刑場跡) 戸ケ崎 神田川出入口 東武鉄道隅田川橋梁(花川戸橋梁) 伝法院通り 八王子セミナーハウス(大学セミナーハウス) T.Y.HARBOR_BREWERY 福田稲荷神社 吉原神社 鷲神社 鐘ケ淵駅前商店街 高砂諏訪橋 逆井橋 東立石 同潤会 サンスクエア 音無もみじ緑地 あっぷるロード 旧安田庭園 赤羽八幡神社 飛鳥山公園 深川不動堂 船方神社 日本堤 大島百貨店 雑司ヶ谷鬼子母神 品川浦 ベネッセコーポレーション東京ビル 都電 新小岩公園 神田川 橋場 仲之橋(神田川) 両国駅 千住回向院 コツ通り 水道橋 勝ちどきマリーナ パルテノン多摩 21 隅田川神社 九段会館(旧軍人会館) 品川宿 柳橋 葛飾区 カフェ下ノ谷 千登利 山谷 小沢理容店 タカラトミー 平澤かまぼこ店 荒川車庫 勝ちどき橋 両国JCT 寛(雑司ヶ谷) 新金線 玉の井(墨田3丁目) 玉の井(墨田3丁目) 立石 たつみ橋 いろは会 上平井水門 新大橋 ハト屋(コッペパン) 雑司ヶ谷 吹上稲荷神社 満願稲荷 社会文化会館 新宿中央公園 サンロード中の橋 カフェこぐま 小菅 熊野神社(新宿) リバーシティ 西井掘せせらぎ公園 八広 両国回向院 小松川神社 十条銀座商店街 来集軒 中川 深川神明宮 中川番所跡 天王洲アイル 奥戸天祖神社 名主の滝公園 荒とよ 音無さくら緑地 浜町公園 竪川河川敷公園 三郷 都電もなか明美 今戸橋 吉原弁財天・吉原観音像 両国橋 證願寺 辰巳新道 亀久橋 一葉記念館 谷中初音小路 吉原 新宿(葛飾区) 亀戸中央公園 南橋大橋(ちんちん山) 荒川自然公園(三河島水再生センター) 柴又 福富川公園 新小岩 熊野商店街 王子神社 あらかわ遊園 首都高 酎ハイ通り(鐘ケ淵通り) 直居アパート 宝幢院前道しるべ 三ノ輪アパート 品川インターシティ 神田川水神社 斉藤酒場 ベルコリーヌ南大沢 千束稲荷神社 京島 水道橋駅 金田 ふくろ 奥戸 しちりん半 味とめ 元町公園(文京区) 真生寺坂 南大沢 旧小松川閘門 同潤会三ノ輪アパート 多摩センター 法真寺(赤羽) 荒川 サンリオピューロランド 京成本線 京成日暮里駅 玉姫公園 東向島駅 護国寺 旧玉の井(東向島5丁目) 日の丸酒場 京成本線 南大沢輪舞歩道橋 東堀切 西日暮里 尾久 パラティカインドネパールキッチン 平久川 ボンドストリート 赤羽台トンネル 細田橋 日暮里 御茶の水 白鬚防災団地 大塚坂下通り 音無川親水公園 浅草 竪川水門 浅草寺・浅草神社・二天門 聖橋 稲荷公園 天王洲水門 扇屋 まるます屋 青龍神社 東京駅 砂町銀座 森下 古隅田川 丸健水産 浅草橋 東用水せせらぎ通り 新宿地下通路 小松川テクノタウン 王子の森集合住宅 浄閑寺(投げ込み寺) ルーサイト・ギャラリー ミツワ 御茶ノ水駅 三菱製紙金町工場跡 東京都慰霊堂 番所橋 倉井ストア 奥戸街道 大塚坂下町公園 鶴見(神奈川県横浜市) 尾久の原公園 東立石緑地公園 隅田川駅 向島 赤坂プリンスホテル新館 東金町 水元公園 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。